書籍紹介

伊藤邦武・山内志朗・中島隆博・納富信留 責任編集『世界哲学史 全8巻』(ちくま新書)

刊行のことば

 

 本シリーズは、古代から現代までを8巻で俯瞰し、時代を特徴づける主題から諸伝統を同時代的に見ていきます。
 世界で展開された哲学の伝統や活動を通時的に見る時、現在私たちがどこに立っているか、将来どうあるべきかのヒントが得られるはずです。
 人類の知の営みを新たな視野から再構築すること、それが「世界哲学史」の試みです。

(筑摩書房HPより)

目次

1巻(古代Ⅰ)知恵から愛知へ
序 世界哲学史に向けて          納富信留
1 哲学の誕生をめぐって         納富信留
2 古代西アジアにおける世界と魂    柴田大輔
3 旧約聖書とユダヤ教における世界と魂 髙井啓介
4 中国の諸子百家における世界と魂   中島隆博
5 古代インドにおける世界と魂     赤松明彦
6 古代ギリシアの詩から哲学へ     松浦和也
7 ソクラテスとギリシア文化      栗原裕次
8 プラトンとアリストテレス      稲村一隆
9 ヘレニズムの哲学          荻原 理
10 ギリシアとインドの出会いと交流   金澤 修
 
2巻(古代Ⅱ)世界哲学の成立と展開
1 哲学の世界化と制度・伝統       納富信留
2 ローマに入った哲学          近藤智彦
3 キリスト教の成立           戸田 聡
4 大乗仏教の成立            下田正弘
5 古典中国の成立            渡邉義浩
6 仏教と儒教の論争           中島隆博
7 ゾロアスター教とマニ教        青木 健
8 プラトン主義の伝統          西村洋平
9 東方教父の伝統            土橋茂樹
10 ラテン教父とアウグスティヌス     出村和彦
 
3巻(中世Ⅰ)超越と普遍に向けて
1 普遍と超越への知          山内志朗
2 東方神学の系譜           袴田 玲
3 教父哲学と修道院           山崎裕子
4 存在の問題と中世論理学       永嶋哲也
5 自由学芸と文法学          関沢和泉
6 イスラームにおける正統と異端    菊地達也
7 ギリシア哲学の伝統と継承      周藤多紀
8 仏教・道教・儒教          志野好伸
9 インドの形而上学          片岡 啓
10 日本密教の世界観          阿部龍一
 
4巻(中世Ⅱ)個人の覚醒
1 都市の発達と個人の覚醒 山内志朗
2 トマス・アクィナスと托鉢修道会    山口雅広
3 西洋中世における存在と本質      本間裕之
4 アラビア哲学とイスラーム       小村優太
5 トマス情念論による伝統の理論化    松根伸治
6 西洋中世の認識論           藤本 温
7 西洋中世哲学の総括としての唯名論   辻内宣博
8 朱子学                垣内景子
9 鎌倉時代の仏教            蓑輪顕量
10 中世ユダヤ哲学            志田雅宏
 
5巻(中世Ⅲ)バロックの哲学
1 西洋中世から近世へ          山内志朗
2 西洋近世の神秘主義          渡辺 優
3 西洋中世の経済と倫理         山内志朗
4 近世スコラ哲学            アダム・タカハシ
5 イエズス会とキリシタン        新居洋子
6 西洋における神学と哲学        大西克智
7 ポスト・デカルトの科学論と方法論   池田真治
8 近代朝鮮思想と日本          小倉紀蔵
9 明時代の中国哲学           中島隆博
10 朱子学と反朱子学           藍 弘岳
 
6巻(近代Ⅰ)啓蒙と人間感情論
1 啓蒙の光と影             伊藤邦武
2 道徳感情論              柘植尚則
3 社会契約というロジック        西村正秀
4 啓蒙から革命へ            王寺賢太
5 啓蒙と宗教              山口雅広
6 植民地独立思想            西川秀和
7 批判哲学の企て            長田蔵人
8 イスラームの啓蒙思想         岡崎弘樹
9 中国における感情の哲学        石井 剛
10 江戸時代の「情」の思想        高山大毅
 
7巻(近代Ⅱ)自由と歴史的発展
1 理性と自由              伊藤邦武
2 ドイツの国家意識           中川明才
3 西洋批判の哲学            竹内綱史
4 マルクスの資本主義批判        佐々木隆治
5 進化論と功利主義の道徳論       神崎宣次
6 数学と論理学の革命          原田雅樹
7 「新世界」という自己意識       小川仁志
8 スピリチュアリスムの変遷       三宅岳史
9 近代インドの普遍思想         冨澤かな
10 「文明」と近代日本          苅部 直
 
8巻(現代)グローバル時代の知
1 分析哲学の興亡            一ノ瀬正樹
2 ヨーロッパの自意識と不安       檜垣立哉
3 ポストモダン、あるいはポスト構造主義の論理と倫理 千葉雅也
4 フェミニズムの思想と「女」をめぐる政治 清水晶子
5 哲学と批評              安藤礼
6 現代イスラーム哲学          中田考
7 中国の現代哲学            王前
8 日本哲学の連続性           上原麻有子
9 アジアの中の日本           朝倉友海
10 現代のアフリカ哲学          河野哲也
終章 世哲学史の展望           伊藤邦武

情報

伊藤邦武・山内志朗・中島隆博・納富信留 責任編集
『世界哲学史1―古代Ⅰ 知恵から愛知へ』ちくま新書, 320ページ, 2020年1月, ISBN: 978-4-480-07291-7 
出版社ホームページへ
『世界哲学史2―古代Ⅱ 世界哲学の成立と展開』ちくま新書, 288ページ, 2020年2月, ISBN: 978-4480072924 
出版社ホームページへ
『世界哲学史3―中世Ⅰ 超越と普遍に向けて』ちくま新書,280ページ, 2020年3月, ISBN: 978-4480072931 
出版社ホームページへ
『世界哲学史4―中世Ⅱ 個人の覚醒』ちくま新書,288ページ, 2020年4月, ISBN: 978-4-480-07294-8 
出版社ホームページへ
『世界哲学史5―中世Ⅲ バロックの哲学』ちくま新書,336ページ, 2020年5月, ISBN: 978-4-480-07295-5 
出版社ホームページへ
『世界哲学史6―近代Ⅰ 啓蒙と人間感情論』ちくま新書,304ページ, 2020年6月, ISBN: 978-4-480-07296-2 
出版社ホームページへ
『世界哲学史7―近代Ⅱ 自由と歴史的発展』ちくま新書,304ページ, 2020年7月 ,ISBN: 978-4-480-07297-9 
出版社ホームページへ
『世界哲学史8―現代 グローバル時代の知』ちくま新書,320ページ, 2020年8月, ISBN: 978-4-480-07298-6 
出版社ホームページへ


東洋文化研究所教員の著作