所長挨拶

  東洋文化研究所は、「東洋文化に関する綜合的研究」を目的として、1941年に創設された、東京大学の附置研究所の一つです。本所が研究の主たる対象とする地域は、西はエジプト・トルコから東は朝鮮半島までのアジアです。国際日本学という観点からは日本も含まれます。南北の境はやや曖昧です。地理上のアジアというならば、北は北極海に至ります。インドネシアも重要な研究対象ですので、南は赤道を越えます。この広大な範囲の各地域について、政治、経済、宗教、歴史、考古、文学、美術など、さまざまな角度から、精力的に研究を進めています。

  本所では、徹底した資料研究と現地研究とを二つの大きな柱としています。資料については、漢籍をはじめとする世界でも有数の蔵書を有しています。 各々の所員は、国外に研究のネットワークを持ち、しばしば海外へ出て現地で調査を行っています。また、各種のアジア研究に関する情報を整理し発信するための附属施設、東洋学研究情報センターがあります。海外からも常時多くの研究者が訪れており、アジア研究の世界的拠点となっています。日本学術振興会特別研究員、海外からの訪問研究員などを数多く受け入れ、若手研究者の育成も積極的に行っています。

  所員は、それぞれの専門領域に応じて東京大学の大学院・学部における教育にも従事しています。各研究科・学部の教育方針に従いつつ、この教育活動を、若手研究者やアジアで活躍する実務を担う人材養成の場としても位置付けています。

  新たな研究領域の創成を目的として、2011年度より、従来のディシプリンの枠にとらわれない新世代アジア研究部門を立ち上げ、さらなる発展を期しています。

  アジア地域の重要性は、いよいよ高まるばかりです。アジアに関する総合研究所である東洋文化研究所が、より大きな役割を果たすべく、研究の深化と成果の発信につとめてまいりたいと思います。

2016年4月 所長 高見澤 磨