田中 明彦(たなか あきひこ)

取り組んでいるテーマ





世界システムについての理論的・実証的な分析,現代東アジアの国際政治の分析,および国際政治分析のためのデータベース作成ならびにコンピュータによる分析手法の開発を行っている。



外部資金

科研データベース
科学研究費補助金(研究成果公開促進費)「日本政治・国際関係データベース」(2016年度)
基盤研究(A)「中国の台頭と東アジアにおける地域協力枠組み発展の政治過程」(2012〜2014年度)
基盤研究(A)「東アジアにおける地域協力枠組み発展の政治過程 」(2009~2011年度)
基盤研究(A)「アジア・太平洋諸国の対外政策形成・実行過程の比較研究 」(1997~1999年度)
試験研究(B)→基盤研究(A)「政治テキストの内容分析システムの構築 」(1995~1997年度)
総合研究(A)「脱冷戦期の国際機構と日米関係 」(1993~1995年度)

経歴

略歴

1954. 8
1977
東京大学教養学部・教養卒
1981
Ph. D. (政治学・マサチューセッツ工大)
1981
平和・安全保障研究所研究員
1983
東京大学教養学部助手
1984
東東京大学教養学部助教授
1986-1987
ルール大学ボーフム客員教授
1990
東京大学東洋文化研究所助教授
1994-1995
オックスフォード大学セントアントニーズカレッジ客員研究員
1998
東京大学東洋文化研究所教授
2000-2002
東京大学大学院情報学環教授、東京大学東洋文化研究所教授(兼任)
2002-2006
東京大学東洋文化研究所所長
2006-2012
東京大学大学院情報学環教授、東京大学東洋文化研究所教授(兼任)
2008-2010
東京大学国際連携本部長
2009-2011
東京大学理事・副学長
2011-2012
東京大学副学長
2012-2015.9
独立行政法人国際協力機構理事長
2012-2015.9
東京大学東洋文化研究所委嘱教授
2015.10-
東京大学東洋文化研究所教授

学外活動

  • 日本国際政治学会 (理事)
  • アジア政経学会 (理事)
  • 東アジア・ビジョン・グループ日本委員 I (1999. 10-2001. 11)
  • 東アジア・ビジョン・グループ日本委員 II (2011. 10-2012. 9)

教育活動

受賞歴

  • 1996年 サントリー学芸賞受賞 『新しい「中世」』日本経済新聞社
  • 2001年 読売・吉野作造賞受賞 『ワード・ポリティクス』筑摩書房
  • 2012年 紫綬褒章受章

    著書

  • ジョセフ・S・ナイ デイヴィッド・A・ウェルチ 『国際紛争: 理論と歴史 [原書第9版]』 田中明彦 村田晃嗣 訳 有斐閣、2013.4.
  • ジョセフ・S・ナイ デイヴィッド・A・ウェルチ 『国際紛争: 理論と歴史 [原書第8版]』 田中明彦 村田晃嗣 訳 有斐閣、2011.5.
  • 田中明彦 『ポスト・クライシスの世界』 日本経済新聞出版社、2009.
  • 田中明彦 『アジアのなかの日本』 NTT出版、2007.
  • 猪口孝 田中明彦 園田茂人 ティムール・ダダバエフ 『アジア・バロメーター 躍動するアジアの価値観』 明石書店、2007.
  • Inoguchi, Takashi, Akihiko Tanaka, Shigeto Sonoda and Timur Dadabaev. Human Beliefs and Values in Striding Asia. Tokyo: Akashi Shoten, 2006.
  • 猪口孝 ミゲル・バサネズ 田中明彦 ティムール・ダダバエフ 『アジア・バロメーター 都市部の価値観と生活スタイル』 明石書店、2005.
  • Inoguchi, Takashi, Miguel Basanez, Akihiko Tanaka and Timur Dadabaev. Values and Life Styles in Urban Asia: Acabados Editoriales Incorporados, 2005.
  • 田中明彦 『複雑性の世界: 「テロの世紀」と日本』 勁草書房、2003.
  • Tanaka, Akihiko. The New Middle Ages: The World System in the 21st Century. Translated by Jean Connell Hoff. Vol. 12 of The LTCB International Library selection. Tokyo: International House of Japan, 2002.
  • 田中明彦 『ワード・ポリティクス——グローバリゼーションの中の日本外交』 筑摩書房、2000.
  • 田中明彦 『安全保障−−戦後50年の模索』 、1997.
  • 田中明彦 『新しい「中世」』 日本経済新聞社、1996.
  • Braithwaite, Rodric, Robert D. Blackwill and Akihiko Tanaka. Engaging Russia. New York: The Trilateral Commission, 1995.
  • 田中明彦 『戦争と国際システム』 東京大学出版会、1992.
  • 田中明彦 『日中関係 1945-1990』 東京大学出版会、1991.
  • 田中明彦 『世界系統: 国際政治』 楊晶 訳 猪口孝 編 現代政治学叢書 第19巻 経済日報出版社、1990. (中国語)
  • 田中明彦 『世界システム』 東京大学出版会、1989.
  • 編著

  • 猪口孝 田中明彦 恒川惠市 山内昌之・薬師寺泰蔵 編 『国際政治事典』 弘文堂、2005.
  • 学位論文

  • Tanaka, Akihiko. "Chinese International Conflict Behavior, 1950-1978." PhD diss., 1981.
  • 学術論文

