東京大学東洋文化研究所

班研究

W - 2 「 中東の社会変容と思想運動 」

  • 主任;長澤榮治

  • 概要:

    東アラブを中心とした中東諸国・地域について,近代以降の社会経済変容と政治社会思想との展開の相互の関係を,各地の事例研究に依拠して比較考察する。対象とする国・地域は、旧オスマン帝国版図の各地域、エジプト、パレスチナ、スーダン、イエメン、湾岸地域などであり、法思想と法制度の変容、政治エリートと大衆運動、クルド人やユダヤ教徒問題など主題も扱う。また、上記の研究と関連して、法制史資料・議会議事録資料・各種統計資料に関する資料文献学的研究を並行して行なう。

    池 田 美佐子  近代エジプトの社会問題論争
    岩 崎 えり奈  エジプトにおける中央地方関係の変容と地域社会
    臼 杵   陽  パレスチナと東洋系ユダヤ人社会
    岡野内   正  クルド民族運動と国際経済ネットワーク
    勝 沼   聡  近代エジプト地方社会における医療・衛生事業
    栗 田 禎 子  近代スーダン社会の変容と思想運動
    後 藤 絵 美  イスラーム主義概念に関する研究
    齋 藤 久美子  オスマン帝国の法制資料と官報の比較研究
    佐 藤 尚 平  湾岸アラブ諸国の社会変容とイギリス帝国
    杉 田 英 明  近代アラブ文学に見る中東の社会変容
    鈴 木 恵 美  エジプトの議会政治エリートの変容
    長 澤 榮 治  現代アラブの社会変容と思想運動
    長谷部 圭 彦  オスマン帝国の法制資料の相互連関に関する基礎的研究
    福 田 安 志  湾岸地域における社会変容と思想運動
    堀 井 聡 江  イスラーム法とアラブ諸国の近現代法をめぐる問題
    松 本   弘   近代イエメン社会の変容と政治運動
    森   まり子  イスラエル建国史における民族分離思想と対アラブ政策の関係

研究活動報告・研究成果