佐橋 亮(さはし りょう)

取り組んでいるテーマ



国際政治学を専攻しており、とくに以下の二分野を中心に研究している。

1)米中関係:歴史と現在における戦略的対立
アメリカの戦略や政策、またその底流に流れる政治や社会の変化に注目しながら中国をみている。概念としては信頼性(Credibility)、信頼(Trust)、権力移行に関心を寄せている。外交資料を利用し、アメリカ歴代政権の政策形成や、その核心にある考え方を探っている。代表的な業績は『共存の模索:アメリカと「2つの中国の冷戦史」』であり、分析概念の洗練化、事例分析における新しさの双方を目標にしている。

2)東アジアの安全保障秩序
このテーマに関連して、秩序、覇権、大国政治、同盟、危機にとくに関心を持っている。米中関係を研究していることとコインの裏表の関係にある。こういった概念に関心があるため、米中の二国間関係だけでなく、それと密接に結びついているアジアの国際関係、現代日本外交もかなりの時間を費やして研究してきた。

 上記の研究関心に沿う個人研究、共同研究に従事している。2019年に主査を務めた“Worldviews on the United States, Alliances, and International Order(米国・同盟・国際秩序の連関性に関する外交方針の国際比較)”、「東アジアにおける安全保障秩序の変容」の最終成果を前者はContemporary Politics特集号、後者は勁草書房よりの編書として出版した。現在は個人研究に加え、「米中競争による先端技術分野の安全保障化の背景とグローバル経済への影響」の調査リーダーをつとめ、加えて研究分担者として複数のプロジェクトに従事している。

経歴

略歴

1978.5
 東京都生まれ
2002
 国際基督教大学教養学部国際関係学科卒
2004
 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了
2004
 日本学術振興会特別研究員
2007
 東京大学公共政策大学院特任助教
2009
 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)
2009
 オーストラリア国立大学博士研究員
2009
 東京大学政策ビジョン研究センター特任助教
2010
 神奈川大学法学部准教授
2014
 スタンフォード大学アジア太平洋研究センター客員准教授
2018
 神奈川大学法学部教授、同大学アジア研究センター所長
2019
 東京大学東洋文化研究所准教授(現職)

学外活動

  • 日本国際政治学会、日本政治学会、日本台湾学会、International Studies Association
  • 公益財団法人日本国際交流センター客員研究員(2006-)
  • 神奈川大学アジア研究センター客員研究員(2019-)
  • 経済産業研究所ファカルティフェロー(2021−)
  • 研究委員として、日本国際問題研究所、アジア経済研究所、21世紀政策研究所等で研究に従事

教育活動

本学での教育活動

  • International Politics in East Asia (公共政策大学院等)
  • Introduction to Asian Studies(情報学環アジア情報社会コース)(分担)
  • 米中関係と国際秩序(法学政治学研究科)(2020)
  • 法学部国際政治演習(上記と合併)(2020〜)

受賞歴

  • 2016 神奈川大学学術褒賞
  • 2009 博士(法学)特別優秀賞(東京大学大学院法学政治学研究科)
  • 2007 日本台湾学会賞
  • 2001 外務大臣賞(外務省・国民外交協会共催の論文コンクールにて)

    著書

  • 佐橋亮 『米中対立 アメリカの戦略転換と分断される世界 (中公新書2650)』 中央公論新社、2021.7.
  • 佐橋亮 『共存の模索 アメリカと「二つの中国」の冷戦史』 勁草書房、2015.12.
  • 編著

  • 佐橋亮 編 『冷戦後の東アジア秩序 秩序形成をめぐる各国の構想』 勁草書房、2020.3.
  • Sahashi, R. and J. Gannon eds.Looking for Leadership: The Dilemma of Political Leadership in Japan: Japan Center for International Exchange, 2015.1.
  • 翻訳

