研究プロジェクト

【科学研究費基盤A】対中依存構造化と中台のナショナリズム――ポスト馬英九期台湾の国際政治経済学

研究目的


   2016年、台湾の馬英九政権は、2期8年の任期を終えた。民進党の蔡英文政権に交代したことで、これまで続いた中台間の「和解なき安定」という局面は終了することとなった。台湾が対中国関係で有している「繁栄と自立のディレンマ」の下、台湾は「繁栄重視」から「自立重視」へと舵を切ることとなる。この間、台湾ナショナリズムが若年層を中心に増大傾向となった一方で、胡錦濤から習近平に指導者が交代し、中国では官製ナショナリズムの動員が強まっている。双方の政権担当者が交代することで、レッドラインの所在が曖昧化し、不確実性が高まる見込みである。本研究は、台湾の対中依存が構造化する一方で、双方のナショナリズムが直接ぶつかる可能性を孕む中台関係の新たな展開と構造を明らかにし、その日本や地域への影響を探る。

   本研究では、①地域のパワーバランス、②ナショナリズム、③経済依存、④不確実性の4つの要素を念頭に、ポスト馬英九政権期の中台関係とその地域への影響に関して、メンバー間で適切な分業を行い、頻繁な意見交換と共有を通じて統合的な分析を進める。方法は次の通りである。①経常的な資料収集・整理に加え、台湾および中国での現地調査・聞き取り調査によって現状を正確に把握する。②台湾、中国、アメリカでの研究交流・ワークショップ、海外の専門家の招聘を通じて、異なる視点・方法論を取り入れる。③東京で定期的に研究会を開催し、分析を積み重ねていく。

★ 前計画:
  1. 繁栄と自立のディレンマ――ポスト民主化台湾の国際政治経済学(2010年度~2012年度)
  2. 和解なき安定――民主成熟期台湾の国際政治経済学(2013年度~2015年度)


研究代表者


氏名 所属 研究分野 研究分担
松田康博 東京大学東洋文化研究所・教授 東アジア国際関係、中台関係 研究統括、米中台の外交・安全保障関係

研究分担者

       
氏名 所属 研究分野 研究分担
若林正丈 早稲田大学政治経済学術院・教授 台湾近現代史 現代台湾政治、台湾のアイデンティティ政治
高原明生 東京大学法学部・教授 現代中国政治・外交 中国政治・外交
小笠原欣幸 東京外国語大学・准教授 比較政治学、台湾政治 台湾総統選挙・地方選挙
佐藤幸人 アジア経済研究所・新領域研究センター長 台湾の政治経済学分析 中台経済関係
松本充豊 京都女子大学現代社会学部・教授 比較政治学、台湾政治 台湾の半大統領制、政党組織、腐敗問題
福田 円 法政大学法学部・教授 東アジア国際政治史、現代中国・台湾論、米中台関係 米台関係、日台関係
益尾知佐子 九州大学・大学院比較社会文化研究院・准教授 中国の対外政策、東アジア国際関係 中国の対外政策
家永真幸 東京女子大学現代教養学部・准教授 中国近現代史、国際文化論 中台の文化交流
江藤名保子 アジア経済研究所・地域研究センター・東アジア研究グループ・研究員 中国政治、日中関係、東アジア国際関係 中国のナショナリズム
黄 偉修 東京大学東洋文化研究所・助教 台湾をめぐる国際関係(主に中台、日台、日中)、政策過程論 台湾の対中政策決定過程、中国の対外政策決定過程

研究協力者

氏名 所属 研究分野 研究分担
田中明彦 政策研究大学院大学・学長 東アジアの国際政治 台湾と東アジア
伊藤信悟 株式会社 国際経済研究所・主席研究員 中台経済関係 中台経済関係
清水 麗 東京大学東洋文化研究所・特任准教授 東アジア政治外交史、日中台関係 日中台関係

