東文研セミナーの記録

東文研セミナー


2002年度

このページのトップへ


2003年度

開催日 タイトル 報告者 企画(班) 担当
2003/07/02 The Lineage outside the Pearl River Delta: Reflections on Recent Wanderings in China Dr.David Faure (St. Antony's, Oxford, 東大法学研究科客員教授)   黒田
2003/07/03 Tea for Europe: Social Structure and Economic Organizations of a Javanese Tea Plantation, 1870s - 2000s Pujo Semedi(東洋文化研究所客員研究員、国際交流基金ポストドクトラル・フェロー、インドネシア国立ガジャマダ大学文学部講師) 東文研先端地域研究プロジェクト 「砂糖・コーヒー・米 (SCOR)研究会」および班研究「東南アジア近現代史像の再検討」  
2003/07/04 U.S. Strategy for the 21st Century: The Rise of the American Empire Charles A. Kupchan(Associate Professor, Georgetown University) 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2003/07/17 東亜研究所第六調査委員会による支那都市不動産慣行調査報告書について 加藤雄三(総合地球環境学研究所助手、東洋文化研究所非常勤講師) 東洋文化研究所班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」  
2003/09/18 北京近況あれこれ —SARS下の街の実情— 橋本秀美  
2003/10/07 イスラエルのパレスチナ人の現況 アフマド・H・サァディー(イスラエル、ベン・グリオン大学)   長沢
2003/10/16 アジア諸社会におけるエリートのネットワークと文化表象−−比較研究の試み−− An Archaeological Observation of Liao Elite Art and Culture Dr. Xiaoneng Yang (Nelson-Atkins Museum of Art) 東洋文化研究所・資料情報研究プログラム「アジア諸社会におけるエリートのネットワークと文化表象−−比較研究の試み−−」 板倉
2003/10/18 中国明清におけるエリート・ネットワーク 大木康(東洋文化研究所)、山本英史(慶應義塾大学) 東洋文化研究所・資料情報研究プログラム「アジア諸社会におけるエリートのネットワークと文化表象−−比較研究の試み−−」 大木
2003/10/23 民俗学、人類学の現在 菅豊、名和克郎   菅・名和
2003/11/06 合評会:熊遠報『清代徽州地域社会史研究:境界・集団・ネットワークと社会秩序』     黒田
2003/11/13 中国甘粛古オアシス調査記 加藤雄三(総合地球環境学研究所助手、東京大学東洋文化研究所非常勤講師) 広域連携研究プログラム「アジア的人間ー環境系モデルの構築とその実践的検討」、東洋文化研究所班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」
2003/12/04 アジアにおける仏教美術研究 稲本泰生(奈良国立博物館学芸課教育室長)、増記隆介(大和文華館学芸部部員) 東洋文化研究所研究班「仏教美術に関する資料収集と比較研究」 板倉
2003/12/08 Re-imagining Historiography in Asia Sanjay Seth (La Trobe University, Australia)、John Torpey (University of British Columbia, Canada) & Daqing Yang (George Washington University, USA) 明治学院大学国際学部付属研究所・東京大学東洋文化研究所共催セミナー 中里
2003/12/11 作品を生み出し享受する「場」 板倉聖哲(東洋文化研究所附属東洋学研究情報センター)、榎本渉(東洋文化研究所東アジア歴史部門助手)、高橋範子(正木美術館主任学芸員) 東洋文化研究所研究班「仏教美術に関する資料収集と比較研究」 板倉
2003/12/18 板垣雄三先生を囲んで—共同研究について思うこと— 板垣雄三先生(東洋文化研究所名誉教授)    
2004/01/15 民俗学、人類学から読む大木康「馮夢龍『山歌』の研究」(主として前半部分) 菅豊、名和克郎、大木康   黒田
2004/01/22 インドネシア憲法改正をめぐって 高地薫    
2004/02/05 仏領インドシナの建築・都市 大田省一    
2004/03/01 6者協議を分析する––北朝鮮問題の行方 伊豆見元(静岡県立大学国際関係学部教授) 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2004/03/04 『一国二制度』の意味再考:国民統合の視点から 林泉忠(琉球大学法文学部助教授) 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2004/03/06 最近のパレスチナ問題について ハリール・シカーキー博士(パレスチナ政策分析センター所長) 東洋文化研究所班研究「中東の社会変容と思想運動」 長沢
2004/03/24 Taiwan's Presidential Election and International Politics in East Asia Wang Jianwei, Professor of Political Science, University of Wisconsin-Stevens Point 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2004/03/27 Print, Language and Literature in Colonial India (植民地期インドの出版、言語、文学) A.R.Venkatachalapathy(Madras Institute of Development Studies)、Anindita Ghosh (University of Manchester) 科研プロジェクト「アジア諸社会におけるエリートのネットワークと文化表象:比較研究の試み」 中里
2004/03/31 The Challenge of Defending Democracy in Nepal Surya Subedi, Professor of International Law and Head of the Centre for Legal Research at Middlesex University, London 東洋文化研究所班研究「南アジア北部における人類学的研究の再検討」 名和