  • アーロン・フリードバーグ 著, 佐橋亮監 訳 『支配への競争:米中対立の構図とアジアの将来』 日本評論社、2013.6.
  • 学位論文

  • 佐橋亮 『台湾海峡両岸に向かい合うアメリカ:冷戦の前哨における信頼性と安定の均衡の追求』、東京大学大学院法学政治学研究科、2008.
  • 学術論文

  • 佐橋亮 「米国の対台湾政策と総統選挙」 『日本台湾学会報』 第23号 (2021.5 ).
  • Sahashi, Ryo. "Japan's strategy amid US-China confrontation."China International Strategy Review 2, no. 2 2020.11. [Link]
  • 佐橋亮 「米中関係と危機 ―政治的意思による安定とその脆弱性」 東大社研/保城広至 編 危機対応学 『国境を越える危機・外交と制度による対応 アジア太平洋と中東』 東京大学出版会、2020.7、第3章.
  • Sahashi, R. and E. Goh. "Worldviews on the United States, Alliances, and the Changing International Order."Contemporary Politics 2020.6.
  • Satake, T. and R. Sahashi. "Rise of China and Japan’s ‘vision’ for free and open Indo-Pacific."Journal of Contemporary China 2020.6.
  • 佐橋亮 「アメリカの対中国政策 ―関与・支援から競争・分離へ」 宮本雄二・伊集院敦・日本経済研究センター 編 『技術覇権 米中激突の深層』 日本経済新聞出版社、2020.3、第2章.
  • 佐橋亮 「米中対立と日本:関与から戦略的競争に移行するアメリカを中心に」 『国際問題』 第688号 (2020.1 )、5-17.
  • 佐橋亮 「冷戦後の国際秩序とアメリカ」 『神奈川大学評論』 神奈川大学、2019.7、47-57.
  • Sahashi, R. "The Indo-Pacific in Japan's foreign policy." CSIS Strategic Japan working paper: Center for Strategic and International Studies, 2019.3 : 1-11.
  • Sahashi, R. "American Power in Japanese Security Strategy." China's Rise and Australia–Japan–US Relations Primacy and Leadership in East Asia. Edited by Andrew O’Neil and Michael Heazle: Edward Elger, 2018.4 : 143-166.
  • 佐橋亮 「対外政策:アジア外交の安全保障化」 竹中治堅 編 『二つの政権交代:政策は変わったのか』 勁草書房、2017.2、180-214.
  • 佐橋亮 「米中国交正常化と台湾問題の『不完全な決着』」 『神奈川法学』 第47巻 第3号 (2015.6 )、65-117.
  • 佐橋亮 「東アジアの安全保障秩序構想」 木宮正史 編 『講座日本の安全保障VI 朝鮮半島・東アジア』 岩波書店、2015.6、299-327.
  • Sahashi, R. "Japan-Taiwan Relations since 2008: An Evolving, Practical, Non-Strategic Partnership." Political Changes in Taiwan under Ma Ying-jeou: Partisan conflict, policy choices, external constraints and security challenges. Edited by Jean-Pierre Cabestan and Jacques deLisle: Routledge, 2014.1 : 232-246.
  • 佐橋亮 「民主党外交と政治主導の失敗」 『政策・経営研究』 三菱UFJリサーチ&コンサルティング、2013.2、115-128.
  • Sahashi, R. "The rise of China and the transformation of Asia-Pacific security architecture." Contending Cooperation: Bilateralism, Multilateralism, and Asia-Pacific Security. Edited by William T. Tow and Brendan Taylor: Routledge, 2013.1 : 135-156.
  • Sahashi, R. "Security Arrangements in the Asia-Pacific: a Three-Tier Approach." Bilateral Perspectives on Regional Security: Australia, Japan and the Asia-Pacific Region. Edited by William T. Tow and Rikki Kerstain: Palgrave MacMillan, 2012.1 : 214-240.
  • 佐橋亮 「中国の台頭とアジア太平洋の安全保障アーキテクチャの変容」 『海外事情』 (2012.1 ).
  • 佐橋亮 「亚太秩序的变化与日本的战略」 『中国国際戦略評論』 第2012号 (2012.1 )、33-44. (中国語)
  • 佐橋亮 「アジア太平洋地域における安全保障アーキテクチャと三層分析法」 神保謙 編 『アジア太平洋の安全保障アーキテクチャ ―地域安全保障の三層構造―』 日本評論社、2011.12、27-52.
  • 佐橋亮 「鳩山由紀夫政権におけるアジア外交 ―「東アジア共同体」構想の変容を手掛かりに」 『問題と研究』 (2011.4 )、1-40.
  • 佐橋亮 「米中和解プロセスの開始と台湾問題 ―アメリカによる信頼性と安定の均衡の追求」 『日本台湾学会報』 第12号 (2010.6 )、173-197.
  • 佐橋亮 「安全保障政策の変容と行動空間の拡大」 御厨貴 編 『変貌する日本政治 ―混迷の時代を読み解く』 勁草書房、2009.12、189-219.
  • 佐橋亮 「ニクソン・キッシンジャー外交の研究動向 -対中和解、三角外交の解釈を中心に-」 『社会科学ジャーナル』 第59号 (2006.9 )、71-101.
  • 佐橋亮 「ジョンソン政権と台湾海峡両岸 -信頼性と自己抑制-」 『日本台湾学会報』 第8号 (2006.5 )、42-66.
  • 書評論文・書誌紹介