  • 田中明彦 「思想・歴史部門 受賞者・熊谷英人『フランス革命という鏡‐十九世紀ドイツ歴史主義の時代』(白水社)」 『第38回サントリー学芸賞 選評』 公益財団法人サントリー文化財団 (2016.12 )、27-28.
  • 田中明彦 「『第28回アジア・太平洋賞』受賞作の講評」 『アジア時報』 11月号 アジア調査会 (2016.11 )、9-10.
  • 田中明彦 「思想・歴史部門 受賞者・奈良岡聰智『対華二十一カ条とは何だったのかー第一次世界大戦と日中対立の原点』(名古屋大学出版会)」 『第37回サントリー学芸賞 選評』 公益財団法人サントリー文化財団 (2015.12 )、23-24.
  • 田中明彦 「『第27回アジア・太平洋賞』受賞作の講評」 『アジア時報』 11月号 アジア調査会 (2015.11 )、8-9.
  • 田中明彦 「基調講演 世界平和と国際協力」 『「平和の創造とは ‐平和研究の過去・現在・未来‐」講義録』 広島市立大学広島平和研究所 (2015.10 )、1-13.
  • 田中明彦 「「民間外交」の役割とは何か」 工藤泰志 編 『言論外交 誰が東アジアの危機を解決するのか』 日中出版、2014.4、115-118.
  • 田中明彦 「安全保障‐人間・国家・国際社会」 大芝亮 編 『日本の外交 第5巻 対外政策 課題編』 岩波書店、2013.7、47-70.
  • 田中明彦 「アフリカー日本外交にとっての課題」 『外交』 Vol.19 (2013.5 )、10-16.
  • 田中明彦 「「仕切り直し」で東アジア安定を」 『読売クオータリー』 冬号 (2013.1 )、50-55.
  • 田中明彦 「世界の中の日本 日本の目指す国際協力」 『J2TOP』 2月号 (2013.1 )、27-29.
  • 田中明彦 「JICAの使命と役割、広がる支援の可能性 ‐田中明彦・新理事長に聞く」 『読売クオータリー』 中央公論新社 (2012.7 )、42-49.
  • Tanaka, Akihiko. "Pakistan's Potential and JICA's Contribution."CONCORDIA: Embassy of Pakistan in Japan 2012.7: 22-23.
  • 田中明彦 「21世紀の世界システムと日本のODA」 『国際問題』 第616号(2012年11月) 日本国際問題研究所 (2012.11 )、1-5.
  • 田中明彦 「迷走する日本ーその針路を考える」 『日本証券経済倶楽部 レポート』 No.523 (2011.11 )、1-15.
  • 田中明彦 「パワートランジションと国際政治の変容 中国台頭の影響」 『国際問題』 日本国際問題研究所、2011.9、30-39.
  • 田中明彦 「日本外交におけるアジア太平洋」 渡邉昭夫 編 『アジア太平洋と新しい地域主義の展開』 千倉書房、2010.4.
  • Tanaka, Akihiko. "The Yasukuni Issue and Japan's International Relations." East Asia's Haunted Present. Edited by Tsuyoshi Hasegawa and Kazuhiko Togo: Praeger Security International, 2008.: 119-141.
  • Tanaka, Akihiko. "The development of the ASEAN+3 framework." Advancing East Asian Regionalism. Edited by Melissa G. Curley and Nicholas Thomas. New York: Routledge, 2007.: 52-73.
  • Tanaka, Akihikio. "Global and Regional Geo-strategic Implications of China's Emergence."Asian Economic Policy Review, Carlton, Victoria: Blackwell Pub. Asia 1, no. 1 2006.: 180-196.
  • 田中明彦 「「東アジア」という新地域形成の試み––ASEAN+3の展開」 東京大学東洋文化研究所 編 『アジア学の将来像』 東京大学出版会、2003.、269-306.
  • 田中明彦 「日中政治関係」 岡部達味 編 『中国をめぐる国際環境』 岩波書店、2001.、41-78.
  • Tanaka, Akihiko. "Domestic Politics and Foreign Policy." Japanese Foreign Policy Today: A Reader. Edited by Takashi Inoguchi and Purnendra Jain. New York: Palgrave, 1999.: 3-17.
  • 田中明彦 「グローバリゼーションと開発」 川田順造 編 岩波講座開発と文化 第6巻 『開発と政治』 岩波書店、1998.、225-246.
  • 田中明彦 「日本と国連平和維持活動」 猪口孝 編 『冷戦後の日米関係』 NTT出版、1997.、99-127.
  • Tanaka, Akihiko. "A Model for Japanese Security in the twenty-first Century."Japan Review of International Affairs, Tokyo: Japan Institute of International Affairs 10, no. 4 1996.: 276-290.
  • 田中明彦 「国連平和活動と日本」 西原正 セリグ・ハリソン 編 『国連PKOと日米安保』 亜紀書房、1995.、137-156.
  • 田中明彦 「マクロ歴史理論の可能性」 衛藤瀋吉先生古希記念論文集編集委員会 編 20世紀アジアの国際関係: 衞藤瀋吉先生古稀記念論文集 第4巻 『国際システムの理論と実態』 原書房、1995.、1-18.
  • 田中明彦 「東アジアの安全保障と日本の政策」 山影進 編 『新国際秩序の構想: 浦野起央博士還暦記念論文集』 南窓社、1994.
  • Tanaka, Akihiko. "Socialism in East Asia: Vietnam, Mongolia, and North Korea." Dismantling Communism: Common Causes and Regional Variations. Edited by Gilbert Rozman. Washington, D.C.: The Woodrow Wilson Center Press, 1992.: 225-242.
  • 田中明彦 「友敵関係の推移理論と米中ソ三角関係」 『国際政治』 第95号 日本国際政治学会 (1990.)、16-29.
  • Tanaka, Akihiko. "International Security and Japan's Contribution in the 1990s."Japan Review of International Affairs, Tokyo: Japan Institute of International Affairs 4, no. 2 1990.: 187-208.
  • 田中明彦 浦野起央 「世界の中のアジア・太平洋地域と日本」 『アジア研究』 第36巻 第2号 アジア政経学会 (1990.).
  • 田中明彦 「日本外交と国内政治の連関−外圧の政治学」 『国際問題』 第348号 日本国際問題研究所 (1989.)、23-36.
  • Tanaka, Akihiko and Syumpei Kumon. "From Prestige to Wealth to Knowledge." The Changing International Context. Edited by Takashi Inoguchi and Daniel Okimoto. Vol. 2, The Political Economy of Japan. Stanford, Calif.: Stanford University Press, 1988.: 64-82.
  • Tanaka, Akihiko. "Evolution of Chinese Foreign Policy in the 1980s."Asia and the Major Powers: Domestic Politics and Foreign Policy, Berkeley: Institute of East Asian Studies, University of California, no. 3 1988.: 138-160.
  • 田中明彦 「日米経済の政治過程」 『国際問題』 第336号 日本国際問題研究所 (1988.)、40-51.
  • 田中明彦 「コンドラチェフの波と覇権サイクル−理論的サーベイ」 『国際政治』 第82号 日本国際政治学会 (1986.)、94-115.
  • 田中明彦 「米中ソの間で」 渡邉昭夫 編 有斐閣選書 第693巻 『戦後日本の対外政策』 有斐閣、1985.、220-253.
  • 田中明彦 「国際秩序とその安定−試論」 『社会科学紀要』 第33号 東京大学出版会 (1984.)、113-148.
  • Tanaka, Akihiko. "China, China-Watching, and CHINA=WATCHER." Foreign Policy Decision-Making: Perception, Congnition, and Artificial Intelligence (Praeger). Edited by Donald A. Sylvan and Steve Chan, 1984.: 32-47.
  • 田中明彦 「『教科書問題』をめぐる中国の政策決定」 岡部達味 編 国際研究叢書 第31巻 『中国外交ー政策決定の構造』 日本国際問題研究所、1983.
  • 田中明彦 「政策決定のシミュレーション−中国」 『国際政治』 第74号 日本国際政治学会 (1983.)、134-135.
  • Tanaka, Akihiko. "Internal-External Linkage in Chinese International Conflict Behavior: A Macro Model."Journal of North East Asian Sutudies 2 1983.: 39-57.
  • 田中明彦 「中国の国際紛争行動のマクロ・モデル 1950-1978」 『アジア研究』 第29巻 第1号 アジア政経学会 (1982.).
  • 田中明彦 「序章 国際政治理論の再構築」 『国際政治』 第124号 日本国際政治学会)、1-10.