△TOP

これまでの活動


2016年度2017年度2018年度2019年度


★2016年度活動★
   
2016年活動一覧
日程 活動 内容(会議・面会・見学など)
2016年5月21日(土) 「第3分科会 セッション企画:馬英九政権の8年 ― ナショナリズムと日台関係の視点から」、日本台湾学会第18回学術大会
  • 報告者:若林正丈、松田康博
  • 司会:小笠原欣幸
  • コメンテーター:林 泉忠・中央研究院近代史研究所副研究員、柿澤未知・交流協会総務部長
2016年7月2日(土) 「台湾新政局、両岸関係、日台関係」、松田科研A座談会
  • 参加者:
    • 中国社会科学院台湾研究所訪日団:曾潤梅政治研究室主任・研究員(団長)、袁偉資料研究室主任、熊俊莉副研究員、陳詠江助研究員、胡本良助研究員
    • 松田科研A:松田康博、高原明生、小笠原欣幸、黄偉修
  • 使用言語:中国語
2016年8月2日(火) 第七回『中日関係における台湾問題』学術シンポジウム、上海
  • 上海国際問題研究院・松田科研基盤A共催
  • 使用言語:中国語・日本語
2016年8月3日(水) 台湾ビジネスマン(台商)関係の聞き取り調査、上海
2016年8月28日(日)
~9月2日(金)
台北出張
  • 蔡英文総統
  • 林碧炤総統府秘書長
  • 張小月行政院大陸委員会主任委員
  • 邱義仁亜東関係協会会長
  • 柯建銘民主進歩党立法院党団召集人
  • 蕭美琴立法委員
  • 李鴻鈞立法委員
  • 莫天虎中国国民党秘書長
  • 馬英九前総統
  • 趙春山亜太和平基金会顧問
  • 李嘉進前亜東関係協会会長
  • 公益財団法人交流協会台北事務所
2016年10月4日(火) 「台湾の安全保障・国防政策――馬英九政権の総括と蔡英文政権の展望」、松田科研基盤A座談会
  • 報告者:尾形誠(元交流協会台北事務所主任)
  • 司会:小笠原欣幸


★2017年度活動★
   
2017年活動一覧
日程 活動 内容(会議・面会・見学など)
2017年7月31日(月) 第八回『日中関係における台湾問題』学術シンポジウム、東京
2017年8月21日(月) 「蔡英文政権の大陸政策と両岸関係」、松田科研基盤A座談会
  • 報告者:蔡孟君(行政院大陸委員会主任委員弁公室主任)
  • 司会:松田康博
2017年8月27日(日)
~9月1日(金)
台北出張
2017年11月9日(月) 松田科研基盤A座談会
  • 参加者:
    • 華中師範大学台湾与東亜研究中心訪日団:彭南生・副学長、台湾与東亜研究中心主任(団長)、李俄憲・外国語学院長、王 琍・台湾与東亜研究中心副主任、汪 浜・政治と国際関係学科講師、熊遠報・早稲田大学理工学術院教授
    • 松田科研A:松田康博、小笠原欣幸、清水 麗、黄偉修
  • 使用言語:中国語
2017年12月5日(火) 松田科研基盤A座談会
  • 参加者:
    • 邱坤玄・国立政治大学東亜研究所名誉教授、何思慎・私立輔仁大学日本語学科教授、張登及・国立台湾大学政治学科准教授
    • 松田科研A:松田康博、若林正丈、小笠原欣幸
  • 使用言語:中国語
2017年12月7日(木) 松田科研基盤A研究会
  • 発表者:
    • 江藤名保子
    • 福田円
2017年12月20日(木) 松田科研基盤A座談会
  • 参加者:
    • 中国社会科学院台湾研究所訪日団:張冠華副所長・研究員(団長)、修春萍渉外事務研究中心主任・研究員、潘飛台美関係室副主任・副研究員、謝楠副研究員、鄒夢瑩助研究員
    • 松田科研A:松田康博、小笠原欣幸、伊藤信悟、福田円、黄偉修
  • 使用言語:中国語
2018年3月1日(木) Japanese Views on China and Taiwan: Implication for the U.S.-Japan Alliance、ワシントンD.C.
2018年3月1日(木)~2日(金) 米国シンクタンク等の訪問・面会
2018年03月29日(木) 松田科研基盤A座談会
  • 参加者:
    • 中国社会科学院台湾研究所訪日団:楊明杰所長・研究員(団長)、汪曙申対外関係室副主任・副研究員、柳英・経済研究室副主任・副研究員、張順助研究員、劉匡宇助研究員
    • 松田科研A:佐藤幸人、伊藤信悟、清水麗、江藤名保子、黄偉修
  • 使用言語:中国語


