イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究

日本学術振興会科学研究費 基盤研究(A) 
研究代表者:長澤榮治  

2016年9月の活動報告

国際ワークショップ「ターリク・ラマダーン氏を迎えて」を開催しました
International Workshop "Discussing Islam, Gender, and The Modern World With Prof. Tariq Ramadan" was successfully finished

2016年9月16日(金)の午後、オックスフォード大学東洋研究所現代イスラーム学教授で、ムスリム知識人として様々な社会問題に鋭い問題提起をする論客として知られるターリク・ラマダーン氏を迎え、国際ワークショップを開催した。東京大学東洋文化研究所の後藤絵美准教授の司会のもと、同研究所長沢栄治教授のウェルカム・スピーチから始まり、ラマダーン氏の講演、それに対する鵜戸聡氏(鹿児島大学法文学部准教授)および岡真理氏(京都大学人間・環境学研究科教授)のコメント、そしてフロアを含めた質疑応答という構成で行われた。以下、その内容を簡単に報告する。

ターリク・ラマダーン氏

1. 講演

 主題は本科研プロジェクトからの提起による「イスラーム、ジェンダー、現代世界(modern world)」である。講演の中でラマダーン氏が強調したのは、ムスリムが抱える今日的な問題を考える際に、それぞれを個別のものとして取り組むのではなく、イスラームの「世界観/存在論(cosmology)」をもとに、全体として思索する必要があるという点であった。その前提となるのが「ムスリムにとって聖典(クルアーンとスンナ)は思考の出発点である」というテーゼである。神の言葉であるクルアーンの文言と、神の使徒ムハンマドの言行であるスンナは、ムスリムが真摯に向き合うべきものである。とくに学徒(scholar)としてイスラームを考える際には、「聖典にどのように知的に向き合うことができるのか (How can we dealt with the text intellectually?)」を問うことが重要である。神の言葉と社会におけるその受容との緊張関係に敏感であること、つまり、聖典解釈を文脈化する必要があり、また常に、「聖典は何と言っているのか(what do the texts said)」、「その原理とは何か(what are the principles)」、「その目的とは何か(what are the objectives)」を問うという、内発的方法論をとらなければならないとラマダーン氏は主張した。

 氏によると、現代においてムスリムが抱える問題の根源にあるのが、以上のような方法論をとらない聖典解釈のあり方である。ジェンダー問題に関していえば、クルアーン全体を貫くメッセージは「男女は平等である(men and women are equal)」というものである。ところが、古典宗教文献の大半は、このメッセージを「〔ただし社会において〕男女は相互補完的である」と読み替えてきた。その原因として考えられるのが、(1)聖典解釈者への文化的な影響、(2)聖典の文言の一部のみを字義通りに捉える直解主義の傾向、(3)知的伝統の中での女性の不在という三つの状況の存在であった。(1)についてラマダーン氏は、中世期の尊敬すべき大学者でさえも、聖典解釈に際して時代的・文化的な影響を免れえなかったことに言及した。また(3)については、預言者の時代以来、女性の知的貢献が現実にあったにもかかわらず、それが記録や記憶から抹消されてきたこと、そのため、古典的な宗教文献を土台にしたイスラームの世界観から、女性の視点が抜け落ちてきたことを指摘した。

 イスラームとジェンダーをめぐる以上のような状況は、女性役割の問題、離婚、男女の平等といった議論にどのように影響を与えてきたのかを解説する中で、ラマダーン氏は、社会における女性の活動を制限する傾向が、文化的影響、聖典の直解主義、知的伝統における女性の不在という三つによって「作り出されてきたもの」であると主張した。すなわち、ムスリムにとって「思考の出発点」である聖典そのものが女性の活動を狭めてきたわけではないのである。