このページのトップへ


2004年度

開催日 タイトル 報告者 企画(班) 担当
2004/04/22 合評会 名和克郎『ネパール、ビャンスおよび周辺地域における儀礼と社会範疇に関する民族誌的研究 —もう一つの<近代>の布置』     名和・黒田
2004/05/21 Wartime Shanghai: A reinterpretation? Prof. Christian Henriot(Directeur scientifique adjoint Departement des Sciences de l'Homme et de la Societe Centre National de la Recherche Scientifique (CNRS))    
2004/05/25 A Presentation of the Project: 'A Critical and Descriptive Bibliography of Official Handbooks in Late Imperial China' Pierre‑Étienne Will (Collège de France)   黒田
2004/05/27 アジア・アフリカの貧困と開発の再検討 後藤玲子(立命館大学)、野上裕生(アジア経済研究所)   池本
2004/06/10 宋元交替期における日中間の人的交流 榎本渉    
2004/06/17 合評会 加納啓良『現代インドネシア経済史論』
  加納・黒田
2004/06/30 The Real and Ideal Hunt in Persian Painting Sheila Canby (Curator in the Department of Oriental Antiquities, The British Museum)   羽田
2004/07/02 アジア・アフリカの貧困と開発の再検討 松井範惇(山口大学)、坪井ひろみ(山口大学)   池本
2004/07/08 現今中国社会での急速な世代交代について 尾崎文昭   尾崎
2004/07/12 アジア太平洋地域問題における中日協力 楊伯江(中国現代国際関係研究院 北東アジア研究室長)、徐国雄(中国現代国際関係研究院 研究プロジェクト協力部部長)、馬俊威(中国現代国際関係研究院 北アジア研究室副室長)、孫建紅(中国現代国際関係研究院 国際交流室北東アジア担当) 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」 田中
2004/07/14 Javanese Peasants in History Prof. Dr. Suhartono(ガジャマダ大学文学部歴史学科教授 東洋文化研究所客員研究員) 東洋文化研究所班研究「東南アジア近現代史像の再検討」  
2004/07/15 清朝初期における監候死罪案件の処理について 赤城美恵子(東北大学助手、東洋文化研究所非常勤講師) 東洋文化研究所班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」  
2004/07/16 SAARCの現状と展望(SAARC=南アジア地域協力連合) 水野光朗(名城大学理工学部 非常勤講師、愛知大学国際問題研究所 客員研究員) 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2004/09/21 Strategic Situation in Northeast Asia Yan Xuetong 閻学通(Professor and Director Institute of International Studies, Tsinghua University 清華大学国際問題研究所所長) 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2004/09/24 地方政府の公共政策過程と住民参加 中日の比較を通して 李春光(中国社会科学院日本研究所研究室副主任、東洋文化研究所外国人研究員) 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2004/09/28 The Emperor Akbar’s Grief: Politics and Two Early Mughal Tombs Anthony Welch (Professor, the Department of History in Art, University of Victoria, British Colombia, Canada)、荒松雄(東洋文化研究所名誉教授)   桝屋
2004/09/30 Politics and Literature in Late Colonial Indonesia:Abdoe'lxarim M.s. and the Islamic Novelette "Hadji Dadjal" (1941) William Bradley Horton(ミシガン大学大学院博士課程) 東洋文化研究所班研究「東南アジア近現代史像の再検討」  
2004/10/08 「ジャワの茶農園視察メモから(続)」、「インドネシアの砂糖、米密輸入問題」、「インドネシアのコーヒー事情」 久米高史(東京大学)、加納啓良(東京大学)、三本木一夫(神戸熱帯農業研究所) 文部科学省・科学研究費(基盤研究A)「砂糖・コーヒー・米にみる20世紀の大衆消費展開とアジア輸出経済の変容」(通称:砂糖・コーヒー・米研究会[SCOR研究会]) 加納
2004/10/21 南アジアの都市搾乳業(Urban Dairying)をめぐる諸問題 −パキスタンとインドの比較研究− 中里亜夫(福岡教育大学・東京大学内地研究員)    
2004/11/04 ケイパビリティ・アプローチ入門 アルン・アブラハム博士(ペンシルバニア大学)   池本
2004/11/05 インドネシア・スハルト体制初期の大統領と議会——「新秩序」の主導権をめぐる水面下の権力闘争 増原綾子(東京大学大学院総合文化研究科博士課程) 東洋文化研究所班研究「東南アジア近現代史像の再検討」 加納
2004/11/28 アジア・エリートの比較社会史−−近代を中心に−− 中里成章(東洋文化研究所)、秋葉淳(千葉大学文学部)、川島真(北海道大学法学部)、宮嶋博史(成均館大学校東アジア学術院) 「資料情報研究プログラム」及び科研プロジェクト(基盤研究A)「アジア諸社会におけるエリートのネットワークと文化表象−比較研究の試み−」 中里
2004/12/10 正倉院楽器の諸問題 内藤榮(奈良国立博物館工芸考古室長) 東洋文化研究所班研究「仏教美術に関する資料収集と比較研究」 板倉
2004/12/16 清代秋審における趕入について 赤城美恵子(東北大学助手、東洋文化研究所非常勤講師) 東洋文化研究所班研究「中国固有法史研究、中国近代法史研究及び中国現代法研究の総合の試み」 高見澤
2005/01/28 「モーリシャスの糖業事情」、「ベトナムのコーヒー産業現地調査を終えて」 久米高史(東京大学)、池本幸生(東京大学) 文部科学省・科学研究費(基盤研究A)「砂糖・コーヒー・米にみる20世紀の大衆消費展開とアジア輸出経済の変容」(通称:砂糖・コーヒー・米研究会[SCOR研究会]) 加納
2005/02/03 開国の思想的衝撃と遺産 平石直昭(東京大学社会科学研究所・教授) 新分野開拓研究プログラム「アジア諸文化間の多元的共生を求めて−過去から未来へ」 尾崎
2005/02/20 Tibetan-Sanskrit 構文対照電子辞書構築プロジェクト eDic 理念・概要・現状・展望等 鈴木隆泰(山口県立大学・助教授)   永ノ尾
2005/02/24 歌う裁き ミャオ族「理詞」に現れる裁判の実像 徐暁光(貴州民族学院民族法学研究所) 東洋文化研究所班研究「中国固有法史研究、中国近代法史研究及び現代中国法研究の総合の試み」  
2005/03/23 独占されない暴力——インドネシアにおける公権力と社会権力 今村祥子(東京大学大学院法学政治学研究科博士課程) 東洋文化研究所班研究「東南アジア近現代史像の再検討」 加納
2005/03/25 中国撰述経典『仁王般若波羅蜜経』の護国思想とインドの宗教文献における平行現象 小菅陽子(東京大学大学院人文社会系研究科・大学院生)   永ノ尾
2005/03/28 Modern Western Thought and Late Ottoman Intellectuals Dr.M.Sait Ozervarli(Associate Professor, Center for Islamic Studies (ISAM),Istanbul)   森本

