イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究

日本学術振興会科学研究費 基盤研究(A)
研究代表者:長澤榮治

2019年1月の活動報告

(2019.1)本科研メンバー・宇野陽子氏の記事が東京新聞に掲載

本科研メンバーの宇野陽子氏の記事が東京新聞に掲載されました

(1/30)公募研究会「イスラーム圏における「ジェンダー化された暴力/苦悩」第3回

浦田幸奈氏(愛知教育大学卒業生、尾張地区中学教員、NPO法人ASTA)・三浦徹氏(お茶の水女子大学理事・副学長・附属図書館長)による講演、保井啓志氏(東京大学大学院)による報告が行われました。