★2018年度活動★
   
2017年活動一覧
日程 活動 内容(会議・面会・見学など)
2018年6月6日(水) 謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表への表敬訪問、東京
  • 参加者:謝長廷・駐日代表、台北駐日経済文化代表処官員
  • 松田科研A:松田康博、高原明生、佐藤幸人、伊藤信悟、清水麗、福田円、家永真幸、黄偉修


★2019年度活動★
   


△TOP


活動写真


2016年度2017年度2018年度2019年度


★2016年度★

alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt


★2017年度★

alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt alt



★2018年度★

alt


★2019年度★




△TOP


研究成果 NEW(2018.04.25)

  1. 『現代台湾の政治経済と中台関係』(晃洋書房、2018年)
  2. 高原明生江藤名保子福田円松田康博、CSISとの共催会議『Japanese Views on China and Taiwan: Implications for the U.S.-Japan Alliance』提出論文(2018年3月1日)
  3. 高原明生、「第5章 中国の幹部選抜任用制度をめぐる政治」、加茂具樹、林載桓(編著)『現代中国の政治制度――時間の政治と共産党支配』(慶應義塾大学出版会、2018年3月)pp.131-148。
  4. 福田円、「書評:家永真幸著『国宝の政治史―「中国」の故宮とパンダ』」、『アジア研究』64 巻 (2018) 1 号、(2018年3月)pp.79-82。
    https://doi.org/10.11479/asianstudies.64.1_79
  5. 福田円、「M503航路をめぐり台湾海峡に広がる波紋」、『東亜』No.609、(2018年3月)pp.8-9。
  6. 松本充豊、「台湾での政権交代後の中台関係」、『交流』922号、(2018年)pp.1-11。
    https://www.koryu.or.jp/Portals/0/images/publications/magazine/2018/1/chutai.pdf
  7. 黄偉修、「日本における安保法制の施行と台湾海峡安全保障問題」、『アジア太平洋討究』第30号、(2018年)pp.129ー138。
  8. 江藤名保子、「中国の普遍的価値をめぐる葛藤」、『アジ研ワールド・トレンド』2017年12月号(No.266)、(2017年12月)pp.26-33[査読あり]。
    http://hdl.handle.net/2344/00049759
  9. Akio TAKAHARA、「Chapter 2 Forty-four Years of Sino-Japanese Diplomatic Relations Since Normalization」、『China-Japan Relations in the 21st Century: Antagonism Despite Interdependency』、(Palgrave Macmillan、2017年9月)pp.25-65.
  10. Akio TAKAHARA、「Chapter 10 The CCP’s Meritocratic Cadre System」、『Routledge Handbook of the Chinese Communist Party』、(Routledge、2017年8月)pp.153-164.
  11. 家永真幸、『国宝の政治史――「中国」の故宮とパンダ』(東京大学出版会、2017年8月)。
  12. 松田康博、「第6章 台湾における中国国民党の社会調査―外来の独裁政権は現地社会をどう解釈したのか?―」、笹川裕史 (著, 編集)『戦時秩序に巣喰う「声」―日中戦争・国共内戦・朝鮮戦争と中国社会―』、(創土社、2017年8月)pp.177-207。
  13. Wei-Hsiu HUANG、Book Review「Chaina risuku to ika ni mukiau ka: Nikkantai no kigyō no chōsen チャイナ・リスクといかに向きあうか:日韓台の企業の挑戦 (“How to Cope with ‘China Risk’: The Challenges of Japanese, Korean and Taiwanese Firms”). Edited by Shigeto Sonoda 園田 茂人 and Hsin-Huang Michael Hsiao 蕭新煌. Tokyo: University of Tokyo Press, 2016. Pp. 272. ISBN 10: 4130402750; ISBN 13: 978-413040275-0」、『International Journal of Asian Studies』Volume 14, Issue 2、(2017年7月)pp.219-221.