このページのトップへ


2005年度

開催日 タイトル 報告者 企画(班) 担当
2005/04/14 Aryan Problems and Hindu Nationalism Prof. Michael Witzel(The Department of Sanskrit and Indian Studies, Harvard University)   永ノ尾
2005/04/15 北朝鮮核開発問題と6カ国協議 李秀赫(韓国・前外交通商部次官補(六カ国協議韓国前代表)、現 慶應義塾大学法学部訪問研究員) 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2005/04/18 Multiple Modernities Implications of the Rise of "Confucian" East Asia Prof. Tu Weiming(杜維明)(The Director of Harvard-Yenching Institute)   大木・尾崎
2005/05/12 タイと日本の経営管理職者のキャリア形成 藪下ネーナパー(東洋文化研究所助手)    
2005/06/06 熱帯雨林をどう守るか:持続可能なコーヒー栽培のための認証制度について考える サブリナ・ビジランティ(Rainforest Alliance)
池本
2005/06/23 世界農産物貿易と途上国経済に関する世銀報告書の検討 久米高史(東洋文化研究所)、髙橋昭雄(東洋文化研究所)、加納啓良(東洋文化研究所) 東洋文化研究所班研究「米・砂糖・コーヒーから見た現代アジア経済史」 加納
2005/06/30 Morocco and the Sublime Porte in XVIII Century: Inter-Islam Connections. Prof. Dr. Abderrahim Benhadda(ムハンマド五世大学教授;東京外大AA研客員教授)   森本
2005/07/07 合評会 丘山新・丘山万里子著『アジアの幸福論』 丘山新(東洋文化研究所)、丘山万里子(音楽評論) 東洋文化研究所新分野開拓研究プログラム「アジア諸文化間の多元的共生を求めて」 関本
2005/07/14 土地をめぐる「旧慣」と『台湾私法』ーー不動産権部分のテキスト批判を手がかりにーー」 西英昭(京都大学大学院法学研究科研究員、東京大学東洋文化研究所非常勤講師) 東洋文化研究所班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」 高見澤
2005/07/22 Role of Force in Asian politics: Reducing or increasing in salience? Dr.Muthiah Alagappa(Director, East-West Center Washington) 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2005/09/13 Access to Justice During the Civil Conflict in Nepal Sushma Joshi(ジャーナリスト、映像作家) 東洋文化研究所班研究「南アジア北部における人類学的研究の再検討」、共催:東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム、共催:科学研究費補助金(基盤研究(A)(2))「グローバリゼーション下における地域形成と地域連関に関する比較研究」 名和
2005/11/07 タイの砂糖生産と旧ビルマの米輸出 山本博史(茨城大学)、髙橋昭雄(東京大学) 東洋文化研究所班研究「米・砂糖・コーヒーから見た現代アジア経済史」、先端地域研究プログラム(SCORT研究会)との共催 加納
2005/11/14 オスマン帝国支配下のアルバニア フェリット・デュカ(アルバニア科学アカデミー教授、 歴史研究所副所長)   鈴木薫
2005/11/24 『世界のイスラーム建築』から考える 深見奈緒子(東京大学東洋文化研究所非常勤講師)   桝屋
2005/12/07 地域をつなぐ:なぜ地域研究者が東ティモールのコーヒーを売り歩いているのか 阿部健一(国立民族学博物館・地域研究企画交流センター助教授)   池本
2005/12/08 中華民国法政研究会についてーー我妻榮先生未完の草稿『中華民国民法物権編(下)』解題ーー 西英昭(京都大学大学院法学研究科研究員、東洋文化研究所非常勤講師) 東洋文化研究所班研究「中国固有法史研究、中国近代法史研究及び現代中国法研究の総合の試み」 高見澤
2005/12/26 哲学からみたセン−<権利目的説>と<厚生判断の情報的基礎>— 広瀬巌(オックスフォード大学フェロー)   池本
2006/01/13 中国社会の新社会階層について 李春光(中国社会科学院日本研究所研究室副主任、東洋文化研究所外国人研究員) 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2006/01/19 The Market Economy and Entrepreneurship in Kyrgyzstan after the Dissolution of the Soviet Union セイフッラー・チェヴィク教授(キルギス=トルコ・マナス大学長)    
2006/01/26 Culture matérielle du monde chinois et artefacts comestibles(中国世界の物質文化と食用加工品) フランソワーズ・サバン/Françoise Sabban(フランス社会高等研究院教授、日仏会館館長)   羽田・黒田
2006/01/27 3つの海外調査の成果報告 加納啓良(東京大学)・三本木一夫(神戸熱帯農業研究所)・池本幸生(東京大学)、久米高史、宮田敏之 東洋文化研究所班研究「米・砂糖・コーヒーから見た現代アジア経済史」、先端地域研究プログラム(SCORT研究会)との共催 加納
2006/01/30 オスマン朝期アナトリアの遊牧民とキルギス遊牧民に関する若干の比較考察 イルハン・シャーヒン教授(キルギス・トルコ・マナス大学文学部長)   鈴木薫
2006/02/04 「オスマン史研究と古文書史料の利用」、「オスマン史の文字史料と口述史料」 ミュジュテバ・イルギュレル教授(マルマラ大学)、イルハン・シャーヒン教授(キルギス・トルコ・マナス大学)   鈴木薫
2006/02/10 Beyond Eurocentrism: Reexamining Cultural Discourse Strategies to Overcome Eurocentrism in the Context of Polycentric Multiculturalism 姜正仁(Professor, Department of Political Science Sogang University) 東洋文化研究所班研究「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2006/02/11 民俗学の論点2005 菅豊(東京大学)、南根祐(韓国学中央研究院)、周星(愛知大学)、Hoyt Long(ミシガン大学) 東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法論的課題」
2006/02/15 アルジャイ石窟の興亡から見たモンゴルの仏教信仰の歴史的変遷 楊海英(静岡大学人文学部助教授)   永ノ尾
2006/02/22 Cultural Diversity: Key to Future Relations of the West with the Third World マフディ・エルマンジェラ教授(モロッコ・ムハンマド5世大学教授/元ユネスコ事務局次長) 東洋文化研究所班研究「中東の社会変容と思想運動」 長澤
2006/02/23 「聖人」は幸福か —— 儒学における善と幸福 渡辺浩 東洋文化研究所「新分野開拓研究プログラム」 尾崎
2006/02/25 Democracy Derailed: What Next for Nepal Dr.Krishna Hachhethu(Tribhuvan大学Centre for Nepal and Asian Studies) 東洋文化研究所班研究「南アジア北部における人類学的研究の再検討」 名和
2006/03/11 Palaces, Cities, and Landscapes: Topographical Themes in Early Modern Persian Poetry. Paul E. Losensky氏(インディアナ大学中央ユーラシア学科準教授) 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所「イスラーム写本・文書資料の総合的研究」プロジェクトと科研費基盤研究「アジア諸社会におけるエリートのネットワークと文化表象」との共催 森本
2006/03/15 Court and Power in the Mughal and the Ottoman Empires: A Comparative Perspective ルビー・ラール (Ruby Lal) 博士   中里