    著書

  • ジョセフ・S・ナイ デイヴィッド・A・ウェルチ 『国際紛争: 理論と歴史 [原書第9版]』 田中明彦 村田晃嗣 訳 有斐閣、2013.4.
  • ジョセフ・S・ナイ デイヴィッド・A・ウェルチ 『国際紛争: 理論と歴史 [原書第8版]』 田中明彦 村田晃嗣 訳 有斐閣、2011.5.
  • 田中明彦 『ポスト・クライシスの世界』 日本経済新聞出版社、2009.
  • 田中明彦 『アジアのなかの日本』 NTT出版、2007.
  • 猪口孝 田中明彦 園田茂人 ティムール・ダダバエフ 『アジア・バロメーター 躍動するアジアの価値観』 明石書店、2007.
  • Inoguchi, Takashi, Akihiko Tanaka, Shigeto Sonoda and Timur Dadabaev. Human Beliefs and Values in Striding Asia. Tokyo: Akashi Shoten, 2006.
  • 猪口孝 ミゲル・バサネズ 田中明彦 ティムール・ダダバエフ 『アジア・バロメーター 都市部の価値観と生活スタイル』 明石書店、2005.
  • Inoguchi, Takashi, Miguel Basanez, Akihiko Tanaka and Timur Dadabaev. Values and Life Styles in Urban Asia: Acabados Editoriales Incorporados, 2005.
  • 田中明彦 『複雑性の世界: 「テロの世紀」と日本』 勁草書房、2003.
  • 田中明彦 『新しい中世: 相互依存深まる世界システム』 日経ビジネス人文庫 第173巻 日本経済新聞社、2003.
  • 田中明彦 『「新しい戦争」時代の安全保障: いま日本の外交力が問われている』 都市出版、2002.
  • ジョセフ・S・ナイ 『国際紛争: 理論と歴史』 田中明彦 村田晃嗣 訳 有斐閣、2002.
  • Tanaka, Akihiko. The New Middle Ages: The World System in the 21st Century. Translated by Jean Connell Hoff. Vol. 12 of The LTCB International Library selection. Tokyo: International House of Japan, 2002.
  • 田中明彦 『ワード・ポリティクス——グローバリゼーションの中の日本外交』 筑摩書房、2000.
  • 田中明彦 『安全保障−−戦後50年の模索』 、1997.
  • 田中明彦 『新しい「中世」』 日本経済新聞社、1996.
  • Braithwaite, Rodric, Robert D. Blackwill and Akihiko Tanaka. Engaging Russia. New York: The Trilateral Commission, 1995.
  • 田中明彦 『総理大臣の国会演説: データベース作成と単語出現頻度データ』 戦後日本形成の基礎的研究 occasional paper 第3巻 文部省科学研究費重点領域研究『戦後日本形成の基礎的研究』班、1994.
  • 田中明彦 『戦争と国際システム』 東京大学出版会、1992.
  • 田中明彦 『日中関係 1945-1990』 東京大学出版会、1991.
  • 田中明彦 『世界系統: 国際政治』 楊晶 訳 猪口孝 編 現代政治学叢書 第19巻 経済日報出版社、1990. (中国語)
  • 田中明彦 『世界システム』 東京大学出版会、1989.
  • 田中明彦 『ロータス1-2-3による統計入門』 浅倉書店、1988.
  • 編著

  • Cossa, Ralph A. and Akihiko Tanaka, eds. An East Asian Community and the United States: Center for Strategic and International Studies, 2007.12.
  • 猪口孝 田中明彦 恒川惠市 山内昌之・薬師寺泰蔵 編 『国際政治事典』 弘文堂、2005.
  • 田中明彦 中西寛 編 『新・国際政治経済の基礎知識』 有斐閣ブックス 第97巻 有斐閣、2004.
  • Tanaka, Akihiko, Ezra F. Vogel and Yuan Ming, eds. The golden age of the U.S.-China-Japan triangle, 1972-1989. Vol. 216 of The Harvard East Asian monographs. Cambridge, Mass.: Harvard University Asia Center Harvard University Press, 2002.
  • 学位論文

  • Tanaka, Akihiko. "Chinese International Conflict Behavior, 1950-1978." PhD diss., 1981.
  • 報告書

  • 田中明彦 山影進 渡邊昭夫 『戦後日本形成に係わる基礎的データベース』 戦後日本形成の基礎的研究 occasional paper 第34巻 文部省科学研究費重点領域研究『戦後日本形成の基礎的研究』班、1995.
  • 学術論文

