東京大学東洋文化研究所

班研究

P - 4 「 アジアにおける多言語状況と言語政策史の比較研究/A Comparative Study on Multilingualism and History of Language Policy in Asia 」

  • 主任;名和克郎

  • 概要:

    本班研究は,多様な系統の在地言語に加え諸文明の言語と多様な文字が歴史的に展開し,さらに植民地化のインパクト等により重層的な様相を見せるアジアの多言語状況の歴史と現状について,各地の具体的な言語状況と,各国毎に異なる言語政策の展開過程との詳細な検討を踏まえ,比較研究しようとするものである。


    岩 月 純 一  ベトナムの多言語状況と言語政策史
    大 川 謙 作  チベットの多言語状況と言語政策史
    名 和 克 郎  ネパールの多言語状況と言語政策史
    フフバートル   モンゴル民族の多言語状況と言語政策史
    山 下 里 香  日本の多言語状況と多言語使用研究史
    吉 川 雅 之  中国南部と香港・澳門の多言語状況と言語政策史
    渡 邊 日 日  ロシアの多言語状況と言語政策史

研究内容・成果報告