 最後にラマダーン氏は、イスラームで大切にされるべきなのは、どのようなムスリムとして生きるのかという世界観・存在論を問うことであると述べた。現代においてしばしば議論の俎上にのせられるいくつかの事柄――スカーフをまとうべきか、まとわないべきかなど――は根源的なものではない。それはあくまでも、イスラームの世界観・存在論の一つの体現のありようとして捉えるべきものである。むしろ、聖典が示す「男女は平等」というあり方を実現し、社会における責務を個々人が完遂するためにも、女性の教育と就労が制限されるべきではない。女性の啓蒙度を示す尺度が必要であるとすれば、服装ではなく、教育機会にこそその役割が与えられるべきである。そのためには、ムスリム自身が、自らの文化的傾向(および直解主義的解釈や知的伝統の偏り)に挑戦する内発的方法論を遂行することが必要であると述べ、ラマダーン氏は50分余りの講演を終えた。

2. コメントおよび質疑

コメンテーターの二人

 最初のコメンテーターは、アラブ文学・フランス語圏文学を専門とする鵜戸聡氏であった。鵜戸氏は、人間の多様性(diversity)や尊厳(dignity)、劣性(inferiority)といった概念をめぐるラマダーン氏の思索が、イスラームの聖典を出発点とすると同時に、西洋で発展してきた人道主義(humanism)とも深く関わっていることを指摘した。鵜戸氏によると、両者を融合する鍵となるのが、ラマダーン氏が用いた「内側から(from within)」という表現である。女性の問題に取り組む際には、イスラームの「内側から」、聖典の「内側から」、女性たちの「内側から」考えを深めていかねばならない。一方で、そうした姿勢をとらず、他者の行為の善悪を自ら審判しうると考える人々がいるというラマダーン氏の示唆に対して、鵜戸氏は「どうすれば我々は自身の無知を知ることができるのか」、自らの無知や劣性を認める必要があると人に伝えることができるのかという問いを投げかけた。

 二人目のコメンテーターである岡真理氏は、現代のムスリムによる聖典解釈が、聖典の文言そのものではなく、歴史的文脈やグローバルな政治経済的文脈に大きく影響されているというラマダーン氏の議論に関連し、パレスチナ問題と第三世界フェミニズムという自らの関心に沿いつつ、次のように述べた。パレスチナの地でジェンダー問題を生み出してきたのは、(日本でしばしば言われるように)イスラームではなく、「占領」という歴史的・政治経済的な状況である。イスラームとそれに対する信仰心は、むしろ、困難な状況や厳しい生活を耐え忍び、しかも「声」をあげる方法をもたない人々にとって力の源となってきた。一方で、現代世界全体を見渡すと、そこにあるのは金銭が神を上回るとさえ言われる資本主義社会であり、イスラームの過激派集団が力をふるう社会である。そこにおいて、イスラームはどのような貢献をできるのか、イスラームは世界に何をもたらすことができるのか、というのが岡氏からの問いであった。

 続いて行われたフロアからの質問の中には、男女という二分法をとらない思考法や、ジェンダー問題における知識人およびムスリム多数派諸国の影響力に関する問いがあった。

 これらのコメントや問いそれぞれに対して丁寧な応答を行う中で、ラマダーン氏が繰り返し示唆したのが、ジェンダーを考えることは、西欧世界とイスラームに関わる諸側面を明らかにすることにつながるという理解である。また、イスラームが問題化する背景に、宗教、文明、文化をめぐる葛藤があるということも指摘された。大会議室をうめた100名ほどの参加者にとって、本ワークショップで過ごした2時間半はおそらく、イスラーム、ジェンダー、現代世界について、それぞれの「内側から」、考えを深める一つのきっかけとなったはずである。
(文責:鳥山純子、後藤絵美)

写真

熱弁をふるうラマダーン氏 ディスカッサントのお二人と長澤代表
沢山の来場者 ウィットに富んだ司会者
ディスカッサントの質問を真剣に聞くラマダーン氏 司会者のジョークにウケているラマダーン氏
来場者と交流するラマダーン氏 ティーブレイク中も熱気は冷めない