  • 田中明彦 「思想・歴史部門 受賞者・熊谷英人『フランス革命という鏡‐十九世紀ドイツ歴史主義の時代』(白水社)」 『第38回サントリー学芸賞 選評』 公益財団法人サントリー文化財団 (2016.12 )、27-28.
  • 田中明彦 「猪木正道論」 『平和と防衛』 第3号 日本防衛学会猪木正道賞基金『平和と防衛』刊行委員会 (2016.11 )、7-19.
  • 田中明彦 「『第28回アジア・太平洋賞』受賞作の講評」 『アジア時報』 11月号 アジア調査会 (2016.11 )、9-10.
  • Tanaka, Akihiko. "The Spheres in International Politics and Summit Diplomacy." Discuss Japan: Discuss Japan, 2016.10 : No.35,Diplomacy. [Link]
  • 田中明彦 「日本の国際協力とアジア外交」 『日本貿易会 月報』 第750号 日本貿易会 (2016.9 )、30-34.
  • 田中明彦 「国際政治の「圏域」分化とサミット外交」 『外交』 第38号 都市出版 (2016.7 )、84-88.
  • Tanaka, Akihiko. "VISIONS OF PEACE." NIKKEI ASIAN REVIEW. no. 130: Nikkei Inc., 2016.6 : 34.
  • 田中明彦 「サミットと日本」 『国際問題』 日本国際問題研究所、2016.5、1-4.
  • 田中明彦 「「パリ協定」と日本の課題」 『アジ研 ワールド・トレンド』 日本貿易振興機構アジア経済研究所研究支援部、2016.3、1.
  • 田中明彦 「世界システムと日本 第6回(最終回)「グローバルな脅威への対応」」 『書斎の窓』 第644号 有斐閣 (2016.3 )、2-3.
  • 田中明彦 「世界システムと日本 第5回「日本のアジア政策」」 『書斎の窓』 第643号 有斐閣 (2016.1 )、2-3.
  • 田中明彦 「思想・歴史部門 受賞者・奈良岡聰智『対華二十一カ条とは何だったのかー第一次世界大戦と日中対立の原点』(名古屋大学出版会)」 『第37回サントリー学芸賞 選評』 公益財団法人サントリー文化財団 (2015.12 )、23-24.
  • 田中明彦 「『第27回アジア・太平洋賞』受賞作の講評」 『アジア時報』 11月号 アジア調査会 (2015.11 )、8-9.
  • 田中明彦 「世界システムと日本 第4回「新興国の不安定化という課題」」 『書斎の窓』 第642号 有斐閣 (2015.11 )、2-3.
  • 田中明彦 「基調講演 世界平和と国際協力」 『「平和の創造とは ‐平和研究の過去・現在・未来‐」講義録』 広島市立大学広島平和研究所 (2015.10 )、1-13.
  • 田中明彦 「世界システムと日本 第3回「国家の役割と重要性」」 『書斎の窓』 第641号 有斐閣 (2015.9 )、2-3.
  • 田中明彦 「世界システムと日本 第2回「脆弱国支援の必要性」」 『書斎の窓』 第640号 有斐閣 (2015.7 )、2-3.
  • 田中明彦 「二一世紀の世界システムと国際協力」 『學士會会報』 第912号 (2015.5 )、29-38.
  • 田中明彦 「世界システムと日本 第1回「インド・パシフィックの時代」」 『書斎の窓』 第639号 有斐閣 (2015.5 )、2-3.
  • 田中明彦 「世界システムの変化と民主主義」 第20巻 『学術の動向』 「グローバル化時代における民主的統治とは」 日本学術協力財団、2015.3、66-72.
  • 田中明彦 「「民間外交」の役割とは何か」 工藤泰志 編 『言論外交 誰が東アジアの危機を解決するのか』 日中出版、2014.4、115-118.
  • 田中明彦 「安全保障‐人間・国家・国際社会」 大芝亮 編 『日本の外交 第5巻 対外政策 課題編』 岩波書店、2013.7、47-70.
  • 田中明彦 「世界の中の日本 ー日本の目指す国際協力ー」 『立教ビジネスレビュー』 Vol.6 有斐閣 (2013.6 )、2-15.
  • 田中明彦 「東西南北 アフリカの成長と日本」 『青淵』 第771号 公益財団法人 渋沢栄一記念財団 (2013.6 )、20-22.
  • 田中明彦 「アフリカー日本外交にとっての課題」 『外交』 Vol.19 (2013.5 )、10-16.
  • 田中明彦 「「仕切り直し」で東アジア安定を」 『読売クオータリー』 冬号 (2013.1 )、50-55.
  • 田中明彦 「世界の中の日本 日本の目指す国際協力」 『J2TOP』 2月号 (2013.1 )、27-29.
  • 田中明彦 「JICAの使命と役割、広がる支援の可能性 ‐田中明彦・新理事長に聞く」 『読売クオータリー』 中央公論新社 (2012.7 )、42-49.
  • Tanaka, Akihiko. "Pakistan's Potential and JICA's Contribution."CONCORDIA: Embassy of Pakistan in Japan 2012.7: 22-23.
  • 田中明彦 「21世紀の世界システムと日本のODA」 『国際問題』 第616号(2012年11月) 日本国際問題研究所 (2012.11 )、1-5.
  • 田中明彦 「TPP参加の是非 貿易国日本は重要な経済交渉に参加が当然」 『エコノミスト』 2011年11月29日号 毎日新聞社 (2011.11 )、94-95.
  • 田中明彦 「迷走する日本ーその針路を考える」 『日本証券経済倶楽部 レポート』 No.523 (2011.11 )、1-15.
  • 田中明彦 「外交と防衛 日本外交の存在を示すために‐短期的、中長期的課題から」 『朝日ジャーナル』 緊急増刊 週刊朝日 (2011.10 )、97-99.
  • 田中明彦 「そして世界は元に戻った‐9.11後の国際政治構造と日本外交」 『外交』 Vol.09 外務省 (2011.9 )、34-43.
  • 田中明彦 「パワートランジションと国際政治の変容 中国台頭の影響」 『国際問題』 日本国際問題研究所、2011.9、30-39.
  • 田中明彦 「日米同盟プラスの新たな安保戦略を」 『週刊東洋経済』 第6368号 東洋経済新報社 (2010.6 )、124-126.
  • 田中明彦 「日本外交におけるアジア太平洋」 渡邉昭夫 編 『アジア太平洋と新しい地域主義の展開』 千倉書房、2010.4.
  • Tanaka, Akihiko. "Hatoyama's International Policy, From Confusion to New Strategies?"Japanese Spotlight: Japan Economic Foundation 2010.3: 17-19.
  • Tanaka, Akihiko. "Trend in Japan and Their Impact on Japan's Foreign Policy Toward Southeast Asia." Japanese Relations with ASEAN since the Fukuda Doctrine. Edited by Lee Poh Ping and Md Nasrudin Md Akhir: University of Malaya, 2009.: 155-161.
  • 田中明彦 「序章 日本の国際政治学 −「棲み分け」を超えて」 日本国際政治学会 編 『日本の国際政治学 第1巻 学としての国際政治』 有斐閣、2009.
  • Tanaka, Akihiko. "Trilateral Strategic Dialogue: a Japanese Perspective." The National Bureau of Asian Research, 2008.: 33-39.
  • Tanaka, Akihiko. "Can the World Coexist with China?"Japan Echo, Tokyo: Japan Echo 26, no. 2 2008.: 51-56.
  • 田中明彦 「対日関係」 中国総覧編集委員会 編 『中国総覧 2007〜2008年版』 ぎょうせい、2008.、149-160.
  • Tanaka, Akihiko 「Japanese Domestic Politics and East Asian Policy」 『亜太研究論壇』 中央研究院 人文社会学科研究中心 亜太区域研究専題中心、2008.、79-86. (英語)
  • Tanaka, Akihiko. "The Yasukuni Issue and Japan's International Relations." East Asia's Haunted Present. Edited by Tsuyoshi Hasegawa and Kazuhiko Togo: Praeger Security International, 2008.: 119-141.
  • 田中明彦 「東亜区域合作的政治過程与日本的東亜政策」 楊棟梁 編 『東亜一体化的進展及其区域合作的路径』 天津中央人民出版会、2008.、83-93. (中国語)
  • 田中明彦 「日本外向的勝利与課題−興論”亜洲晴雨表”顕示的並洲各国的視線」 『越洋聚焦 日本論壇』 7月号 (2007.)、23-26. (中国語)
  • Tanaka, Akihiko. "Asian Opinions: A Mixed Bag for Japan."JAPANECHO 2007.: 31-34.
  • 田中明彦 「「いい顔」と「怖い顔」−−二つの顔の行方」 『朝日総研リポート AIR21』 第203号 朝日新聞社 ジャーナリスト学校 (2007.)、20-39.
  • 田中明彦 「北朝鮮問題と日本外交」 『潮』 4月号 (2007.)、60-65.
  • Tanaka, Akihiko. "The development of the ASEAN+3 framework." Advancing East Asian Regionalism. Edited by Melissa G. Curley and Nicholas Thomas. New York: Routledge, 2007.: 52-73.
  • Tanaka, Akihiko. "L'opinion des Asiatiques sur le Japon reste mitigee."CAHIERS DU JAPON, no. AUTOMNE 2007.: 39-42. (in French)
  • Tanaka, Akihiko. "Introduction." An East Asian Community and the United States. Edited by Ralph S. Cossa and Akihiko Tanaka: The Center for Strategic and International Studies, 2007.: 1-13.
  • 田中明彦 「第10章 新自由主義の時代 1980年代」 『日米関係史』 有斐閣、2007.、261-287.
  • 田中明彦 「日本外交の勝利と課題 世論調査「アジア・バロメーター」から明らかになったアジア各国の視線」 『論座』 3月号 朝日新聞 (2007.)、98-103.
  • Tanaka, Akihiko. "INTRODUCTION." Japan's New Defence Establishment: Institutions, Capabilities, and Implications. Edited by Yuki Tatsumi and Andrew L. Oros: THE HENRY L. STIMSON CENTER, 2007.: 1-7.
  • 田中明彦 「対日関係」 中国総覧編集委員会 編 『中国総覧 2005〜2006年版』 ぎょうせい、2006.、147-158.