このページのトップへ


2006年度

開催日 タイトル 報告者 企画(班) 担当
2006/04/11 中国の物質文化と食料加工品(Culture matérielle du monde chinois et artefacts comestibles) Françoise Sabban(フランス社会高等研究院教授、日仏会館フランス学長)    
2006/04/16 哲学からみたセン(Ⅱ) 若松良樹(成城大学教授)、広瀬 巌(オックスフォード大学フェロー)   池本
2006/05/10 Women in Coffee Leadership 〜コーヒー産業と女性のリーダーシップ〜(第5回コーヒーサロン) Margaret Swallow(アメリカ CQI専務理事)、Lorena Calvo (グアテマラ、Finca Bohemia農園主) 、Dania Alvarez (ニカラグア、CISA Exportadora社長) 、Trish Skeie (アメリカ、ZOKAコーヒー 取締役) 、Ruth Elizondo (ニカラグア、Casa del Cafe S.A.代表) コーヒーサロン, 東洋文化研究所班研究「アジアの食文化と開発と地域」 池本
2006/05/15 Ottoman Social and Economic History and Its Sources: Sources for the Study of the 17th Century Istanbul Guilds 李恩廷(ソウル大学 専任講師) 日本学術振興会科研費プロジェクト「中東コア地域の政治社会に関する基本資料データベース構築に向けての基礎調査」 鈴木薫
2006/05/31 Learning to listen ethnographically Michael Silverstein (the University of Chicago) 東洋文化研究所 研究企画委員会,現代人類学研究会との共催 名和
2006/06/05 国連食糧農業機関統計データベース(FAOSTAT2005)に見る米・砂糖・コーヒー 加納啓良(東京大学) 東洋文化研究所班研究会「米・砂糖・コーヒーから見た現代アジア経済史」 加納
2006/06/08 中国における少数民族教育:国家統合・近代化・経済格差 周飛帆 (千葉大学 国際教育開発センター助教授) 汎アジア研究会 池本
2006/06/15 新風を注ぐ!—新任助手の方々による研究発表会— 馬場紀寿、大川謙作、山内文登 東洋文化研究所 研究企画委員会  
2006/06/22 オーストラリアの米作調査から 髙橋昭雄(東京大学) 東洋文化研究所班研究会「米・砂糖・コーヒーから見た現代アジア経済史」、先端地域研究プログラム(SCORT研究会)との共催 加納
2006/06/29 Persian Historical Writing During the Last Safavids: A Survey of the Sources. マンスール・セファトゴル博士(Mansur Sefatgol. テヘラン大学人文学部助教授;東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所客員教授)
森本
2006/07/05 「中国の少数民族教育について —モンゴル民族教育の教育内容を中心として—」、「ドイモイ期ベトナムにおける少数民族教育エリートの進学選抜システム—北部ベトナムにおける少数民族大学生の集団構造と「少数民族」認識—」 ハスゲレル(首都大学東京大学院 人文科学研究科教育学専攻)、伊藤未帆(東京大学大学院 総合文化研究科地域文化研究専攻) 汎アジア研究会 池本
2006/07/06 歴史とは何か?:What is History − Case of South East Asia−? Rudolf Mrazek (University of Michigan)、Philip Yampolsky (Ford Foundation)   羽田
2006/07/11 コーヒーとバイオの世界(第6回コーヒーサロン) 安田武司(神戸大学名誉教授、大手前栄養学院・教授) コーヒーサロン, 東洋文化研究所班研究「アジアの食文化と開発と地域」 池本
2006/07/12 台湾日本統治期裁判文書 王泰升(国立台湾大学教授) 東洋文化研究所班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」 高見澤
2006/07/13 台湾法の調べ方 西英昭(京都大学大学院法学研究科研究員、東京大学東洋文化研究所非常勤講師) 東洋文化研究所班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」 高見澤
2006/08/17 阿しゅく仏と阿弥陀仏の役割の相違 佐藤直実 eDic プロジェクトの研究会 永ノ尾
2006/10/16 ハワイ糖業とアメリカ市場 久米高史(埼玉工業大学) 東洋文化研究所班研究「米・砂糖・コーヒーから見た現代アジア経済史」、先端地域研究プログラム(SCORT研究会)との共催 加納
2006/11/04 律蔵と経典 八尾史 eDic研究会 永ノ尾
2007/01/12 医療について哲学は何が言えるか 広瀬巌(ハーバード大学 Program in Ethics & Health フェロー)   池本
2007/02/13 「ハワイ糖業再論」、「戦後初期から1950年代のビルマの米輸出」、「20世紀アジアにおける砂糖、米、コーヒー」 久米高史(埼玉工業大学)、水野明日香(アジア大学)、加納啓良(東京大学) 東洋文化研究所班研究「米・砂糖・コーヒーから見た現代アジア経済史」 加納
2007/02/17 向達的敦煌考察与他的《敦煌余録》 栄新江   丘山
2007/03/09 "From a totalitarian regime to democracy: contemporary Romanian historiography and textbooks on the Romanian history in the Ottoman period"/ "16.-19.yuzyillarda Osmanli-Romen iliskileri uzerinde yeni belgeler(16-19世紀オスマン・ルーマニア関係に関する新文書)" Prof. Dr. Mihai Maxim (University of Bucharest, Director of Romanian Cultural Institute "Dimitrie Cantemir" in Istanbul)   鈴木薫
2007/03/12 「インディラ・ガンジー国立芸術センターについて」、「サンスクリット写本研究の概観」 矢野道雄(京都産業大学教授)、片岡啓(九州大学助教授)   永ノ尾
2007/03/17 Workshop on "Chronic Poverty in Bangladesh" Motiur Rahman (University of Dhaka)、Mohammad Ehsanul Karim (University of Dhaka)、Matsui Noriatsu, (Yamaguchi University)   池本
2007/03/23 Ethnic Autonomy for Sustainable Peace in Nepal: A Case of Nepa Mandala (Newar Autonomy) Dr Pancha N. Maharjan (Associate Professor at CNAS, Tribhuvan University, Visiting Scholar at Hiroshima University) 東洋文化研究所班研究「南アジア北部における人類学的研究の再検討」 名和

