書籍紹介

ステファン・ハルパー著 園田 茂人,加茂 具樹 訳 
『北京コンセンサス --中国流が世界を動かす?』

訳者からの紹介

 中国が日本を抜いて世界第二位の経済大国となり、アメリカと肩を並べようとしている。
 軍事力においては規模だけでなく性能・技術が飛躍的に向上し、 金融市場ではドル圏最大の債券市場となっている。
  …アメリカの一極支配が揺らぎ、 財政悪化によりEU市場が停滞するなか、 西洋的な価値観や理念の優位性も危うくなっている。
  進行途上国にとって中国は、どのような発展モデルを提示しているように映るのだろうか?
  グローバルな情報空間が既存の支配体制を壊す可能性があるなかで、<北京コンセンサス>の今後の行方は?

(表紙より)

目次

はじめに
第1章 中国の台頭と世界秩序の変化
第2章 ワシントン・コンセンサスの興隆と衰退
第3章 中国効果
第4章 席巻する「国家資本主義」
第5章 中国は変わるという神話
第6章 混乱するアメリカの対中政策
第7章 中国台頭への処方箋

おわりに

情報

ステファン・ハルパー著   園田 茂人 、加茂 具樹 訳 『北京コンセンサス』
岩波書店,   312ページ
2011年10月 ISBN: 9784000247139
出版社の紹介ページへ
園田 茂人 教授のウェブページへ