  • Tanaka, Akihikio. "Global and Regional Geo-strategic Implications of China's Emergence."Asian Economic Policy Review, Carlton, Victoria: Blackwell Pub. Asia 1, no. 1 2006.: 180-196.
  • Tanaka, Akihiko. "Prospects for East Asia Community." Challenges to Trilateral Cooperation, 2006.: 49-54.
  • Tanaka, Akihiko. "Introduction to Part 1." Nature and Human communities. Edited by Takeshi Sasaki. Tokyo: Springer, 2004.: 3-5.
  • 田中明彦 「国際政治を観察する方法」 『松下政経塾・国際政治講座』 PHP研究所 (2004.)、49-71.
  • 田中明彦 「世界は決して「ジャングル」にはならない」 『中央公論』 第118巻 第6号 中央公論新社 (2003.)、72-80.
  • 田中明彦 「「東アジア」という新地域形成の試み––ASEAN+3の展開」 東京大学東洋文化研究所 編 『アジア学の将来像』 東京大学出版会、2003.、269-306.
  • 田中明彦 「米国、イラク攻撃3つのシナリオ」 『中央公論』 第117巻 第10号 中央公論新社 (2002.).
  • 田中明彦 「現在の世界システムと安全保障」 『国際問題』 第511号 日本国際問題研究所 (2002.)、2-17.
  • 田中明彦 「今は北朝鮮を試す時期だ」 『論座』 第90号 朝日新聞社 (2002.).
  • 田中明彦 「テロリズムとの戦い−−『戦後構想』をいかに構築すべきか」 『アスティオン』 第57号 ティービーエス・ブリタニカ (2002.)、35-48.
  • 田中明彦 「複雑化する現代外交−−日本外交は大丈夫か」 『外交フォーラム』 第15巻 第1号 都市出版 (2002.)、18-27.
  • 田中明彦 「日中政治関係」 岡部達味 編 『中国をめぐる国際環境』 岩波書店、2001.、41-78.
  • 田中明彦 「冷戦後東アジアの国際政治」 田中恭子 編 現代中国の構造変動 8 第8巻 『国際関係ーアジア太平洋の地域秩序』 東京大学出版会、2001.、39-72.
  • 田中明彦 「グローバル・ガヴァナンス−−規範・制度・主体」 『社會科學研究』 第52巻 第6号 東京大学社会科学研究所 (2001.)、87-93.
  • 田中明彦 「新しい東アジアの形成−−日本外交がめざすもの」 『中央公論』 第115巻 第7号 中央公論新社 (2000.)、66-83.
  • Tanaka, Akihiko. "Domestic Politics and Foreign Policy." Japanese Foreign Policy Today: A Reader. Edited by Takashi Inoguchi and Jain Purnendra. New York: Palgrave, 2000.: 3-17.
  • Tanaka, Akihiko. "The International Context of U.S.- Japan Relations in the 1990s." New Perspectives on U.S. - Japan Relations. Edited by Gerald L. Curtis. Tokyo: Japan Center for International Exchange, 2000.: 265-293.
  • 田中明彦 「対日政策」 中国総覧編集委員会 編 『中国総覧 2000年版』 霞山会、2000.、134-144.
  • 田中明彦 「戦後日本外交におけるアジア−−総理演説の分析を通して」 『社會科學研究』 第51巻 5・6合併号 東京大学社会科学研究所 (2000.)、33-41.
  • 田中明彦 「国家主権と国際正義」 『アスティオン』 第52巻 ティービーエス・ブリタニカ (1999.)、159-170.
  • 田中明彦 「21世紀の国際社会を見通す−『新しい中世』という見方」 アエラムック 『新国際関係学がわかる』 朝日新聞社、1999.
  • Tanaka, Akihiko. "Issues for Japan's East Asian Diplomacy."Japan Review of International Affairs, Tokyo: Japan Institute of International Affairs 13, no. 1 1999.: 3-16.
  • Tanaka, Akihiko. "Dynamic Stability: Cooperative strategies for Adverting Crisis in East Asia."Harvard International Review, Cambridge, Mass.: Harvard International Relations Council 21, no. 3 1999.: 72-75.
  • Tanaka, Akihiko. "Regional Arrangements the United Nations, and Security." International Security Management and the United Nations. Edited by Muthiah Alagappa and Takashi Inoguchi. Tokyo: United Nations University Press, 1999.: 323-346.
  • Tanaka, Akihiko. "Obuchi Diplomacy: How to Follow a Successful Start."Japan Echo, Tokyo: Japan Echo 26, no. 2 1999.
  • Tanaka, Akihiko. "Domestic Politics and Foreign Policy." Japanese Foreign Policy Today: A Reader. Edited by Takashi Inoguchi and Purnendra Jain. New York: Palgrave, 1999.: 3-17.
  • 田中明彦 「「小渕外交」さらなる発展の条件」 『This is 読売』 第9巻 第12号 読売新聞社 (1999.).
  • 田中明彦 「新政権は江沢民をどう迎えるのか」 『中央公論』 第113巻 第10号 中央公論新社 (1998.).
  • 田中明彦 「対日政策」 中国総覧編集委員会 編 『中国総覧 1998年版』 霞山会、1998.
  • 田中明彦 「グローバリゼーションと開発」 川田順造 編 岩波講座開発と文化 第6巻 『開発と政治』 岩波書店、1998.、225-246.
  • 田中明彦 「21世紀に向けての安全保障」 『国際問題』 第436号 日本国際問題研究所 (1997.)、2-15.
  • 田中明彦 「日本と国連平和維持活動」 猪口孝 編 『冷戦後の日米関係』 NTT出版、1997.、99-127.
  • 田中明彦 「97年、米中は和解する」 『中央公論』 第112巻 第3号 中央公論新社 (1997.).
  • 田中明彦 「1970年代の安全保障政策の転換」 『外交フォーラム』 第9巻 第7号 都市出版 (1996.)、80-95.
  • Tanaka, Akihiko. "A Model for Japanese Security in the twenty-first Century."Japan Review of International Affairs, Tokyo: Japan Institute of International Affairs 10, no. 4 1996.: 276-290.
  • 田中明彦 「対日関係」 中国総覧編集委員会 編 『中国総覧 1996年版』 霞山会、1996.
  • 田中明彦 「古典外交を礎に現代を見る眼−−追悼・高坂正尭氏」 『アスティオン』 第42号 ティービーエス・ブリタニカ (1996.).
  • 田中明彦 「マクロ歴史理論の可能性」 衞藤瀋吉先生古稀記念論文集編集委員会 編 20世紀アジアの国際関係: 衞藤瀋吉先生古稀記念論文集 第4巻 『国際システムの理論と実態』 原書房、1995.
  • 田中明彦 「国連平和活動と日本」 西原正 セリグ・ハリソン 編 『国連PKOと日米安保』 亜紀書房、1995.、137-156.
  • Tanaka, Akihiko. "The Domestic Context: Japanese Politics and U.N. Peacekeeping." UN Peacekeeping: Japanese and American Perspectives. Edited by Selig S. Harrison and Masashi Nishihara. Washington D.C.: Carnegie Endowment for International Peace, 1995.
  • Tanaka, Akihiko. "UN Peace Operations and Japan-US Relations." United State- Japan Relations and International Institutions: After the Cold War. Edited by Peter Gourevitchi and Takashi Inoguchi. San Diego: The Graduate School of International Relations and Pacific Studies, University of California, 1995.
  • Tanaka, Akihiko. "The Asia-Pacific Redion and Russia." Engaging Russia. Edited by D. Blackwill, Rodric Braithwaite and Akihiko Tanaka. New York, Paris, and Tokyo: The Trilateral Comission, 1995.
  • 田中明彦 「マクロ歴史理論の可能性」 衛藤瀋吉先生古希記念論文集編集委員会 編 20世紀アジアの国際関係: 衞藤瀋吉先生古稀記念論文集 第4巻 『国際システムの理論と実態』 原書房、1995.、1-18.
  • 田中明彦 「アメリカのアジア政策」 世界秩序研究会 編 調査報告書 『アジアの経済発展と新秩序』 世界経済情報サービス、1995.
  • Tanaka, Akihiko. "Two Faces of East Asian Security and Japan's Policy." Korean Peninsula Trends and U.S. - Japan-South Korea Relations. Edited by Geritt Gong. Washington D.C.: The Center for Strategic and International Studies, 1994.
  • Tanaka, Akihiko. "Rhetorics and Limitations of Japan's New Internationalism."Bulletin of the Japanese Studies Association of Australia: Japanese Studies Association of Australia 14, no. 1 1994.
