イスラーム・ジェンダー学の構築のための
基礎的総合的研究

公開セミナー「イスラーム世界の結婚最前線」

世界の中のイスラーム教徒の多様な結婚の実態をご紹介します。また、これまでに見られなかった新しい婚姻の形態も現れており、それが生まれる社会的背景などもご紹介します。イスラーム世界に生きる女性たちの多様な結婚や離婚の実態に触れてみませんか。

【プログラム】

13:30開場・受付開始
14:00挨拶: 長沢栄治
趣旨説明: 森田豊子
14:05 - 15:20発表(1人20分)
  • 竹村和朗(日本学術振興会特別研究員PD)
     「現代エジプトにおける結婚の手続き」
  • 嶺崎寛子(愛知教育大学社会化教育講座准教授)
     「離婚と結婚をめぐるいざこざ-エジプトのムスリム(イスラーム教徒)の場合」
  • 山﨑和美(横浜市立大学学術院国際総合科学群人文社会学系列准教授)
     「イランにおける結婚と離婚」
  • 大形里美(九州国際大学国際関係学部教授)
     「インドネシアにおける一夫多妻婚、秘密婚、異教徒間の結婚について」
15:20 - 15:30休憩
15:30 - 15:50コメンテーターからのコメントと質問と回答
  • 阿部尚史(東京大学中東地域研究センター特任助教)
  • 田中友紀(九州大学大学院比較社会文化学府博士後期課程)
15:50 - 16:10モデレーターからの質問と回答
  • 田村慶子(北九州市立大学法学部教授)
16:10 - 17:00全体討論・質疑応答
17:00 - 20:00懇親会
主催: 科学研究費基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究」(代表:長沢栄治)
  アジア女性交流・研究フォーラム(KFAW)
  KFAWアジア研究者ネットワーク

【報告者およびコメンテータープロフィール】

田村慶子:
北九州市立大学法学部教授。専門:国際関係論、東南アジア地域研究、ジェンダー研究、学位:博士(法学)。主要著書:『シンガポールの基礎知識』(単著、めこん、2016年)、『多民族国家シンガポールの政治と言語―「消滅」した南洋大学の25年』(単著、明石書店、2013年)、『シンガポールを知るための65章』(編著、明石書店、2016年)、『東南アジア現代政治入門』(代表編者、ミネルヴァ書房、2011年)など。論文では「台湾とシンガポールにみる性的マイノリティーの人権と市民社会」『アジア女性研究』(第26号、2017年3月)、「移民・ジェンダー、NGO-シンガポールの政治変動」『地域研究』(第15巻1号、2015年4月)など。
竹村和朗
日本学術振興会特別研究員PD(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)。2015年東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程満期退学、2017年博士号取得。エジプトには2002~5年、2009~12年にかけて留学。主要著書:「現代エジプトのファラハ:ブハイラ県バドル郡における結婚の祝宴の報告」『アジア・アフリカ言語文化研究』(91号、2016年)、『ムバーラクのピラミッド—エジプトの大規模沙漠開発「トシュカ計画」の論理(ブックレット《アジアを学ぼう》別巻7)』(風響社、2014年)など。最近は、現代エジプトにおけるワクフ(イスラーム的宗教寄進制度)を主題に、国家の法と人々の暮らしの関わりについて研究している。
嶺崎寛子
愛知教育大学社会化教育講座准教授。専門:ジェンダー論、文化人類学。主要著書:『イスラーム復興とジェンダー―現代エジプト社会を生きる女性たち』(昭和堂、2015年)で第10回女性史学賞、第43回澁澤賞を受賞。共著に『宗教とジェンダーのポリティクス』(昭和堂、2016年)『中東・イスラーム研究概説』(明石書店、2017年)など。母方祖父が熊本県の出身で、九州人の血が4分の1流れている。しかし、九州上陸はこれが2度目。
山﨑和美
横浜市立大学学術院国際総合科学群人文社会学系列准教授。2008年東北大学国際文化研究科博士後期課程修了(博士号:国際文化)。東北大学専門研究員、公益財団法人中東調査会研究員、青山学院大学・駒澤大学非常勤講師などを経て、2014年4月より現職。主要著書:「『セディーゲ・ドウラターバーディー作品集:女子教育推進に尽力した近代イランの女性知識人と社会の反応」柳橋博之編『イスラーム 知の遺産』(東京大学出版会、2014年)、「慈善行為と孤児の救済:近代イランの女性による教育活動」沢山美果子・橋本伸也編『保護と遺棄の子ども史』(昭和堂、2014年)、「女子教育と識字:「近代的イラン女性」をめぐる議論とナショナリズム」『歴史学研究』(873号、2010年)など。
大形里美
九州国際大学国際関係学部教授。1987年から、インドネシアのイスラームについて研究を続けている。これまでの研究分野は、インドネシアのイスラーム教育、婚姻法、民主化運動とジェンダー主流化など。主要著書:『現代インドネシアを知るための60章 』(共著、明石書店、2013年)。「インドネシアのイスラミック・ファッション業界とイスラーム思想」『インドネシア ニュースレター』(No.89、2015年)他、市民向けのニュースレターなどにも数多く寄稿。
阿部尚史
東京大学中東地域研究センター特任助教。専門:イラン史、中東家族史。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。テヘラン大学人文学部に留学(2003-06)。日本学術振興会特別研究員 PD、ハーヴァード大学中東地域研究センター訪問研究員、東京大学大学院総合文化研究科・特任研究員を経て、現職。主要著書:「ムスリム女性の財産獲得―近代イラン有力者家族の婚姻と相続」水井万里子他編『女性から描く世界史― 17~20世紀への新しいアプローチ』(共著、勉誠出版, 2016年)や “The Ambivalent Position of the Landlord: A Dispute over Ownership of an Iranian Village in the 19th Century,” Islamic Law and Society 23 (2016)など。
田中友紀
九州大学大学院比較社会文化学府博士後期課程在学中。ならびに公益財団法人・中東調査会協力研究員。2008年オーストラリア国立大大学院修了(修士号:国際情勢)。専門:リビアおよびマグレブ諸国の政治、体制研究。今まで、リビアのカッザーフィー(カダフィー)体制の長期存続の要因について研究を行ってきた。主要著書:「現代リビア政治における「部族」と「地域」―カッザーフィー政権移行期の支配アクターに着目して―」『イスラーム世界研究, 京都大学イスラーム地域研究センター(第 10 号, 2017 年3 月)など。近年では、カッザーフィー政権下のジェンダー規範にも着目して分析を進めている。下関市生まれ、北九州市門司区在住。
森田豊子
鹿児島大学グローバルセンター特任准教授。専門:国際関係論、イラン地域研究。主要著書(いずれも共著):『国際関係論の生成と展開』(ナカニシヤ出版、2017年)、『国際関係のなかの子どもたち』(晃洋書房、2015年)、『現代アジアの女性たち-グローバル化社会を生きる』(新水社、2014年)など。母親が鹿児島出身、自身も15年以上鹿児島在住だが、大阪生まれ大阪育ち。