  • 佐橋亮 「書評:Evelyn Goh, The Struggle for Order: Hegemony, Hierarchy, and Transition in Post-Cold War East Asia 」 『アジア研究』 第60巻 第1号 (2014.1 )、76-80.
  • 佐橋亮 「書評: 神田豊隆『冷戦構造の変容と日本の対中外交 —二つの秩序観1960-1972』 」 『国際政治』 第172号 (2013.1 )、162-165.
  • 佐橋亮 「学界展望:国際政治 Charles Kupchan, How Enemies Become Friends: the Sources of Stable Peace 」 『国家学会雑誌』 第123巻 5/6 (2010.1 )、588-590.
  • 佐橋亮 「学界展望:国際政治 Evelyn Goh, Constructing the U.S. Rapprochement with China, 1961-1974. 」 『国家学会雑誌』 第119巻 7/8 (2006.1 )、135-138.
  • 口頭発表

  • 佐橋亮 「米中関係における信頼と不信の作用」 日本政治学会 2020年9月.
  • 佐橋亮 「米国の台湾政策と総統選挙」 日本台湾学会 2020年5月.
  • 佐橋亮 「アメリカの中国認識と政策展開:冷戦期から現在まで」 日本国際政治学会 2019年10月20日.
  • 佐橋亮 「アメリカは中国の権力をどのように捉えているのか」 日本国際政治学会 2016年10月16日.
  • 佐橋亮 「中国の台頭と地域安全保障アーキテクチャの変容」 日本国際政治学会 2011年11月.
  • Sahashi, R. "Japanese Security Debates: Alliance, Networking, and Global Cooperation." Presented at the International Studies Association, February 2010.
  • 佐橋亮 「アメリカ外交における海峡両岸 -リンドン・B・ジョンソン政権期における中国との「対立の中の共存」と国府の「封じ込め」」 日本台湾学会 2005年6月.
  • 一般向け記事

  • 佐橋亮 「米中対立と国際秩序の今後 」 『月刊経団連』 日本経済団体連合会 (2021.1 )、38-39.
  • Sahashi, R. "Japan: Making Order and Stability in Free and Open Indo Pacific."Regional Security Outlook: CSCAP, no. 2021 (2020.12): 17-19.
  • 佐橋亮 「トランプ政権内部から読み解く米中貿易戦争 」 『中央公論』 中央公論新社 (2020.10 )、110-119.
  • 佐橋亮 「不信深めるアメリカの対中姿勢 」 『外交』 第62号 都市出版・外務省 (2020.7 )、100-106.
  • 川島真・佐橋亮 「対談:超大国の激突 最前線とその背景 」 『中央公論』 第2019巻 第7号 中央公論新社 (2019.6 )、78-90.
  • 佐橋亮 「米中競争の行方と日本の役割:過度の対決に向かわせない外交努力を 」 『Nippon.com』 Nippon.com (2018.12 )、1-5.
  • 佐橋亮 「アメリカと中国(1) 悪化するアメリカの対中認識 」 『東京財団政策研究所ウェブサイト』 東京財団政策研究所 (2018.8 )、1-4.
  • 佐橋亮 「トランプのビジョンなき対中外交 揺さぶられるアジアの秩序 」 『中央公論』 中央公論新社 (2017.10 )、124-131.
  • 佐橋亮 「アメリカ外交の自画像と国際秩序の将来 」 『東亜』 霞山会 (2015.11 )、4-5.
  • 佐橋亮 「進化するアメリカのアジア安全保障協力と限界 」 『東亜』 霞山会 (2015.8 )、4-5.
  • 佐橋亮 「キューバとの和解とオバマ外交の遺産作り 」 『東亜』 霞山会 (2015.5 )、4-5.
  • 佐橋亮 「アメリカ社会の新しい多様性 」 『東亜』 霞山会 (2015.2 )、4-5.
  • 佐橋亮 「アメリカはどこまで価値観の違う中国を許容するか 」 『東亜』 霞山会 (2014.11 )、4-5.
  • 佐橋亮 「平和主義と安全保障の交錯 」 『自由と正義』 第65巻 第9号 日本弁護士連合会 (2014.9 )、16-21.
  • 佐橋亮 「批判される『オバマ・ドクトリン』と『普通の国への憧れ』 」 『東亜』 霞山会 (2014.8 )、4-5.
  • 佐橋亮 「ミシェル・オバマは中国で何を語ったのか 」 『東亜』 霞山会 (2014.5 )、4-5.
  • 佐橋亮 「アメリカの大戦略を解析する 」 『外交』 第23号 時事通信社 (2014.5 )、26-31.
  • 佐橋亮 「アメリカ外交はどこに向かうのか 」 『東亜』 霞山会 (2014.2 )、4-5.
  • 佐橋亮 「日米交流「先細り」で知日派絶滅の危機 」 『フォーサイト』 新潮社 (2007.10 )、1-2.
  • 佐橋亮 「外を向いてこその外交だ アメリカの優越、中国の台頭と日本 」 『論座』 朝日新聞社 (2006.4 )、187-193.
  • 新聞記事

