イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究

日本学術振興会科学研究費 基盤研究(A) 
研究代表者:長澤榮治  

おしらせ

2018年度全体集会「共生とマイノリティ」が2018年6月23日に開催されます。多くの方のご参加をお待ちしております。(予約不要)

 

イベント予定

公募研究会「開発とトランスナショナルな社会運動」第8回

日時:2018年5月27日(日)13:00-17:00
場所:東京大学東洋文化研究所 3階 第一会議室

研究会「日本の家族法における子どもの権利(仮)」 

日時:2018年7月28日(土)14:30-17:00
場所:横浜市立大学 YCUスクエア 大学院講義室3

イベント開催記録 (=開催報告あり)

(4/21)公募研究会「開発とトランスナショナルな社会運動」第7回

高橋 圭氏(日本学術振興会特別研究員RPD/上智大学)、山口 匠氏(東京大学大学院総合文化研究科)による報告が行われました。

(4/5)国際ワークショップ「イスラームのスピリチュアリティにおける女性 ― アラーウィー・スーフィー教団の事例 ―」

セッティ・G.・シモン=コドゥス氏(元ユネスコ学芸員・アラーウィー教団ファキーラ)による報告が行われました。

(4/5)イスラーム・ジェンダー学の未来に向けて:若手報告会1「表現への挑戦」

木原悠氏(お茶の水女子大学・院)、木下実紀氏(大阪大学・院)、賀川恵理香氏(京都大学・院)による報告が行われました。

(3/31)「フィールドから語るイスラーム、ジェンダー、セクシュアリティ研究会」第3回

伊東聰氏(AL-QASAS株式会社)による報告がありました。

(3/25)研究会「イスラーム相続法とジェンダー平等をめぐる議論」

小野仁美氏(神奈川大学)、森田豊子氏(鹿児島大学)による報告、小林寧子氏(南山大学)によるコメントがありました。

(3/10)「「砂漠の探究者」を探して―女性たちと百年」第7回

読書会(レジュメ担当:木原悠(お茶の水女子大学・院)、コメント:後藤絵美氏(東京大学))のほか、松尾有里子氏(東京大学)による報告が行われました。

(3/2)国際ワークショップ 「ジェンダーからみた現代イランのホワイトヒジャーブ運動-ソーシャルメディアと社会運動の新たなつながり」

コウ・ギヨン氏 (ソウル国立大学西アジアセンター、研究員)による報告、本山央子氏(お茶の水女子大学・院)によるコメントがありました。

(2/24)「開発とトランスナショナルな社会運動」第6回

中西久枝氏(同志社大学)、鷹木恵子氏(桜美林大学)による報告が行われました。

(1/22)【共催】「イランにおける先端生殖医療が家族や親族にもたらしている影響~第三者のかかわる生殖医療の事例から~」

大雪のため中止となりました。お越しくださった皆様にはお詫びいたします。

(12/6)【共催】「アジアを知る:映画『離散の旅』から

東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワークおよび中東映画研究会の主催により、映画『離散の旅』上映会と岡真理氏(京都大学)によるコメントがありました。

(12/3)「「砂漠の探究者」を探して―女性たちと百年」第6回

読書会(レジュメ担当:賀川恵理香氏(京都大学・院)、コメント:飯塚正人氏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所))のほか、野中葉氏(慶応義塾大学)による報告が行われました。