東京大学東洋文化研究所

班研究

S - 1 「 ミャンマー近現代史における「国」と「民」 」

  • 主任;髙橋昭雄

  • 概要:

    王朝の崩壊後,植民地,議会制民主主義,社会主義,そして軍政下の市場経済化と遷移してきた体制の中で,ミャンマーの農民,市民,諸民族,知識人らがこれにどのように対応し,またかかわってきたのかを総合的に研究する。

    髙 橋 昭 雄   農業政策と農民の歴史
    根 本   敬   独立運動史
    工 藤 年 博   現代ミャンマーの政治経済
    谷   祐可子   林業と山地民の歴史
    池 田 一 人   ミャンマー連邦におけるカレン民族史
    藏 本 龍 介  宗教政策と仏教僧団の歴史

研究内容・成果報告