  • 佐橋亮 「枠組み拡大の試金石」 『毎日新聞』 2021年6月15日 、ミニ論点.
  • 佐橋亮 「「米中の対立継続」判断は尚早」 『産経新聞』 2021年3月21日 、2.
  • 佐橋亮 「米中外交トップ会談」 『毎日新聞』 2021年3月21日 、国際.
  • 佐橋亮 「バイデン新政権と米中関係」 『NHK』 2021年2月23日 、視点・論点.
  • 佐橋亮 「米中対立をどうみるべきか」 『NHK』 2020年9月2日 、視点・論点.
  • 佐橋亮 「パンデミック下の米中対立 ~国際協調が求められる時代に~」 『NHK』 2020年6月16日 、クローズアップ現代+. [Link]
  • 佐橋亮 「論点スペシャル:どうみる米中部分合意 うわべだけの関係改善」 『読売新聞』 2020年1月17日 、13.
  • 佐橋亮 「米中攻防 最前線で何が ~台湾総統選の裏で~」 『NHK』 2020年1月14日 、クローズアップ現代+. [Link]
  • 佐橋亮 「G7サミット どう見る /国際秩序維持 日本に利益」 『読売新聞』 2019年8月28日 、[論点スペシャル].
  • 佐橋亮 「米朝首脳会談 政治ショーか」 『朝日新聞』 2019年7月10日 、耕論.
  • 佐橋亮 「語る:国際秩序維持へ指導力」 『読売新聞』 2019年1月10日 、4.
  • 佐橋亮 「米中争覇:40年で最も特異な状況」 『朝日新聞』 2018年12月28日 、特集.
  • 佐橋亮 「対立の軟化地域の課題に」 『毎日新聞』 2018年8月30日 、特集.
  • 佐橋亮 「耕論:南北 そして米朝会談へ」 『朝日新聞』 2018年4月28日 、15.
  • 佐橋亮 「トランプ政権1年(中)国際主義回帰は期待薄」 『日本経済新聞』 2018年1月17日 、経済教室.
  • 佐橋亮 「耕論:緊迫の朝鮮半島」 『朝日新聞』 2017年4月29日 、15.
  • 佐橋亮 「トランプ外交を問う3 政権中枢・省庁の調整が鍵 日本、米国説得に重い責任」 『日本経済新聞』 2017年2月27日 、経済教室.
  • 事典等項目

  • 佐橋亮 「(国際に関わる単元)」 『中学生の公民』帝国書院、 (2021. 4 )、非公開.
  • 佐橋亮 「アジアにおける米国の同盟、東南アジアにおける米国の同盟、豪米同盟」 『現代地政学事典』丸善、 (2020. )、-.
  • 佐橋亮 「米中接近と国交正常化、米中関係の展開」 川島真・小嶋華津子 編 『よくわかる 現代中国』ミネルヴァ書房、 (2020. 3 )、90-1.

    著書

  • 佐橋亮 『米中対立 アメリカの戦略転換と分断される世界 (中公新書2650)』 中央公論新社、2021.7.
  • 佐橋亮 『共存の模索 アメリカと「二つの中国」の冷戦史』 勁草書房、2015.12.
  • 編著

  • 佐橋亮 編 『冷戦後の東アジア秩序 秩序形成をめぐる各国の構想』 勁草書房、2020.3.
  • Sahashi, R. and J. Gannon eds.Looking for Leadership: The Dilemma of Political Leadership in Japan: Japan Center for International Exchange, 2015.1.
  • 翻訳

  • アーロン・フリードバーグ 著, 佐橋亮・玉置敦彦 訳 『権威主義国家による挑戦』 笹川平和財団、2018.4.
  • アーロン・フリードバーグ 著, 佐橋亮監 訳 『支配への競争:米中対立の構図とアジアの将来』 日本評論社、2013.6.
  • 学位論文

