イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究

日本学術振興会科学研究費 基盤研究(A) 
研究代表者:長澤榮治  

2017年4月の活動報告

(4/22)「『砂漠の探究者』を探して―女性たちと百年」第3回

読書会(レジュメ担当:木下実紀氏(大阪大学大学院)、コメント:小泉龍人氏(東京大学・考古学))のほか、後藤絵美氏(東京大学)による研究発表および松本弘氏(大東文化大学)によるコメント、エリフ・チャーラル氏・藤元優子氏(大阪大学)によるミニ発表が行われました。

(4/19)【共催】「LGTBQI、女性、スーフィー―アメリカのリベラルとムスリム・コミュニティ」

高橋圭氏(日本学術振興会特別研究員)による研究発表が行われました。