このページのトップへ


2007年度

開催日 タイトル 報告者 企画(班) 担当
2007/04/10 "Seljuqid History Seen by Saladin's Secretary, al-Katib Imad al-Dinal-Isfahani.", "Isfahan under the Saljuqs (XI-XIIth c.): A Reassessment of the Turkish Domination in Iran." Retsu Hashizume (Ph.D. Student, Univ. of Tokyo),  Osamu Otsuka (Ph.D. Student, Univ. of Tokyo), Dr. David Durand-Guedy (Institut Francais de Recherche en Iran; CNRS Unit≪Islam medieval≫)   森本
2007/05/23 モンゴルにおける漢人移民社会の宗教とその施設 包慕萍(東京大学生産技術研究所協力研究員・法政大学兼任講師・瀋陽建築大学客員教授)   桝屋
2007/06/14 長江下流域における新石器時代中・後期の遺跡紹介 小寺敦(東洋文化研究所)    
2007/07/18 コンサベーション・コーヒー:コーヒー生産地の生物多様性保全と生計向上を目指す(第9回コーヒーサロン) 日比保史、山下加夏(:コンサベーション・インターナショナル) コーヒーサロン、東洋文化研究所班研究「アジアの食文化と開発と地域」 池本
2007/07/19 琉球史研究と食文化−鰹節を例として− 渡辺美季(日本学術振興会特別研究員、琉球史) 東洋文化研究所班研究「アジアの食文化」 池本
2007/07/24 米・砂糖・コーヒーから見た現代アジア経済史 加納啓良(東京大学) 東京大学東洋文化研究所研究企画委員会,先端地域研究プログラム(アジアの脱植民地化と伝統的産業の再編成)との共催 加納
2007/09/14 合評会 笹川裕史・奥村哲『銃後の中国社会:日中戦争下総動員と農村』     黒田
2007/09/15 合評会 宮澤知之『中国銅銭の世界—銭貨から経済史へ』   科研特定領域研究「東アジア海域交流」貨幣論班 黒田
2007/09/18 No Change, No Gain: A Case of Myanmar Agricultural Policies Dr. Tin Soe(ミャンマー、ヤンゴン経済大学、通信大学元教授)   髙橋
2007/10/04 合評会 安冨歩・本條晴一郎『ハラスメントは連鎖するー「しつけ」「教育」という呪縛』     黒田
2007/11/29 Religious Reformation as Cultural Revolution: the Early English Reformation and the Meiji Policy of Shinbutsu Bunri 関守ゲイノー   黒田
2007/12/18 The System of Coinage in Mughal India Om Prakash (デリー大学元教授) 「中近世東アジア貨幣史の特殊性、共時性とその貨幣論的含意」(文科省特定領域研究「東アジアの海域交流と日本伝統文化の形成」) 黒田
2007/12/21 Post Tsunami Reconstruction of Aceh Dr.Asna Husin(Director of Peace Education Program in Aceh)   鎌田
2008/01/15 17代韓国大統領選挙の分析と新政権の政策展望 孫基燮(東京大学東洋文化研究所外国人研究員) 東洋文化研究所班研究会「東アジア・東南アジアをめぐる主要国間の国際政治」  
2008/03/01 東アジア中近世移行期の貨幣事情 鹿毛敏夫、須川英徳、 文科省特定領域研究 東アジアの海域交流と日本伝統文化の形成 「中近世東アジア貨幣史の特殊性、共時性とその貨幣論的含意」 黒田