  • 佐橋亮 『台湾海峡両岸に向かい合うアメリカ:冷戦の前哨における信頼性と安定の均衡の追求』、東京大学大学院法学政治学研究科、2008.
  • 学術論文

  • 佐橋亮 「米国の対台湾政策と総統選挙」 『日本台湾学会報』 第23号 (2021.5 ).
  • Sahashi, Ryo. "Japan's strategy amid US-China confrontation."China International Strategy Review 2, no. 2 2020.11. [Link]
  • 佐橋亮 「米中関係と危機 ―政治的意思による安定とその脆弱性」 東大社研/保城広至 編 危機対応学 『国境を越える危機・外交と制度による対応 アジア太平洋と中東』 東京大学出版会、2020.7、第3章.
  • Sahashi, R. and E. Goh. "Worldviews on the United States, Alliances, and the Changing International Order."Contemporary Politics 2020.6.
  • Satake, T. and R. Sahashi. "Rise of China and Japan’s ‘vision’ for free and open Indo-Pacific."Journal of Contemporary China 2020.6.
  • 佐橋亮 「アメリカの対中国政策 ―関与・支援から競争・分離へ」 宮本雄二・伊集院敦・日本経済研究センター 編 『技術覇権 米中激突の深層』 日本経済新聞出版社、2020.3、第2章.
  • 佐橋亮 「米中対立と日本:関与から戦略的競争に移行するアメリカを中心に」 『国際問題』 第688号 (2020.1 )、5-17.
  • 佐橋亮 「冷戦後の国際秩序とアメリカ」 『神奈川大学評論』 神奈川大学、2019.7、47-57.
  • Sahashi, R. "The Indo-Pacific in Japan's foreign policy." CSIS Strategic Japan working paper: Center for Strategic and International Studies, 2019.3 : 1-11.
  • 佐橋亮 「米中競争と日本」 第1巻 『安全保障研究』 鹿島平和研究所/安全保障外交政策研究会、2019.2、31-40.
  • 佐橋亮 「米朝首脳会談後の北東アジア:融和ムードと非核化の行方」 『東亜』 霞山会 (2018.9 )、20-32.
  • Sahashi, R. "American Power in Japanese Security Strategy." China's Rise and Australia–Japan–US Relations Primacy and Leadership in East Asia. Edited by Andrew O’Neil and Michael Heazle: Edward Elger, 2018.4 : 143-166.
  • 佐橋亮 「対外政策:アジア外交の安全保障化」 竹中治堅 編 『二つの政権交代:政策は変わったのか』 勁草書房、2017.2、180-214.
  • 佐橋亮 「トランプ外交の展望と東アジア国際秩序再編への可能性」 『問題と研究』 (2017.1 )、51-88.
  • 佐橋亮 「米中国交正常化と台湾問題の『不完全な決着』」 『神奈川法学』 第47巻 第3号 (2015.6 )、65-117.
  • 佐橋亮 「東アジアの安全保障秩序構想」 木宮正史 編 『講座日本の安全保障VI 朝鮮半島・東アジア』 岩波書店、2015.6、299-327.
  • Sahashi, R. "Japan-Taiwan Relations since 2008: An Evolving, Practical, Non-Strategic Partnership." Political Changes in Taiwan under Ma Ying-jeou: Partisan conflict, policy choices, external constraints and security challenges. Edited by Jean-Pierre Cabestan and Jacques deLisle: Routledge, 2014.1 : 232-246.
  • 佐橋亮 「民主党外交と政治主導の失敗」 『政策・経営研究』 三菱UFJリサーチ&コンサルティング、2013.2、115-128.
  • Sahashi, R. "The rise of China and the transformation of Asia-Pacific security architecture." Contending Cooperation: Bilateralism, Multilateralism, and Asia-Pacific Security. Edited by William T. Tow and Brendan Taylor: Routledge, 2013.1 : 135-156.
  • Sahashi, R. "Security Arrangements in the Asia-Pacific: a Three-Tier Approach." Bilateral Perspectives on Regional Security: Australia, Japan and the Asia-Pacific Region. Edited by William T. Tow and Rikki Kerstain: Palgrave MacMillan, 2012.1 : 214-240.
  • 佐橋亮 「中国の台頭とアジア太平洋の安全保障アーキテクチャの変容」 『海外事情』 (2012.1 ).
  • 佐橋亮 「亚太秩序的变化与日本的战略」 『中国国際戦略評論』 第2012号 (2012.1 )、33-44. (中国語)
  • 佐橋亮 「アジア太平洋地域における安全保障アーキテクチャと三層分析法」 神保謙 編 『アジア太平洋の安全保障アーキテクチャ ―地域安全保障の三層構造―』 日本評論社、2011.12、27-52.
  • 佐橋亮 「鳩山由紀夫政権におけるアジア外交 ―「東アジア共同体」構想の変容を手掛かりに」 『問題と研究』 (2011.4 )、1-40.
  • 佐橋亮 「米中和解プロセスの開始と台湾問題 ―アメリカによる信頼性と安定の均衡の追求」 『日本台湾学会報』 第12号 (2010.6 )、173-197.
  • 佐橋亮 「安全保障政策の変容と行動空間の拡大」 御厨貴 編 『変貌する日本政治 ―混迷の時代を読み解く』 勁草書房、2009.12、189-219.
  • 佐橋亮 「ニクソン・キッシンジャー外交の研究動向 -対中和解、三角外交の解釈を中心に-」 『社会科学ジャーナル』 第59号 (2006.9 )、71-101.
  • 佐橋亮 「ジョンソン政権と台湾海峡両岸 -信頼性と自己抑制-」 『日本台湾学会報』 第8号 (2006.5 )、42-66.
  • 書評論文・書誌紹介

