書籍紹介

園田 茂人[編著] 『勃興する東アジアの中産階級 アジア比較社会研究のフロンティア I』

編著者からの紹介

 

  アジア・バロメーターにもとづくアジア横断的な比較研究の成果!
東アジア内の中産階級の事項イメージや政治意識は同じなのか、違うのか。
グローバル化のなかで中産階級はどのような役割を果たしているのか。
比較社会学の最先端!(帯より)

目次

序章 アジア比較社会研究というフロンティア [園田茂人]
第1部 グローバル化の中の中産階級
第1章 同質的な社会集団の誕生?—東アジア新中間層の神話と現実 [園田茂人]
第2章 中産階級の定義・実態・イメージ—日中韓比較の知見 [周 倩]
第3章 社会主義国家の中の中産階層—政治的有効性感覚の中越比較 [朱 妍]
第4章 東アジアに民主主義は似合わない?—中間層の政治参加にみる三類型[園田茂人]
第5章 中産階級はグローバル化の担い手か?—世界社会論からのアプローチ[蔡 明璋]
第2部 文化・情報フローの拡がりと複数形のアジア
第6章 メディア・ナショナリズムの時代?
—インターネット利用とナショナル・アイデンティティの関連を探る [南 衣映]
第7章 宗教は心の安寧に寄与しうるか?—日韓台の比較から[范 鋼華・蕭 新煌]
第8章 東アジア型福祉モデルと社会資本—単数、それとも複数? [張 継元]
第9章 マクドナルド化する東アジア?—食文化の変化にみる多様なグローバル化 [園田茂人]

情報

園田 茂人 [編]著 『勃興する東アジアの中産階級 アジア比較社会研究のフロンティア I』
勁草書房,   257ページ
2012年3月 ISBN: 978-4-326-65373-7
出版社の紹介ページへ
園田 茂人 教授のウェブページへ