東京大学東洋文化研究所

班研究

P - 1 「 南アジア北部における人類学的研究の再検討 」

  • 主任;名和克郎

  • 概要:

    1990年代の政治的経済的変動と人類学に対する根底的疑問の中で飛躍的に進展した日本語で書かれた南アジア北部の人類学的研究をそれぞれの調査をふまえて再検討し,今後の研究の方向性を打ち出すことを目標する。

    上 杉 妙 子  グルカ兵をめぐるmulti-sited anthropology  
    小 西 公 大  インド西部、ビール社会をめぐる社会空間の変容  
    小 牧 幸 代  北インドおよびパキスタンのイスラーム実践  
    佐 藤 斉 華  中部ネパール、ヨルモの社会  
    田 辺 明 生  インド・オリッサの社会  
    外 川 昌 彦  ベンガルの宗教と社会  
    名 和 克 郎   極西部ネパール、ビャンスの社会  
    藤 倉 達 郎  西ネパール丘陵部および平野部における社会変容  
    マハラジャン,ケシャブ・ラル ネワールの社会    
    三 尾   稔  インド西部、都市の社会変容  
    南   真木人  中部ネパール、マガールの社会   
    森 本   泉  カトマンドゥのツーリストエリアとガンダルバ     
    安 野 早 己  西ネパール、シジャ地方のカースト社会     
     

研究活動報告・研究成果