  • Tanaka, Akihiko. "Japan's Security Policy in the 1900s." Japan's International Agenda. Edited by Yoichi Funabashi. New York: New York University Press, 1994.
  • 田中明彦 「『覇権・混乱・相互依存』の三つのシナリオ」 『季刊アスティオン』 第33巻 ティービーエス・ブリタニカ (1994.).
  • 田中明彦 「第二次世界大戦後のアジアと戦争」 平野健一郎 編 講座現代アジア 第4巻 『地域システムと国際関係』 東京大学出版会、1994.
  • 田中明彦 「東アジアの安全保障と日本の政策」 山影進 編 『新国際秩序の構想: 浦野起央博士還暦記念論文集』 南窓社、1994.
  • 田中明彦 「対日政策」 中国総覧編集委員会 編 『中国総覧 1994年版』 霞山会、1994.
  • 田中明彦 「国際社会の現状と理論的展開」 世界秩序研究会 編 『ポスト冷戦の世界秩序』、1994.
  • 田中明彦 「国際政治と技術」 『「高度技術社会」ニュース』 第43号 「高度技術社会」総括班 (1994.).
  • 田中明彦 「東アジアの国際政治と対中政策」 『東亜』 第319号 霞山会 (1994.).
  • 田中明彦 「マクロ歴史の分析単位は何か?−−ユニット・関係・システム」 山影進 編 『近代国際体系の拡大と広域交易網をめぐる国際関係』、1993.
  • Tanaka, Akihiko. "Is There a Realistic Foundation for Liberal New World Order?" Prospects for Global Order. Edited by Seizaburo Sato and Trevor Taylor. London: Royal Institute of International Affairs, 1993.
  • 田中明彦 「国連平和活動の課題」 『徳山大学総研レビュー』 第4号 徳山大学総合研究所 (1993.).
  • Tanaka, Akihiko. "Socialism in East Asia: Vietnam, Mongolia, and North Korea." Dismantling Communism: Common Causes and Regional Variations. Edited by Gilbert Rozman. Washington, D.C.: The Woodrow Wilson Center Press, 1992.: 225-242.
  • 田中明彦 「天安門事件以後アメリカの対中政策」 『東洋文化研究所紀要』 第116号 日光書院 (1992.)、107-147.
  • 田中明彦 「対日政策」 中国総覧編集委員会 編 『中国総覧 1992年版』 霞山会、1992.
  • 田中明彦 「見えてきた世界秩序」 『THIS IS 読売』 読売新聞社 (1991.).
  • 田中明彦 「世界秩序はなぜ霧の中なのか」 『中央公論』 中央公論新社 (1991.).
  • 田中明彦 「国際システムの中の平和戦略」 船橋洋一 編 『日本戦略宣言: シビリアン大国をめざして』 講談社、1991.
  • 田中明彦 「友敵関係の推移理論と米中ソ三角関係」 『国際政治』 第95号 日本国際政治学会 (1990.)、16-29.
  • 田中明彦 「ブッシュ政権の対外政策」 『海外事情』 第38巻 第9号 拓殖大学海外事情研究所 (1990.)、83-94.
  • Tanaka, Akihiko. "American Foreign Policy and Problem of Regional Cooperation in Asia and the Pacific."The Korean Journal of International Studies, Seoul: Korean Institute of International Studies 21, no. 1 1990.: 81-105.
  • Tanaka, Akihiko. "International Security and Japan's Contribution in the 1990s."Japan Review of International Affairs, Tokyo: Japan Institute of International Affairs 4, no. 2 1990.: 187-208.
  • 田中明彦 「日中政治関係」 岡部達味 編 岩波講座現代中国 第6巻 『中国をめぐる国際環境』 岩波書店、1990.、39-75.
  • 田中明彦 「対日関係」 中国総覧編集委員会 編 『中国総覧 1990年版』 霞山会、1990.
  • 田中明彦 「バードン・シェアリング」 松下満雄 黒田真 編 『日本とアメリカ21世紀へのシナリオ−−日本経済憲章をめざして』 PHP研究所、1990.
  • 田中明彦 浦野起央 「世界の中のアジア・太平洋地域と日本」 『アジア研究』 第36巻 第2号 アジア政経学会 (1990.).
  • 田中明彦 「天安門事件以後の中国をめぐる国際環境」 『国際問題』 第358号 日本国際問題研究所 (1990.)、30-45.
  • 田中明彦 「責任国家日本の役割」 『Phi』 第4号 (1990.).
  • 田中明彦 「『静かな外交』が必要なとき」 『中央公論』 第104巻 第8号 中央公論新社 (1989.).
  • 田中明彦 「世界システム論」 有賀貞 編 講座国際政治 第1巻 『国際政治の理論』 東京大学出版会、1989.、237-265.
  • 田中明彦 「日本外交と国内政治の連関−外圧の政治学」 『国際問題』 第348号 日本国際問題研究所 (1989.)、23-36.
  • 田中明彦 「東アジアにおける最近の国際政治動向」 『フィナンシャル・レビュー』 第9号 大蔵省印刷局 (1989.).
  • 田中明彦 「日本の対中政策決定−組織と過程」 『東亜』 第256号 霞山会 (1988.)、9-21.
  • Tanaka, Akihiko. "ASEAN Factor in Japan's China Policy? A Case Study: Japan's Government Loans to China, 1979."Working Papers, Tokyo: Department of Social and International Relations, University of Tokyo, no. 6 1988.
  • Tanaka, Akihiko and Syumpei Kumon. "From Prestige to Wealth to Knowledge." The Changing International Context. Edited by Takashi Inoguchi and Daniel Okimoto. Vol. 2, The Political Economy of Japan. Stanford, Calif.: Stanford University Press, 1988.: 64-82.
  • Tanaka, Akihiko. "Evolution of Chinese Foreign Policy in the 1980s."Asia and the Major Powers: Domestic Politics and Foreign Policy, Berkeley: Institute of East Asian Studies, University of California, no. 3 1988.: 138-160.
  • 田中明彦 「1980年代における中国外交政策の展開」 『レヴァイアサン』 第3号 木鐸社 (1988.)、69-85.
  • 田中明彦 「対日関係」 中国総覧編集委員会 編 『中国総覧 1988年版』 霞山会、1988.
  • 田中明彦 「現代日本の国際経済的力量と韓国」 『日本研究論叢』 第2号 慶星大学校日本問題研究所 (1988.).
  • 田中明彦 「日米経済の政治過程」 『国際問題』 第336号 日本国際問題研究所 (1988.)、40-51.
  • 田中明彦 「日本の中国政策に対するアセアンの影響力−−ケーススタディ:1979年の日本政府の対中国借款」 日本国際交流センター 編 『国際環境の変動と日本・アセアン関係』 総合研究開発機構、1988.
  • Tanaka, Akihiko. "Trilaterl Relations: Japan and Europe in the Western Alliance System." The Japan Center for International Exchange, 1988 The Japan Center for International Exchange, 1988. Edited by Hanns W.Maull. Tokyo, 1987.: 16-31.
  • 田中明彦 「包括貿易法案と日米関係−−止め難い『301条レジーム』」 『正論』、1987.
  • 田中明彦 公文俊平 「プレスティッジ・ゲームからウェルス・ゲームへ−−さらに次のゲームは?−−」 『月刊NIRA』 総合研究開発機構、1987.
  • 田中明彦 「コンドラチェフの波と覇権サイクル−理論的サーベイ」 『国際政治』 第82号 日本国際政治学会 (1986.)、94-115.
  • 田中明彦 「対日関係」 中国総覧編集委員会 編 『中国総覧 1986年版』 霞山会、1986.
  • 田中明彦 「米中ソの間で」 渡邉昭夫 編 有斐閣選書 第693巻 『戦後日本の対外政策』 有斐閣、1985.、220-253.
  • 田中明彦 「対日関係」 中国総覧編集委員会 編 『中国総覧 1984年版』 霞山会、1984.
  • 田中明彦 「国際秩序とその安定−試論」 『社会科学紀要』 第33号 東京大学出版会 (1984.)、113-148.
  • Tanaka, Akihiko. "China, China-Watching, and CHINA=WATCHER." Foreign Policy Decision-Making: Perception, Congnition, and Artificial Intelligence (Praeger). Edited by Donald A. Sylvan and Steve Chan, 1984.: 32-47.
  • 田中明彦 「アメリカの対中政策」 『海外事情』 第32巻 第2号 拓殖大学海外事情研究所 (1984.)、32-47.
  • 田中明彦 「『教科書問題』をめぐる中国の政策決定」 岡部達味 編 国際研究叢書 第31巻 『中国外交ー政策決定の構造』 日本国際問題研究所、1983.
  • 田中明彦 「日本は挑戦者になるな−−国際秩序のダイナミック試論」 『諸君!』 文芸春秋、1983.
  • 田中明彦 「政策決定のシミュレーション−中国」 『国際政治』 第74号 日本国際政治学会 (1983.)、134-135.
  • Tanaka, Akihiko. "Internal-External Linkage in Chinese International Conflict Behavior: A Macro Model."Journal of North East Asian Sutudies 2 1983.: 39-57.
  • 田中明彦 「中国の国際紛争行動のマクロ・モデル 1950-1978」 『アジア研究』 第29巻 第1号 アジア政経学会 (1982.).
  • 田中明彦 「序章 国際政治理論の再構築」 『国際政治』 第124号 日本国際政治学会)、1-10.
  • 口頭発表