ワークショップ概要

  • 日時:2016年9月16日(金) 14:30-17:00(14時開場)
  • 会場:東京大学東洋文化研究所 3階 大会議室
  • 使用言語:英語(通訳なし)
  • 要事前予約 islam_gender◆ioc.u-tokyo.ac.jp(◆を@に変えてご使用ください)
  • 講演:ターリク・ラマダーン(オクスフォード大学)
  • 討論:岡真理(京都大学)・鵜戸聡(鹿児島大学)
  • タイムテーブル(予定):
14:30はじめに
14:40講演 ターリク・ラマダーン 
15:20休憩
15:40討論 岡真理・鵜戸聡
16:50おわりに

ターリク・ラマダーン氏プロフィール
オックスフォード大学東洋研究所現代イスラーム学教授。ブリュッセルにあるシンクタンク「ヨーロピアン・ムスリム・ネットワーク」の代表。国際ムスリムウラマー連盟メンバー。 ジュネーブ大学で哲学およびフランス文学の修士号と、アラブ・イスラーム学の博士号を取得。欧米社会におけるイスラーム教徒や、イスラーム世界におけるイスラーム復興現象などに関する第一人者として、神学、倫理、社会正義、エコロジー、宗教間・文化間対話に至るまで、幅広いテーマで世界をまたにかけて講演を行っている。
公式ウェブサイト:http://tariqramadan.com/
  • Date & Time: Friday, September 16, 2016 2:30-5:00p.m.
  • Venue: 3rd floor, Main conference room 303, Institute for Advanced Studies on Asia, the University of Tokyo
  • Language: English (No translation)
  • Advance registration required: islam_gender◆ioc.u-tokyo.ac.jp (please replace ◆ to @)
  • Speaker: Tariq Ramadan(Oxford Univ.)
  • Discussant:Mari OKA(Kyoto Univ.), Satoshi UDO(Kagoshima Univ.)
  • Time Table
14:30Opening Remarks and Introduction
14:40Lecture of Prof. Tariq Ramadan
15:20Cofee Break
15:40Discussion by Mari OKA and Satoshi UDO
16:50Closing Remarks

Biography of Prof. Tariq Ramadan
Dr Tariq Ramadan is Professor of Contemporary Islamic Studies at Oxford University, teaching in two Faculties of Oriental Studies and Theology & Religion. He is Senior Research Fellow at St Antony’s College (Oxford) and Doshisha University (Kyoto, Japan); Visiting Professor at the Faculty of Islamic Studies, (Qatar); Director of the Research Centre of Islamic Legislation and Ethics (CILE) (Doha, Qatar) and President of the think tank European Muslim Network (EMN) in Brussels.
He holds an MA in Philosophy and French literature and PhD in Arabic and Islamic Studies from the University of Geneva. In Cairo, Egypt he received one­on­one intensive training in classic Islamic scholarship from Al­Azhar University scholars (ijazat teaching license in seven disciplines). Through his writings and lectures Tariq has contributed to the debate on the issues of Muslims in the West and Islamic revival in the Muslim world.
His research interests include the issues of Islamic legislation, politics, ethics, Sufism and the Islamic contemporary challenges in both the Muslim­majority countries and the West. He is active at both academic and grassroots levels.
He is a member of the International Union of Muslim Scholars.
Official Website: http://tariqramadan.com/

ワークショップのチラシ/Flyer of this workshop

  • 主催:日本学術振興会科学研究費基盤研究(A)イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究(代表:東京大学 長澤榮治)
  • 共催:国際文化会館/国際文化会館主催の牛場記念フェローシップにて招聘