  • 石井修 「『覇権の翳り』(柏書房,2015年) 」 『北海道新聞』 (2015.7 ).
  • 佐橋亮 「書評:Evelyn Goh, The Struggle for Order: Hegemony, Hierarchy, and Transition in Post-Cold War East Asia 」 『アジア研究』 第60巻 第1号 (2014.1 )、76-80.
  • 佐橋亮 「書評: 神田豊隆『冷戦構造の変容と日本の対中外交 —二つの秩序観1960-1972』 」 『国際政治』 第172号 (2013.1 )、162-165.
  • 佐橋亮 「学界展望:国際政治 Charles Kupchan, How Enemies Become Friends: the Sources of Stable Peace 」 『国家学会雑誌』 第123巻 5/6 (2010.1 )、588-590.
  • ジョン・J・ミアシャイマー 「『大国政治の悲劇』(五月書房、2007年) 」 『論座』 (2007.5 ).
  • 佐橋亮 「学界展望:国際政治 Evelyn Goh, Constructing the U.S. Rapprochement with China, 1961-1974. 」 『国家学会雑誌』 第119巻 7/8 (2006.1 )、135-138.
  • 口頭発表

  • 佐橋亮 「米中関係における信頼と不信の作用」 日本政治学会 2020年9月.
  • 佐橋亮 「米国の台湾政策と総統選挙」 日本台湾学会 2020年5月.
  • 佐橋亮 「アメリカの中国認識と政策展開:冷戦期から現在まで」 日本国際政治学会 2019年10月20日.
  • 佐橋亮 「アメリカは中国の権力をどのように捉えているのか」 日本国際政治学会 2016年10月16日.
  • 佐橋亮 「中国の台頭と地域安全保障アーキテクチャの変容」 日本国際政治学会 2011年11月.
  • Sahashi, R. "Japanese Security Debates: Alliance, Networking, and Global Cooperation." Presented at the International Studies Association, February 2010.
  • 佐橋亮 「アメリカ外交における海峡両岸 -リンドン・B・ジョンソン政権期における中国との「対立の中の共存」と国府の「封じ込め」」 日本台湾学会 2005年6月.
  • 一般向け記事