このページのトップへ


2008年度

開催日 タイトル 報告者 企画(班) 担当
2008/05/26 How did Muhammad -- against all odds -- overcome the Jews of Arabia? PROFESSOR MICHAEL LECKER (Professor of Arabic Language and Literature, the Hebrew University;Visiting Associate, Institute of Oriental Culture [Tobunken], University of Tokyo)   森本
2008/05/27 シルクロード上の交易都市ジュガとアムステルダム−資本移動と異文化交流− エリザベト・タジリヤン(アルメニア科学アカデミー歴史研究所) 東京大学東洋文化研究所 研究企画委員会,日本アルメニア友好協会との共催 羽田
2008/06/23 The beginning of Jingdezhen blue-and-white in the 14th century 施靜菲博士(国立故宮博物院器物處学芸員)   桝屋
2008/07/05 イラクにおける民主的国家形成のための制度を巡る議論(仮題) 吉岡明子(日本エネルギー経済研究所中東研究センター研究員) NIHUプログラムイスラーム地域研究 東京大学拠点「中東民主化研究班」 長沢
2008/07/09 コーヒーハンター:サステイナブル・コーヒーを求めて 川島Jose 良彰 氏(日本サステイナブル コーヒー協会理事長) コーヒーサロン、東洋文化研究所班研究「アジアの食文化と開発と地域」 池本
2008/07/10 漢字/帝国:文字の歴史人類学へ向けて 中谷一(マギル大学助教授、美術史・コミュニケーション学科、東アジア学科兼任)   名和
2008/07/22 東南アジアのオイルパームー—研究課題と方法 / 東南アジアにおけるヤトロファ栽培の現状 加納啓良(東京大学東洋文化研究所)、三本木一夫(神戸熱帯農業研究所) 東洋文化研究所班研究会「特産品とその消費の変容から見た現代アジア経済史」、先端地域研究プログラム「アジアの脱植民地化と伝統的産業の再編成」 加納
2008/10/20 Poetry in the Pali Canon Dr. Margaret Cone   馬場
2008/11/12 From Condemnation to Strategic Partnership: Explaining Japan's Rising Interest in India Professor Purnendra Jain, Centre for Asian Studies, Adelaide University, AUSTRALIA   田中
2008/11/25 A DPP perspective on domestic and Cross-Strait policy challenges for Taiwan Ms. Hsiao Bi-khim, former member of the Legislative Yuan, Democratic Progressive Party, Taiwan   田中
2008/11/26 The Urban/Local Elite in Pre-Modern Middle Eastern Societies David Durand-Guedy博士(東洋文化研究所・外国人研究員)   森本
2008/12/09 Surviving the Wall:占領下パレスチナの社会と文化第一回 アリー・クレイボ博士(アル・クドゥス大学) イスラーム地域研究プロジェクト東大拠点 長沢
2008/12/15 "Painting the Invisible World: Literary and Theatrical Perspectives on Luo Ping's 羅聘 Ghost Amusement Handscroll 鬼趣図"(見えない世界を描く−文学的・演劇的視点からみる羅聘の鬼趣図−) Judith Zeitlin(シカゴ大学教授) 資料情報研究プロジェクト 大木
2008/12/19 Surviving the Wall:占領下パレスチナの社会と文化 セミナー第二回 アリー・クレイボ博士(アル・クドゥス大学) イスラーム地域研究プロジェクト東大拠点 長沢
2008/12/22 Aesthetic Connection versus Cultural Differentiation:Comparing Islamic and Western Art Dr. Valérie GONZALEZ (History of Islamic Art, University of Richmond, VA)   桝屋
2009/01/13 The Shaiva Age: An Explanation of Rise and Dominance of Shaivism during the Early Medieval Period Alexis Sanderson (Oxford University, All Souls College, Professor)   永ノ尾
2009/01/14 The Modification of the Twelve-Animal Cycle in the Timurid Period Yoichi ISAHAYA (Ph.D. student, University of Tokyo)   森本
2009/01/23 近世領邦国家における貨幣と信用の比較 多和田雅保、名城邦夫 「中近世東アジア貨幣史の特殊性、共時性とその貨幣論的含意」第13回研究会(文科省特定領域研究「東アジアの海域交流と日本伝統文化の形成」) 黒田
2009/02/04 インド仏教研究の新たなアプローチ—新発見サンスクリット写本とコータン語文献— リタ・ペピーナ氏(ノルウェー大学大学院)、ジュリアーナ・マルティーニ氏(ナポリ大学大学院)   馬場
2009/02/23 Poetry and Music in Persian Culture Mohammad Rasooli (イラン音楽;ポーランド在住)、Maria Pomianowska(ポーランド、アジアの弦楽器)   森本
2009/02/24 ブルガリアにおけるオスマン古文書史料について エヴゲニー・ラドゥシェフ(トルコ・ビルケント大学) 文部科学省「人文学および社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業」東洋文庫拠点公募研究との共催 鈴木薫
2009/02/25 第14回コーヒーサロン「コーヒーと残留農薬」 石脇 智広 氏(石光商事株式会社 研究開発室長) コーヒーサロン, 東洋文化研究所班研究「アジアの食文化と開発と地域」 池本
2009/03/05 1910年代後半日本帝国における砂糖産業の一断面、 インドネシアのオイルパーム関係企業−−データベースの分析 大澤篤(東京大学大学院経済学研究科博士課程)、 加納啓良(東京大学東洋文化研究所) 東洋文化研究所班研究会「特産品とその消費の変容から見た現代アジア経済史」、先端地域研究プログラム「アジアの脱植民地化と伝統的産業の再編成」 加納
2009/03/12 The Source of Dynamism of Chinese Family Enterprises in Hong Kong Wong Siu-lun 教授(香港大学アジア研究センター長)   黒田
2009/03/22 オスマン朝と外部世界:近世における文化的邂逅と対話(連続講演) ギュルル・ネジプオールGulru Necipoglu(ハーヴァード大学)、ジェマル・カファダルCemal Kafadar(ハーヴァード大学)    
2009/03/26 助教成果報告会 馬場紀寿、大川謙作、山内文登 東京大学東洋文化研究所 研究企画委員会  

このページのトップへ


2009年度

開催日 タイトル 報告者 企画(班) 担当
2009/05/21 第15回コーヒーサロン「ブラジル:一つな国多様な味」 マルシア洋子下坂(Marcia Yoko Shimosaka) コーヒーサロン, 東洋文化研究所班研究「アジアの食文化と開発と地域」 池本
2009/06/29 第7回「中国の対外援助研究会」アフリカ・東南アジアにおける中国 遠藤貢(東京大学大学院総合文化研究科教授)、松田康博(東京大学東洋文化研究所准教授)、川島真(東京大学大学院総合文化研究科准教授)、高原明生(東京大学大学院法学政治学研究科教授) 東京大学社会科学研究所現代中国研究拠点研究グループ2:「対外経済関係と産業構造」