研究会・シンポジウム企画が決定しました

採択された研究会


研究会名 「砂漠の探究者」を探して(アル=ニサーイーヤート勉強会)
代表者岡真理(京都大学) oka.mari.8r◆kyoto-u.ac.jp
◆を半角@に直してご利用ください
研究会の概要今からちょうど100年前に、エジプト社会に於ける女性とジェンダーの問題を、全身全霊を賭けて考えていたマラク・ヒフニー・ナースィフ(1886-1918)。「ヒジャーブ」「一夫多妻」等について書かれた、彼女の新聞コラムを集めた『アル=ニサーイーヤート』の原典講読を中心に、彼女がどのよう言葉でそれらのエッセイを綴っていたのかをあらためて確認することにより、その後の100年という時間に、何が変わり、何が変わらなかったのかを考える。
代表者からのメッセージ出入り自由にしたいと思います。お気軽にご参加ください。
参加条件アラビア語がある程度読めること。

研究会名 開発とトランスナショナルな社会運動
代表者鷹木恵子(桜美林大学) ktakaki◆obirin.ac.jp
◆を半角@に直してご利用ください
研究会の概要ジェンダーとは、社会・文化的な「男性らしさ」「女性らしさ」を問う概念であるばかりでなく、男女の権力関係、不平等、不公正を照射する概念であるとすれば、behaviorとともに、actionにも注目する必要があるだろう。開発は、主体が誰であれ、現状を変革しようとするactionである。この研究会では、「開発と社会公正」という大きな括りの下で、そうしたactionの一つの位相を、トランスナショナルな社会運動から捉えてみたい。女性運動の他に、さまざまな社会公正運動、イスラーム主義運動、宗教間対話運動、平和構築運動など、現代のグローバル化時代における特にそのトランスナショナルな動きの実相に迫っていきたい。
代表者からのメッセージ「開発」は多く分野と関わることから、他の研究会とも連携していければと考えています。市民活動家などのご参加も大歓迎です。
研究会開催情報2016年10月22日(土)または29日(土)に研究会を開催予定です。

研究会名 イスラーム・中東における家族・親族の再考
代表者竹村和朗(東京外国語大学) ikauzakt◆gmail.com
◆を半角@に直してご利用ください
研究会の概要イスラーム・中東には、家族や親族を表す多様な語彙が存在する。たとえば、上エジプトを調査した人類学者ニコラス・ホプキンスは、ウスラを婚姻にもとづく「家族」、バイトを居住と生計をともにする「世帯」、アーイラを「より大きな親族(集団)」と定義した[Hopkins 1987: 68]。これらの語彙は、文脈や社会状況に応じて、それぞれ意味や用いられ方が異なるはずである。本研究会では、さまざまな時代や地域を対象とする参加者が持ち寄る事例を比較検討しながら、イスラーム・中東に関わる家族・親族概念の射程と用法について再考していきたい。
代表者からのメッセージ私自身は現代エジプトに関心がありますが、異なる国や地域、時代や方法論を専門とする方のご参加をお待ちしています。それぞれが持ち寄る「家族・親族」の事例を自由闊達に議論できる場になればと思っています。

研究会名 フィールドから語るイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティ
代表者鳥山純子(日本学術振興会) junkoybn◆hotmail.com
◆を半角@に直してご利用ください
研究会の概要フィールドで日々時間を過ごす中、調査者は目の前の人々が生きるイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティを共に生きる「目撃者」となる。しかしながら、フィールドでの個人的経験はこれまで、しばしば「私的」、「親密」、なものとして、それが強烈な印象を残す出来事であっても、学術的な中心的課題として取り上げられる機会は限られてきた。とりわけ、これまでイスラーム研究をけん引してきた中東研究においてこの傾向は顕著である。  本研究会では、調査者がフィールドで直接・間接的に出会ったイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティ経験を掬い上げ、それらを直接語る経験を通じて、人々が生きる実態に沿ったイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティに迫ることを試みる。
代表者からのメッセージフィールドワークに興味のある学生や、フィールドで自らのジェンダーやセクシュアリティを突き付けられる機会の多い、女性や性的マイノリティのみなさんに広くご参加いただければと思います。性別を問わず歓迎いたします。