  • 佐橋亮 「米中対立と国際秩序の今後 」 『月刊経団連』 日本経済団体連合会 (2021.1 )、38-39.
  • Sahashi, R. "Japan: Making Order and Stability in Free and Open Indo Pacific."Regional Security Outlook: CSCAP, no. 2021 (2020.12): 17-19.
  • 佐橋亮 「トランプ政権内部から読み解く米中貿易戦争 」 『中央公論』 中央公論新社 (2020.10 )、110-119.
  • 佐橋亮 「不信深めるアメリカの対中姿勢 」 『外交』 第62号 都市出版・外務省 (2020.7 )、100-106.
  • 佐橋亮 「解説 本書を的確に読み解くために 」 『China and the West: 中国はリベラルな国際秩序に対する脅威か?』 楽工社 (2020.5 )、177-209.
  • 佐橋亮 「アメリカと中国(7)スモール・ディールに終わった貿易協議後の米中関係 」 『東京財団政策研究所ウェブサイト』 東京財団政策研究所 (2019.12 )、1-4.
  • 佐橋亮 「アメリカと中国(6)トランプ政権と台湾 」 『東京財団政策研究所ウェブサイト』 東京財団政策研究所 (2019.6 )、1-4.
  • 川島真・佐橋亮 「対談:超大国の激突 最前線とその背景 」 『中央公論』 第2019巻 第7号 中央公論新社 (2019.6 )、78-90.
  • 佐橋亮 「アメリカと中国(5) 一枚岩ではない対中強硬論 」 『東京財団政策研究所ウェブサイト』 東京財団政策研究所 (2019.4 )、1-4.
  • 佐橋亮 「アメリカと中国(4)官・議会主導の規制強化と大統領の役割 」 『東京財団政策研究所ウェブサイト』 東京財団政策研究所 (2019.2 )、1-4.
  • 佐橋亮 「米中競争の行方と日本の役割:過度の対決に向かわせない外交努力を 」 『Nippon.com』 Nippon.com (2018.12 )、1-5.
  • 佐橋亮 「アメリカと中国(3)書き換えられたプレイブック 」 『東京財団政策研究所ウェブサイト』 東京財団政策研究所 (2018.12 )、1-4.
  • 佐橋亮 「アメリカと中国(2)圧力一辺倒になりつつあるアメリカの対中姿勢 」 『東京財団政策研究所ウェブサイト』 東京財団政策研究所 (2018.10 )、1-44.
  • 佐橋亮 「アメリカと中国(1) 悪化するアメリカの対中認識 」 『東京財団政策研究所ウェブサイト』 東京財団政策研究所 (2018.8 )、1-4.
  • 阿南友亮・小泉悠・佐橋亮 「鼎談:習・プーチンが狙う、新たな国際秩序とは 」 『中央公論』 中央公論新社 (2018.7 )、26-37.
  • 佐橋亮 「トランプのビジョンなき対中外交 揺さぶられるアジアの秩序 」 『中央公論』 中央公論新社 (2017.10 )、124-131.
  • 佐橋亮 「アメリカ外交の自画像と国際秩序の将来 」 『東亜』 霞山会 (2015.11 )、4-5.
  • 佐橋亮 「進化するアメリカのアジア安全保障協力と限界 」 『東亜』 霞山会 (2015.8 )、4-5.
  • 佐橋亮 「キューバとの和解とオバマ外交の遺産作り 」 『東亜』 霞山会 (2015.5 )、4-5.
  • 佐橋亮 「アメリカ社会の新しい多様性 」 『東亜』 霞山会 (2015.2 )、4-5.
  • 佐橋亮 「アメリカはどこまで価値観の違う中国を許容するか 」 『東亜』 霞山会 (2014.11 )、4-5.
  • 佐橋亮 「平和主義と安全保障の交錯 」 『自由と正義』 第65巻 第9号 日本弁護士連合会 (2014.9 )、16-21.
  • 佐橋亮 「批判される『オバマ・ドクトリン』と『普通の国への憧れ』 」 『東亜』 霞山会 (2014.8 )、4-5.
  • 佐橋亮 「オーストラリア外交のバランス感覚:米豪同盟と対中関係の調整 」 『改革者』 政策研究フォーラム (2014.8 )、26−29.
  • 佐橋亮 「ミシェル・オバマは中国で何を語ったのか 」 『東亜』 霞山会 (2014.5 )、4-5.
  • 佐橋亮 「アメリカの大戦略を解析する 」 『外交』 第23号 時事通信社 (2014.5 )、26-31.
  • 佐橋亮 「アメリカ外交はどこに向かうのか 」 『東亜』 霞山会 (2014.2 )、4-5.
  • 佐橋亮 「空転する米国政治と日本の立ち位置 」 『Janet』 時事通信社 (2013.10 )、1-3.
  • 佐橋亮 「オバマとアジア、中国 」 『神奈川大学評論』 第75号 神奈川大学 (2013.8 )、92-103.
  • 佐橋亮 「垣間見えたアメリカ対中政策-「関与」と「備え」慎重にバランス 」 『Janet』 時事通信社 (2013.7 )、1-3.
  • 佐橋亮 「第2次オバマ政権のアジア政策=アジア再重点化の変質はあるか 」 『Janet』 時事通信社 (2013.4 )、1-3.
  • 佐橋亮 「日本理解深める広報外交・国際交流を 」 『一般財団法人平和・安全保障研究所『アジアの安全保障 2013年度版』』 亜紀書房 (2013.4 )、78.
  • 佐橋亮 「オバマ再選の背景と今後の展望 」 『e-world』 時事通信社 (2012.12 )、1-3.
  • 佐橋亮 「「グローバル・トレンズ2030」にみる世界政治の中長期的見通し 」 『Janet』 時事通信社 (2012.12 )、1-3.
  • 佐橋亮 「オバマ政権、ロムニー陣営の対中政策観を読む=アーミテージ・ナイ報告書もひとつの手がかりに 」 『e-world』 時事通信社 (2012.8 )、1-3.
  • 佐橋亮 「アメリカの太平洋重視をめぐり論議=パネッタ国防長官のシャングリラ演説を読む 」 『janet』 時事通信社 (2012.6 )、1-3.
  • 佐橋亮 「日米関係に必要な特別な努力とは=アジア戦略と交流の重要性 」 『Janet』 時事通信社 (2012.4 )、1-3.
  • 佐橋亮 「台頭する中国をどう見るか 」 『神奈川大学評論』 第71号 神奈川大学 (2011.7 )、137−145.
  • 佐橋亮 「日米交流「先細り」で知日派絶滅の危機 」 『フォーサイト』 新潮社 (2007.10 )、1-2.
  • 佐橋亮 「外を向いてこその外交だ アメリカの優越、中国の台頭と日本 」 『論座』 朝日新聞社 (2006.4 )、187-193.
  • 新聞記事

