イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究

日本学術振興会科学研究費 基盤研究(A) 
研究代表者:長澤榮治  

フィールドから語るイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティ

研究会名 フィールドから語るイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティ
代表者鳥山純子(日本学術振興会) junkoybn◆gmail.com
◆を半角@に直してご利用ください
研究会の概要フィールドで日々時間を過ごす中、調査者は目の前の人々が生きるイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティを共に生きる「目撃者」となる。しかしながら、フィールドでの個人的経験はこれまで、しばしば「私的」、「親密」、なものとして、それが強烈な印象を残す出来事であっても、学術的な中心的課題として取り上げられる機会は限られてきた。とりわけ、これまでイスラーム研究をけん引してきた中東研究においてこの傾向は顕著である。  本研究会では、調査者がフィールドで直接・間接的に出会ったイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティ経験を掬い上げ、それらを直接語る経験を通じて、人々が生きる実態に沿ったイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティに迫ることを試みる。
代表者からのメッセージフィールドワークに興味のある学生や、フィールドで自らのジェンダーやセクシュアリティを突き付けられる機会の多い、女性や性的マイノリティのみなさんに広くご参加いただければと思います。性別を問わず歓迎いたします。

次回の研究会

第3回

決まり次第等サイトでお知らせします!


これまでの活動

第2回

  • 日時:2017年1月22日(日) 13:00-16:00
  • 場所:東京大学東洋文化研究所 3階 大会議室

フィールドで日々時間を過ごす中、調査者は目の前の人々が生きるイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティを共に生きる目撃者となります。しかしながら、フィールドでの個人的経験は、しばしば「私的」、「親密」、なものとして、それが強烈な印象を残す出来事であっても、学術的な文脈で中心的課題として取り上げられる機会は限られてきました。そこで本研究会では、調査者がフィールドで直接・間接的に出会ったイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティ経験を掬い上げ、それらを直接的な議論の対象としながら、人々が生きる実態に沿ったイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティに迫ることを試みます。

第二回目は、前回の研究会成果を受けた問題提起(鳥山)ののち、山本沙希さん(お茶の水女子大学博士後期課程)に、フィールド調査中に日々経験したタクシー運転手とのやりとりについて、〈性〉を切り口にした試論をご発表いただきます。山本さんの発表は、これまで、「個人的なフィールド経験」として主たる研究対象から切り落とされてきた、ご自身が経験された具体的な出来事を捉え直し、刻々と変化する関係性について議論を試みる非常に刺激的なご報告です。第一回目にご参加いただけなかった方々も、どうか振るってご参加ください。

  • タイムテーブル
13:00-13:40前回の成果から振り返る本研究会の目的:「セクシュアリティというトリックスターの可能性」
鳥山純子(日本学術振興会)
13:40-14:00質疑応答
14:00-14:40 発表: 「男性タクシー運転手による〈性〉実践―現代アルジェリア都市部におけるフィールドワークの経験から」
山本沙希(お茶の水女子大学博士後期課程)
14:40-15:00 質疑応答
15:00-15:50 本研究会の可能性についておよび今後の方針についての全体討論
15:50-16:00次回研究会のお知らせ
 
 

第1回

  • 日時:2016年12月10日(土) 13:00-16:00
  • 場所:東京大学東洋文化研究所 8階 804号室
  • タイムテーブル
13:00-13:20研究会の概要:「今、イスラーム、ジェンダー、セクシュアリティをフィールドから考える意義」
鳥山純子(日本学術振興会)
13:20-13:40参加者自己紹介
13:40-14:10話題提供:「パレスチナのフィールド体験から見たイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティ」(仮題)
藤屋リカ(慶應大学)
14:10-15:00全体討論
15:00-15:15休憩
15:15-15:40研究発表:「ピンク・ウォッシング イスラエルの性的少数者の包摂とナショナリズム」
保井啓志(東京大学大学院)
15:40-15:55全体討論
15:55-16:00次回研究会のお知らせ