研究会名 イスラーム圏における「ジェンダー化された暴力/苦悩」
代表者嶺崎寛子(愛知教育大学) minesaki◆auecc.aichi-edu.ac.jp
◆を半角@に直してご利用ください
研究会の概要中東における紛争が加速度的に泥沼化した2000年代以降、イスラーム・ジェンダー研究で一際重要なのは、女性に対する暴力やトラウマ、PTSD(心的外傷後ストレス障害)にかかる研究であろう。
女性に対する暴力、特に性暴力や加害者心理については、精神医学、心理学、臨床心理学等の分野で研究が進み、文化を越えた生理的反応としてのトラウマ反応とそれが身体に与える影響が明らかになりつつある。本研究会では、これらの研究成果を踏まえつつ、イスラーム圏の暴力やそれに伴う苦悩を学際的な視点から検討する。イスラーム圏のジェンダー化された暴力は伝統文化やイスラームの文脈で理解されがちだが、本研究会ではそれを、都市化やグローバル化の影響を受けたきわめて現代的な現象として捉えたい。また暴力などが生み出す「ジェンダー化された苦悩」やそのケアについても検討する。
暴力が社会化・内面化されるプロセスや、暴力や苦悩を加速させる要因など、その社会的文脈や背景を明らかにし、「ジェンダー化された暴力/苦悩」の実態の一端を解明し、理解枠組の構築をめざす。
代表者からのメッセージ若手が自由に発言し、オープンな議論のできる出入り自由な研究会を目指します。ご関心のある方はお気軽にご連絡ください。

研究会名 国際ジェンダー規範とイスラーム
代表者本山央子(お茶の水女子大学大学院) h-motoyama◆nifty.com
◆を半角@に直してご利用ください
研究会の概要1970年代以降、国連において強化されてきた国際的なジェンダー平等規範は、世界各地で女性たちが保守的ジェンダー規範や権力構造に抵抗し、権利をかちとるうえで重要な資源を提供してきた。その一方、特に「対テロ戦争」以後は、国際ジェンダー規範がイスラーム世界を他者化し介入するための道具になっているとの批判もなされている。本研究会では、「普遍」に対するイスラームやムスリマの構築とジェンダー、またイスラーム社会における国際ジェンダー規範への反応などの検討を通して、イスラームとの関係から国際ジェンダー規範とグローバルガバナンスのあり方を批判的に問い直すことを試みる。
代表者からのメッセージ国際政治、開発とジェンダーに関心のある研究者だけでなく、現在現地で活動するNGOからなども広く実態について教えていただきたいと思っています。立場の異なる多様な参加者と、実践に意味のある知見を積み上げていきたいと思っています。

研究会名 イスラーム家族・女性関連法の運用実態の研究
代表者森田豊子(鹿児島大学グローバルセンター) zanan.kaken◆gmail.com
◆を半角@に直してご利用ください
研究会の概要イラン家族保護法の翻訳から浮かび上がってきた、法の運用実態における「婚姻(一時婚、複婚、婚資、外国人との婚姻等)」、「離婚(養育権、扶養料、ドメスティック・バイオレンス等)」、「養子縁組(相続、血統・家系・親族関係等)」、「LGBT」、「妊娠、出産、 人工妊娠中絶」、「女性の就学・就労の権利」など具体的な問題を民法や家族保護法を参照にしながら考察する。また、その成果を他国の事例と比較することで、イスラーム諸国における女性及び家族に係わる法律の運用実態の共通性と差異を明らかにする。
代表者からのメッセージ研究会にご参加を希望される場合には、必ず上記連絡先に事前にご一報ください。
研究会開催情報2016年12月11日(日)時間未定、場所:横浜市立大学
細谷幸子「現代イランの養子縁組(仮題)」