  • 佐橋亮 「枠組み拡大の試金石」 『毎日新聞』 2021年6月15日 、ミニ論点.
  • 佐橋亮 「「米中の対立継続」判断は尚早」 『産経新聞』 2021年3月21日 、2.
  • 佐橋亮 「米中外交トップ会談」 『毎日新聞』 2021年3月21日 、国際.
  • 佐橋亮 「バイデン新政権と米中関係」 『NHK』 2021年2月23日 、視点・論点.
  • 佐橋亮 「米中対立をどうみるべきか」 『NHK』 2020年9月2日 、視点・論点.
  • 佐橋亮 「パンデミック下の米中対立 ~国際協調が求められる時代に~」 『NHK』 2020年6月16日 、クローズアップ現代+. [Link]
  • 佐橋亮 「論点スペシャル:どうみる米中部分合意 うわべだけの関係改善」 『読売新聞』 2020年1月17日 、13.
  • 佐橋亮 「米中攻防 最前線で何が ~台湾総統選の裏で~」 『NHK』 2020年1月14日 、クローズアップ現代+. [Link]
  • 佐橋亮 「G7サミット どう見る /国際秩序維持 日本に利益」 『読売新聞』 2019年8月28日 、[論点スペシャル].
  • 佐橋亮 「米朝首脳会談 政治ショーか」 『朝日新聞』 2019年7月10日 、耕論.
  • 佐橋亮 「美国对中的强硬态度不可阻挡」 『聯合早報』 2019年5月21日 、言論. (中国語)
  • 佐橋亮 「視標:米中貿易戦争」 『福井新聞、秋田魁新聞、山陰中央日報ほか』 2019年5月12日 、国際.
  • 佐橋亮 「美国政府对中国强硬已难逆转」 『聯合早報』 2019年2月20日 、言論. (中国語)
  • 佐橋亮 「語る:国際秩序維持へ指導力」 『読売新聞』 2019年1月10日 、4.
  • 佐橋亮 「中美贸易战小暂停后的去向」 『聯合早報』 2019年1月1日 、言論. (中国語)
  • 佐橋亮 「米中争覇:40年で最も特異な状況」 『朝日新聞』 2018年12月28日 、特集.
  • 佐橋亮 「再次启动美朝谈判能否实现无核化?」 『聯合早報』 2018年10月8日 、言論. (中国語)
  • 佐橋亮 「対立の軟化地域の課題に」 『毎日新聞』 2018年8月30日 、特集.
  • 佐橋亮 「トランプ頼みの共和党 対中貿易戦争は激化必至」 『週刊東洋経済』 2018年8月25日 、Hot Issue.
  • 佐橋亮 「悪化する米の対中認識 経済超え「地殻変動」」 『徳島新聞、東奥日報』 2018年8月3日 、国際.
  • 佐橋亮 「围绕朝鲜的友好氛围仍会持续」 『聯合早報』 2018年7月20日 、言論. (中国語)
  • 佐橋亮 「 普遍的価値で連携急務 秩序擁護が日本の利益」 『中国新聞ほか』 2018年6月18日 、国際.
  • 佐橋亮 「米朝首脳会談と融和的ムードへの懸念」 『経団連タイムズ』 2018年5月17日 、1.
  • 佐橋亮 「耕論:南北 そして米朝会談へ」 『朝日新聞』 2018年4月28日 、15.
  • 佐橋亮 「日本如何应对特朗普主义」 『聯合早報』 2018年4月27日 、言論. (中国語)
  • 佐橋亮 「トランプ政権1年(中)国際主義回帰は期待薄」 『日本経済新聞』 2018年1月17日 、経済教室.
  • 佐橋亮 「特朗普亚洲政策是否有改变」 『聯合早報』 2018年1月4日 、言論. (中国語)
  • 佐橋亮 「耕論:緊迫の朝鮮半島」 『朝日新聞』 2017年4月29日 、15.
  • 佐橋亮 「朝鲜半岛局势何去何从?」 『聯合早報』 2017年4月29日 、言論. (中国語)
  • 佐橋亮 「トランプ外交を問う3 政権中枢・省庁の調整が鍵 日本、米国説得に重い責任」 『日本経済新聞』 2017年2月27日 、経済教室.
  • 佐橋亮 「特朗普外交和同盟国的忧郁」 『聯合早報』 2016年12月27日 、言論. (中国語)
  • 佐橋亮 「米国のアジア外交 見極めた外交を」 『神奈川新聞』 2014年5月19日 、オピニオン.
  • 事典等項目

  • 佐橋亮 「(国際に関わる単元)」 『中学生の公民』帝国書院、 (2021. 4 )、非公開.
  • 佐橋亮 「アジアにおける米国の同盟、東南アジアにおける米国の同盟、豪米同盟」 『現代地政学事典』丸善、 (2020. )、-.
  • 佐橋亮 「米中接近と国交正常化、米中関係の展開」 川島真・小嶋華津子 編 『よくわかる 現代中国』ミネルヴァ書房、 (2020. 3 )、90-1.

連絡先

*後ろに@ioc.u-tokyo.ac.jpをつけてください。

メールアドレス:sahashi