    https://doi.org/10.1017/S1479591417000080
  14. 黄伟修「日本新安保法的实施及其对台海安全影响(邦訳:日本における安保法制の施行が台湾海峡安全保障問題に与えた影響)」『台海研究』2017年第2期(2017年6月)、69-77页。
  15. 福田円、「第8章:中国と台湾の関係はどうなるのか−中国は台湾の民主主義にどのように向き合うのか」、加茂具樹(編)『「大国」としての中国—どのように台頭し、どこにゆくのか−−』、(一藝社、2017年6月)pp.129-144。
  16. 福田円、「—特集Ⅲ.習近平政権と香港・台湾—『以商囲政』とアイデンティティのせめぎあい」、一般社団法人中国研究所編『中国年鑑2017』、(明石書店、2017年5月)pp.43-48。
  17. 福田円、「書評:毛里和子・毛里興三郎訳『ニクソン訪中機密会談録【増補決定版】』」、『現代中国月報』第71巻第5号、(2017年5月)pp.28-29。
  18. 松田康博「第1章 中国の対外行動『強硬化』の分析――四つの仮説」加茂具樹編『中国対外行動の源泉』(慶應義塾大学出版会、2017年)、9-29頁。
  19. 松田康博、「第 14 章 台湾にとっての米中関係―構造変化から蔡英文政権期を展望する―」、『米中関係と米中をめぐる関係―国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係―米中関係と米中をめぐる関係―国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係―』、(公益財団法人日本国際問題研究所、2017年3月)、pp.197-207。
    http://www2.jiia.or.jp/pdf/research/H28_US-China/14_matsuda.pdf
  20. 福田円、「台湾の海洋安全保障政策カントリー・プロファイル」、『インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリー・プロファイル』研究報告書[地域研究会(国別政策研究グループ)]』、(2017年3月)pp.1-11。
    http://www2.jiia.or.jp/pdf/research/H28_Indo-Pacific_country_profile/11-fukuda.pdf
  21. 松田康博「蔡英文政権の誕生と中台関係の転換―『失われた機会』か、『新常態の始まり」か?―』、『問題と研究』第46巻1号(2017年1、2、3月)、183-228頁。
    http://iirj.nccu.edu.tw/data/%E6%97%A5%E6%96%87%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%88%87%E7%A0%94%E7%A9%B6%20%E7%AC%AC46%E5%8D%B7%E7%AC%AC1%E8%99%9F/%E5%AD%A3%E5%88%8A46-1-6(%E6%9D%BE%E7%94%B0%E5%BA%B7%E5%8D%9A).pdf
  22. 高原明生「仲裁判断後の南シナ海をめぐる中国外交」『国際問題』第659号(2017年3月)、4-11頁。
  23. 田中明彦、「VISIONS OF PEACE」、『NIKKEI ASIAN REVIEW』130、(2016年)p.34。
  24. 黄偉修「台湾の馬英九政権における大陸政策决定過程の運営に関する一考察――海峡両岸サービス貿易協定の締結を事例として」『東洋文化研究所紀要』第170冊(2016年12月)、54-86頁。
    https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=26807&item_no=1&page_id=28&block_id=31
  25. 松本充豊、「民主化後の政党政治―2016 年選挙から展望される可能性」、『アジア遊学』204、(2016年12月)pp.27-37[査読あり]。
  26. 松本充豊、「国会改革―民進党改革案の検討を中心に」、『アジ研ワールド・トレンド』254、(2016年12月)pp.20-21。
