東洋文化研究所 トップ

(2020/10/7更新)図書室のご利用について

 東京大学 東洋文化研究所 図書室は、 新型コロナウイルス感染症対策のため限定開室しています。

 所外の方は事前予約制でご利用いただけます。学外の方の来室利用も再開いたしました。

 ご利用方法は、図書室サイト(www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~library/)でご確認ください。

 

お知らせ・研究活動記録

2021.11.19
教員の著作が刊行されました
福田アジオ、菅豊、塚原伸治著『超越20世纪民俗学:对话福田亚细男』(山東画報出版社)
 
2021.11.19
菅豊教授の著書『鷹将軍と鶴の味噌汁―江戸の鳥の美食学』が『文藝春秋』で紹介されました  
2021.11.18
2021年度 第3回 定例研究会「植民地期マグリブにおける宗教、言語とナショナリズム」渡邊祥子教授(着任研究会)が開催されました  
2021.11.17
佐橋亮准教授の米中首脳オンライン会談に関する記事が朝日新聞、産経新聞、毎日新聞および読売新聞に掲載されました  
2021.11.16
教員の著作が刊行されました
中島隆博 編 『人の資本主義』 (東京大学出版会)
 
2021.11.13
佐藤教授がタイ・ワライラック大学主催の国際会議にて基調(招待)講演  
2021.11.08
佐橋亮准教授の著書『米中対立』が公明新聞「読書」で紹介されました
2021.11.08
菅豊教授の著書『鷹将軍と鶴の味噌汁―江戸の鳥の美食学』が公明新聞「読書」、週刊読書人編集部神網<ジンネット>読書人で紹介されました
2021.11.01
黄偉修助教が第17回中曽根康弘賞奨励賞を受賞
2021.10.31
黄偉修助教が台湾のグローバルニュースチャンネル(寰宇新聞台)で解説しました
2021.10.25
教員の著作が刊行されました
大木康 著『明清戏曲俗曲杂考』(復旦大学出版社)
2021.10.21
2021年度 第2回 定例研究会「植民地支配下におけるインド西部への新地税制度導入に関する一考察:前植民地期からの歴史変動に注目して」小川道大准教授(着任研究会)が開催されました  
2021.10.16
「東京大学東洋文化研究所 創立80周年記念特別公開講座」が開催されました
2021.10.16
菅豊教授が中国・浙江師範大学、浙江省民俗文化促進会、浙江師範大学郷村振興研究院主催国際シンポジウム“2021年非遺伝承與現代生活(国際)学術検討会”(オンライン)で招待講演
2021.10.12
佐藤仁教授が中国農業大学主催の国際会議で招待講演
2021.10.12
松田康博教授の記事『考論「国際社会 抑止シグナルを」』が朝日新聞に掲載され ました
2021.09.30
東文研セミナー「第2回オスマン帝国史研究セミナー」が開催されました
2021.09.29
黄偉修助教が台湾のグローバルニュースチャンネル(寰宇新聞台)で解説しました
2021.09.25
松田康博教授の記事『Question 台湾有事の可能生はあるか「武力統一中国側にもリスク」』が朝日新聞に掲載されました
2021.09.25
菅豊教授が中国・東南大学外国語学院主催国際シンポジウム“中日民俗学前沿論壇:21世紀中日民俗学展望検討会”(オンライン)で招待講演
2021.09.24
佐藤仁教授が近著について「ブックトーク・オン・アジア」で語りました
2021.09.18
松田康博教授の記事『TPP駆け引き舞台に「中国の変化促す機会」』が毎日新聞に掲載されました
2021.09.18
菅豊教授の著書『鷹将軍と鶴の味噌汁―江戸の鳥の美食学』が日本経済新聞「読書」、産経新聞「産経書房」、日刊ゲンダイ「本の森」で紹介されました
2021.09.18
東文研シンポジウム「ムハンマドの血筋とムスリム:預言者一族をめぐる多様な語りと語り手たち」が開催されました
2021.09.18
佐橋亮准教授の著書『米中対立』が朝日新聞「読書」で紹介されました
2021.09.06 -2021.09.10
2021年度後期漢籍整理長期研修が開催されました
 
2021.08.27
教員の著作が刊行されました
末木文美士 編, 中島隆博・若松英輔・安藤礼二・中島岳志 著『死者と霊性――近代を問い直す』(岩波書店)
2021.08.25
桝屋友子教授の記事『夕刊文化「イスラム建築を彩る美(4)」』が日本経済新聞に掲載されました
2021.06.09
秋葉淳教授がトルコ・イスタンブル大学 イスラーム研究センターの講演会で招待講演