  • 田中明彦 「現代の安全保障―「三つの圏域」論の再検討」 国際安全保障学会 大阪大学・豊中キャンパス 2016年12月3日.
  • 田中明彦 「赤十字シンポジウム 複雑化する世界の中で 今求められる人道支援とは」 日本赤十字社、NHK 表参道ヒルズ 2016年11月12日.
  • Tanaka, Akihiko. "World Order: Are We Really on Our Way to the New Middle Ages?" Presented at the Japan Association of International Relations, Makuhari Messe, Inc., October 15 2016.
  • Tanaka, Akihiko. "African Development: a Japanese Perspective." Presented at the The Royal African Society, The Royal African Society, July 19 2016.
  • Tanaka, Akihiko. "Japan in Search of Foreign Policy Equilibrium: Post-Cold War Dynamics." Presented at the National Bureau of Asian Research, National Bureau of Asian Research (NBR), April 1 2016.
  • Tanaka, Akihiko. "Japan in Search of Foreign Policy Equilibrium: Post-Cold War Dynamics." Presented at the Japan-America Society of the State of Washington, Hilton Seattle Downtown, March 31 2016.
  • Tanaka, Akihiko. "Japan in Search of Foreign Policy Equilibrium: Post-Cold War Dynamics." Presented at the Columbia University, Weatherhead East Asian Institute, Columbia University, March 29 2016.
  • Tanaka, Akihiko. "The Evolving Roles of the US-Japan Alliance in East Asian Power Shift." Presented at the Global Asia Research Cluster, Ngee Ann Auditorium, Asian Civilisations Museum, Singapore, March 11 2016.
  • Tanaka, Akihiko. "Japan in Asia: 20th to 21st Century." Presented at the MIRAI Program, Keio University, December 17 2015.
  • 田中明彦 「日本の国際協力とアジア外交」 東京外国語大学国際関係研究所 東京外国語大学 2015年12月14日.
  • Tanaka, Akihiko. "Japan’s Foreign Policy: Between the United States and Asia, Between Past and Future." Presented at the Council on Foreign Relations, Council on Foreign Relations, Washington D.C., December 2 2015.
  • 田中明彦 「アジア太平洋のガバナンスと日本の国際協力」 上智大学国際関係研究所 上智大学 2015年11月25日.
  • Tanaka, Akihiko. "South Korea as a Global and Regional Power." Presented at the Korea Nation Diplomatic Academy, Korea National Diplomatic Academy,Seoul, October 23 2015.
  • 田中明彦 「世界平和と国際協力」 広島市立大学 広島平和研究所 広島市立大学サテライトキャンパス 2015年9月4日.
  • 田中明彦 「【共通論題】 世界戦争100年、 地域紛争・戦争と国際政治‐比較国際政治の 視点から」 日本国際政治学会 福岡国際会議場(福岡県・福岡市) 2014年11月.
  • TANAKA, Akihiko. "Keynote Address, U.S.- Japan Development Summit." Presented at the Center for Strategies & International Studies, Washington D.C. (USA), February 2014.
  • TANAKA, Akihiko. "Re-Emerging the ASEAN-Japan Partnership (Luncheon Talk 2)Evolving ASEAN-JAPAN-Relation New Dimension of ASEAN-JAPAN Partnership." Presented at the The 27th Asia-Pacific Roundtable, Kuala Limper (Malaysia), June 2013.
  • TANAKA, Akihiko. "India-Japan Relationship in Global Trend." Presented at the Jawaharlal Nehru University, Delhi (India), June 2013.
  • 田中明彦 「権力移行論––理論と 21 世紀の現実」 日本国際政治学会 2011年11月.
  • 新聞記事