    http://hdl.handle.net/2344/00018770
  27. 小笠原欣幸、「国民党の今後」、『アジ研ワールド・トレンド』254、(2016年12月)pp.22-23。
    http://hdl.handle.net/2344/00018771
  28. 松田康博、「戦後威権主義対台湾社会的影響」、蔡詠絮編『鄭南榕与言論自由』(台北市政府文化局、2016年11月)pp.7-14。
  29. 若林正丈、「台湾の「渦巻選挙」と非承認国家民主体制の苦悩」、『ワセダアジアレビュー』19、(2016年11月)pp.16-19。
  30. 黄偉修「蔡英文政権の中台関係――政治・経済関係からの検証と展望」『東亜』第593号(2016年11月)、98-107頁。
    https://doi.org/10.11479/asianstudies.62.3_113
  31. 佐藤幸人「蔡英文政権の経済および社会的課題」『東亜』第592号(2016年10月)、98-108頁。
  32. 松本充豊「台湾のジレンマに挑む蔡英文政権 : 不確実性増す中台関係と『冷たい平和』」『改革者』第675号(2016年10月)、26-29頁。
  33. Akihiko TANAKA、「The Spheres in International Politics and Summit Diplomacy」、『Discuss Japan』35、(2016年10月).
    http://www.japanpolicyforum.jp/archives/diplomacy/pt20161022002500.html
  34. 佐藤幸人、「台湾半導体産業の発展における後発性と革新性、」『アジア経済』57巻3号、(2016年9月)pp.50-81[査読あり]。
    http://hdl.handle.net/2344/1596
  35. 松本充豊、「選挙は「お祭り」―台湾 (特集 選挙の風景)」、『アジ研ワールド・トレンド』No.251、(2016年9月)pp.6-7。
    http://hdl.handle.net/2344/00002885
  36. 高原明生「習近平政権の外交と日米中関係」天児慧、李鍾元編『東アジア和解への道 歴史問題から地域安全保障へ』(岩波書店、2016年9月)、123-138頁。
  37. Akio Takahara,“The American Factor in Japan—China Relations,”Bo Zhiyue eds., China—US Relations In Global Perspective, New Zealand: Victoria University Press, 2016, pp. 145-152.
  38. 田中明彦「日本の国際協力とアジア外交」『日本貿易会月報』第750号(2016年9月)、30-34頁。
  39. 家永真幸、第16章「統一・独立・現状維持」、第51章「中国との関係」、コラム3「故宮博物院」、 赤松美和子、若松大祐編『台湾を知るための60章』、(明石書店、2016年8月)、pp.73-75、pp.96-99、pp.292-295。
  40. 黄偉修「蘇起著『 両岸波涛二十年紀実』」『アジア研究』第63巻第3号(2016年7月)、113-119頁。
  41. 松本充豊、「蔡英文総統の政権運営に関する一考察」、『問題と研究』第45巻3号(2016年7月)pp.89-114[査読あり]。
    http://iirj.nccu.edu.tw/data/%E6%97%A5%E6%96%87%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%88%87%E7%A0%94%E7%A9%B6%20%E7%AC%AC45%E5%8D%B7%E7%AC%AC3%E8%99%9F/%E5%AD%A3%E5%88%8A45-3-4(%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E5%85%85%E8%B1%8A%E8%80%81%E5%B8%AB)3.pdf
  42. 田中明彦「国際政治の『圏域』分化とサミット外交」『外交』第38号(2016年7月)、84-88頁。
  43. 松本充豊「台湾・新政権の対外政策について」『CISTEC journal』第164号(2016年7月)、121-133頁。
  44. 小笠原欣幸「2016年台湾大选分析」『台湾研究』2016年第3期(2016年6月)、1-20页。
  45. 田中明彦、「サミットと日本」、『国際問題』No.651、(2016年5月)pp.1-4。

△TOP