東京大学東洋文化研究所

班研究

S - 5 「 往来型フィールドワークがつくる社会生活 」

  • 主任;青山和佳

  • 概要:

    日本の学界においてみられる「同じ調査地を長期にわたり往来するフィールドワークのスタイル」は欧米の学界ではスタンダードではない。往来を続けることは、現地の人びとの生と相互作用し、またフィールドワーカー自身の生のひとつの軸ともなる。そこから生まれる実践や知は「国際的なスタンダード」とされるそれらと比べて何か異なるだろうか。そもそもこのようなフィールドワークのあり方を可能としてきた歴史的な文脈とはなんであろうか。格差・分断の拡大が懸念されるいま、共生の土台としてフィールドワーカーが未来に向けて提案できることはなんであろうか。このような問いを念頭に、本研究会ではまず、フィールドワークという手法を用いて成果を挙げてきた日本ベースの研究者・実践者がオープンダイアローグ形式でライフストーリーを共有し、その発信を試みる。(科研等、競争的研究資金への応募準備を兼ねる)

    青 山 和 佳  ファシリテーター、キャリア分析、地域研究(フィリピン)
    石 岡 丈 昇  社会学、生活史法からの編集助言、地域研究(フィリピン)
    受 田 宏 之  開発経済学、インフォーマル経済論、地域研究(ラテンアメリカ)
    岸   健 太  建築計画・都市計画、アーバン・スタディーズ(インドネシア)
    菅     豊  民俗学、「新しい野の学問」、公共民俗学(日本、中国)
    清 水   展  文化人類学、応答の人類学、地域研究(東南アジア)
    長 津 一 史  文化人類学、地域研究(海域東南アジア)
    中 西   徹  開発経済論、慣習経済論、地域研究(フィリピン)
    韓   戴 香  経済史、エスニック・エコノミー論(在日企業)
    藤 岡   洋  デジタルデータベース構築、アート・ドキュメンテーション

研究内容・成果報告