  • 田中明彦 「執筆者座談会: 激動の世界を読む 不確実で不透明な時代 日本はぶれない軸保て」 『毎日新聞』 2017年1月3日 、8-9.
  • 田中明彦 「国際政治の法則 民主国家同士は戦争せず: 激動の世界を読む」 『毎日新聞』 2016年12月16日 、11.
  • 田中明彦 「過剰反応は禁物: 緊急インタビュー トランプの米国」 『毎日新聞』 2016年11月13日 、1.
  • 田中明彦 「「第11回安全保障シンポジウム」安保法政のその先」 『読売新聞』 2016年10月9日 朝刊、7.
  • Tanaka, Akihiko. "Opinion & Analysis: Summit diplomacy key to Japan - China ties." The Japan News October 3 2016, 5.
  • 田中明彦 「地球を読む: 首脳外交 盛んな会談 効果どこに」 『読売新聞』 2016年10月2日 朝刊、1,2.
  • 田中明彦 「安全優先 危険ならば退避を: 開発援助 意義は減らない」 『熊本日日新聞』 2016年7月5日 、8.
  • 田中明彦 「JICA前理事長 田中明彦氏に聞く: 危険ならば退避を」 『西日本新聞』 2016年7月5日 、7.
  • 田中明彦 「論点スペシャル: 英離脱 国際秩序どうなる」 『読売新聞』 2016年7月1日 、11.
  • 田中明彦 「アジアの未来特集: 世界とアジアの安全保障」 『日本経済新聞』 2016年6月16日 、33.
  • 田中明彦 「2016参院選 識者座談会: 「3分の2」なぜ生まれた」 『日本経済新聞』 2016年6月16日 、8.
  • 田中明彦 「第22回アジアの未来: 不安定化する世界とアジア安全保障 ‐ 安定の道筋は パネル討論」 『日本経済新聞』 2016年6月1日 、9.
  • 田中明彦 「オバマ氏広島訪問 世界をどう見る: アジアの安保にプラス」 『日本経済新聞』 2016年5月28日 朝刊、14.
  • 田中明彦 「読売国際会議2016 「先進国に問われる新しい挑戦」」 『読売新聞』 2016年5月25日 朝刊、12.
  • Tanaka, Akihiko. "Opinion & Analysis: Maternal health key to fighting poverty." The Japan News May 10 2016, 5.
  • 田中明彦 「地球を読む: 最貧困層 過去25年で半減」 『読売新聞』 2016年5月9日 朝刊、1,2.
  • 田中明彦 「参院選で争点 当然」 『読売新聞』 2016年3月17日 、7.
  • 田中明彦 「「第10回安全保障シンポジウム」混迷世界における国家戦略を考える」 『読売新聞』 2016年3月14日 朝刊、9.
  • 田中明彦 「経済教室: 分断危機を越えて 統治空白、超域テロを生む」 『日本経済新聞』 2016年1月6日 朝刊、28.
  • 田中明彦 「日中韓賢人会議: 日中韓、FTAへ加速 3カ国協力実践の時 分科会 主な発言」 『日本経済新聞』 2015年12月13日 朝刊、9.
  • Tanaka, Akihiko. "Opinion & Analysis: Abe well-suited to uplift Japan's Asia diplomacy." The Japan News October 26 2015, 5.
  • 田中明彦 「地球を読む: 日本外交 混迷の15年間」 『読売新聞』 2015年10月25日 朝刊、1,2.
  • 田中明彦 「戦後70年 これまで・これから「協調路線こそ力」」 『毎日新聞』 2015年8月15日 朝刊.

連絡先

*後ろに@ioc.u-tokyo.ac.jpをつけてください。

メールアドレス:tanaka