 
2009/07/02 上座仏教徒社会ミャンマーにおける僧院運営の実態 藏本龍介(東京大学総合文化研究科博士課程)、名和克郎(東京大学東洋文化研究所准教授)   髙橋
2009/07/15 胡暁真先生講演会「明清女性文学研究の展望」 胡暁真(台湾中央研究院中国文哲研究所研究員)   大木
2009/07/27 政党輪替與台湾的対外関係変遷:以両岸及台美関係為中心的分析 林正義(台湾・中央研究院欧米研究所研究員、東京大学東洋文化研究所客員研究員) 東洋文化研究所班研究「中台関係の総合的研究」,日本台湾学会定例研究会 松田
2009/07/30 オスマン朝時代ブルガリア史についてのブルガリアにおける現況 エヴゲニー・ラドゥシェフ(トルコ・ビルケント大学) 文部科学省「人文学および社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業」東洋文庫拠点公募研究との共催 鈴木薫
2009/09/10 井真成墓誌の再検討 韓昇(中国・復旦大学歴史系教授)   平勢
2009/09/14 中央アジアにおける壁画の発掘と保存修復 ユーリ・カレフ(フランス国立科学研究所・フランス高等師範学校研究員) 東京文化財研究所・文化遺産国際協力センター, 東京大学・東洋文化研究所  
2009/10/21 Between the Genghizid, Ottoman, and European chancery traditions ダリウシュ・コウォヂェイチク(Dariusz Kolodziejczyk)、ワルシャワ大学教授、北海道大学スラブ研究センター外国人研究員   鈴木薫
2009/11/04 Chintamani: A Popular Motif in Ottoman Art 奥村純代、Chintamani   桝屋
2009/11/21 世紀交替期中国における魯迅イメージ 張中良(中国社会科学院文学研究所現代文学研究室主任) 東洋文化研究所研究班「世紀交替期中国における文化転形」、科研費基盤研究B「世紀交替期中国の文化転形に関する言説分析的研究」(課題番号:21320025) 尾崎
2009/12/22 「アジア社会学コンソーシアム」第4回報告会 蔡 明璋(台北大学社会学系教授・社会科学学院院長) アジア社会学コンソーシアム 園田
2010/01/14 コプト聖人伝研究の可能性 辻 明日香(東洋文化研究所助教)    
2010/01/15 <関係>研究の脱植民地化と理論的再構築 翟学偉教授(南京大学社会学院教授)   安冨
2010/01/18 中台関係と大洋州の国際関係 林成蔚(北海道大学准教授) 東京大学社会科学研究所現代中国研究拠点研究グループ2:「対外経済関係と産業構造」  
2010/01/23 東アジアにおける「民俗学」の方法的課題 ドロシー・ノイズ(オハイオ州立大学准教授、同大学民俗学研究センター(Center for Folklore Studies)センター長) 東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」
2010/01/28 オスマン帝国の人口史研究の試み オクタイ・オゼル(トルコ、ビルケント大学) 文部科学省「人文学および社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業」東洋文庫拠点公募研究との共催 鈴木薫
2010/03/25 コーヒーの木:栽培に挑戦 三本木一夫(奈良まほろば熱帯農業研究所) コーヒーサロン、東洋文化研究所班研究「アジアの食文化と開発と地域」 池本

このページのトップへ


2010年度

開催日 タイトル 報告者 企画(班) 担当
2010/04/12 Metamorphosis of International Attitudes to Israel ヤコヴ・ラブキン教授(モントリオール大学・歴史学) 科研費基盤研究(B)「第二次世界大戦期の日本及び枢軸国の対中東・イスラーム政策の比較研究」研究会, NIHUプログラム「イスラーム地域研究」東京大学拠点パレスチナ研究班との共催  
2010/04/24 多言語状況と言語政策史の比較研究 1 小田桐奈美(筑波大学大学院)、大泉さやか(一橋大学大
学院)
東洋文化研究所班研究「アジアにおける多言語状況と言語政策史の比較研究」、多言語社会研究会、科学研究費補助金「言語政策史の 国際比較に関する総合的研究」(基盤研究(B)課題番号21320113) 名和
2010/05/08 第1回公共民俗学研究会ワークショップ 「公共民俗学の射程―現実社会に対応する民俗学を創成するために―」 菅豊(東京大学東洋文化研究所) 公共民俗学研究会、科研「市民社会に対応する『公共民俗学』創成のための基礎研究」グループ、東文研班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」研究会
2010/05/21 ガザの人権状況と平和-オスロ合意からガザ攻撃を経て- ラジ・スラーニー氏(パレスチナ人権センター代表) 東洋文化研究所班研究「中東の社会変容と思想運動」, 東京大学大学院 医学系研究科国際地域保健学教室, NIHUプログラム「イスラーム地域研究」東京大学拠点グループ2 パレスチナ研究班, (特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)、(特活)ヒューマンライツ・ナウ(HRN)  
2010/06/03 中国における社会言語学と言語政策の歴史 徐大明(南京大学教授) 東洋文化研究所班研究「アジアにおける多言語状況と言語政策史の比較研究」 名和
2010/06/26 多言語状況と言語政策史の比較研究 2 イ・ギョンテク(筑波大学大学院)、山口美知代(京都府立大学) 東洋文化研究所班研究「アジアにおける多言語状況と言語政策史の比較研究」 名和
2010/07/05 イスラム世界と日本の関係―その回顧 セルチュク・エセンベル(トルコ国立ボアジチ大学教授)   鈴木董
2010/07/15 国際連盟保健機関から世界保健機関、ユニセフへ―機能的国際協調の継承と発展― 安田佳代(東洋文化研究所、特任助教)   安田
2010/07/19 《凡物流形》“一”的思想構造 王中江(中国・清華大学教授) 中国出土資料と漢字文化研究会(平成21年度科学研究費補助金(B)「新出土資料を通してみた古代東アジア世界の諸相―漢字文化圏の中の地域性―」)との共催 小寺
2010/07/31 《討論》福田アジオを乗り越える―私たちは『20世紀民俗学』から飛躍できるのか?― 福田アジオ(神奈川大学外国語学部・教授) 東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」研究会
2010/10/05 Coffee Economy in Late Colonial Netherlands East Indies:Estates and Capital, 1890 Dias Pradadimara(Universitas Hasanuddin, Makassar,Indonesia) 先端地域研究プログラム「アジアの脱植民地化と伝統的産業の再編成」(責任者 池本幸生)および班研究「特産品とその消費の変容から見た現代アジア経済史」(主任 加納啓良) 池本
2010/11/11 『初渡集』に記された、日本使節に対する明朝の接待制度 朱莉麗(復旦大学文史研究院 助理研究員)   羽田
2010/11/13 オスマン帝国史の諸問題 秋葉淳(千葉大学)、小笠原弘幸(財団法人政治経済研究所) 東洋文化研究所班研究「オスマン帝国史の諸問題」研究会 鈴木
2010/11/15 米中の緊張緩和期における日本の地位:1969-1972年 牛大勇(北京大学歴史系教授)   安富・羽田
2010/11/27 自然保護と文化保護、何が違うのか?-その異同を考える 菅豊(東京大学東洋文化研究所教授)、藤原辰史(東京大学大学院農学生命科学研究科講師) 東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」、現代民俗学会  
2011/12/02 戦国策派作家陳詮について 季進(蘇州大学文学院教授) 東洋文化研究所班研究「中国1930年代の文学」研究班 尾崎
2010/12/15 環境史と世界史の編纂――中国の実践と構想から 包茂紅(北京大学歴史系副教授)    
2010/12/18 中国市民社会論の現状(中国法理学の立場から) 馬長山(華東政法大学・法律学院・教授、東洋文化研究所・訪問研究員) 東洋文化研究所班研究「世紀交代期中国における文化転形」「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」 高見澤
2011/01/11 新発見のガンダーラ写本 Dr.Stefan Baums(UC、 Berkeley)   馬場
2011/01/31 Divan-ı HümayunおよびDivan-ı Hümayun関連重要文書体系の構造と変容 ビルギン・アイドゥン(トルコ、マルマラ大学) 東洋文化研究所班研究「オスマン帝国史の諸問題」 鈴木
2011/02/10 中国近代典権制度 鄒亜莎(中国政法大学・法学院・ドクトラルキャンディデト、東洋文化研究所・訪問研究員) 東洋文化研究所班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」 高見澤
2011/02/18 ミャンマー(ビルマ)米穀産業の長期統計について 高橋昭雄(東京大学東洋文化研究所) インドシナ稲作研究会(東洋文化研究所東洋学研究情報センター共同研究プロジェクト) 髙橋
2011/03/10 インド学仏教学とコンピュータ (松田助教離任研究会) 松田訓典(東洋文化研究所 助教)   園田





