NEWS

The 195th Tobunken-ASNET Seminar "1832-1836 / The Binary Opposition of the Metropolis: The Representation of Edo in *Edo Hanjōki*"

Date and time: 5:30 p.m. -6:30 p.m., Thursday, January 16th, 2020 *We will start the seminar 30 minutes later than usual.

Venue:Lobby, Institute for Advanced Studies on Asia

Lecturer: Jin Zhang (East Asian Language and Civilization, Arizona State University)

Commentator: Yasushi Oki (Professor, IASA, The University of Tokyo)

Language: Japaneseand ・English

Abstract:
 本報告は、幕末から大正にかけて流行したテーマである100点以上の各地の繁昌記がいかなる意義を持つか、具体的に成立から発展に至るまでの様相がどのようであったかといった問題を明らかにする為に、寺門静軒の「江戸繁昌記」・服部撫松の「東京新繁昌記」・中島棕隠の「都繁昌記」等を調査し、「繁昌記物」というジャンルを文学史的な文脈に位置づけることを試みる。また、「江戸繁昌記」を中心に、百万都市たる江戸の都市文化を論述する。

Organizers: Institute for Advanced Studies on Asia (IASA) , Network for Education and Study on Asia (ASNET), The University of Tokyo