このページのトップへ


2011年度

開催日 タイトル 報告者 企画(班) 担当
2011/06/01 Cemil Aydin博士講演会 Professor Cemil Aydin (George Mason University)   森本
2011/06/16 ティムールの〈sözüm〉文書 小野浩(京都橘大学教授)   羽田
2011/06/25 中国の医療体制改革過程における合法性付与メカニズムの変革 馬長山華東政法大学法学院教授(東洋文化研究所・訪問研究員) 科学研究費補助金基盤研究(B)「世紀交代期中国の文化転形に関する言説分析的研究」、東洋文化研究所班研究「世紀交代期中国における文化転形」、同「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」 高見澤
2011/07/07 蒙古関係資料及び蒙古法制関係資料と蒙古法史研究 那仁朝格図(ナランツォクト)内蒙古大学・法学院・教授、東京大学・東洋文化研究所・訪問研究員 東洋文化研究所班研究「中国法研究における固有法史研究・近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」 高見澤
2011/09/06 世界のウイグル・ロビー(Mapping the Uyghur Lobby) 陳玉文(台湾・中央研究院政治学研究所助研究員)   松田
2011/09/21 カンボジア農村社会・経済の概要と近年のトレンド―稲作を中心に― 矢倉研二郎氏(阪南大学) インドシナ稲作研究会 髙橋
2011/09/24 土地改革前後の潘光旦とその周囲の知識分子 聶莉莉(東京女子大学現代教養学部教授) 東洋文化研究所班研究「世紀交替期中国における文化転形」、2011年第3回研究会,科研費 基盤研究(B)「世紀交替期中国の文化転形に関する言説分析的研究」 尾崎
2011/11/05 テヘラン現代美術館初代キュレーターのデイビット・ギャロウェイ氏をお迎えして デイビット・ギャロウェイ   羽田
2012/01/12 董少新氏、朱溢氏(復旦大学文史研究院)をお迎えして 董 少新、 朱 溢(復旦大学文史研究院副教授) 学術交流

羽田・大野

2012/02/05 中国における言語政策と言語復興 徐大明(中国言語戦略研究センター 南京大学)、包聯群(首都大東京) 東洋文化研究所班研究「アジアにおける多言語状況と言語政策史の比較研究」、多言語社会研究会、日中共同プロジェクト「東アジアの多言語状況と言語政策」の特別講演会 原聖(女子美術大学)
2012/02/08 ”Zotero”を用いた文献の効果的な整理・活用法について M.シルツ准教授   シルツ
2012/02/09 オスマン朝の御前会議通訳官について ビルギン・アイドゥン氏(イスタンブル・メデニイェト大学) 文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」東洋文庫拠点公募研究 鈴木
2012/02/11 日本における公共民俗学の方向性-その理論と実践 山泰幸(関西学院大学准教授) 、川森博司(神戸女子大学教授) 東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」研究会、科研基盤(B)「市民社会に対応する『公共民俗学』創成のための基礎研究」
2012/02/22 Mongols in 14th Century Italian Painting: New Evidences Michele Bernardini (Istituto Universitario Orientale、 Napoli) 学術交流 羽田
2012/03/01 Changing Configurations of Alid Piety in Indonesian Islam Michael Feener (National University of Singapore)   羽田

このページのトップへ


2012年度

開催日 タイトル 報告者 企画(班) 担当
2012/04/02 LT貿易協定と廖承志訪日に対する中華民国の対策(1962-1973) 戴振豊 国立台北教育大学・社会與区域発展学系・非常勤講師 班研究「中国法研究における固有法史研究・近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」 高見澤
2012/05/23 Interpreting “Those in Authority”: The Hermeneutics of Medieval Qurʾānic Commentary Jennifer Thea Gordon (Visiting Fellow、 Institute for Advanced Studies on Asia、 University of Tokyo; P h.D. Candidate、 Harvard University)   森本
2012/06/05 マムルーク絨毯に見られるトルコ民族の文化的影響 奥村純代氏(Art Historian、 Turkish Cultural Foundation、 Istanbul Office) 班研究「イスラーム美術の諸相」
桝屋
2012/06/09 変貌するミャンマーの政治・経済・国際関係と今後 江橋正彦氏(明治学院大学名誉教授) 緬甸勉強会
髙橋
2012/06/23 歴史/民俗“編さん”を読み直す−実践としての郷土誌/自治体誌 室井康成(東京大学東洋文化研究所特任研究員) 班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」、科研基盤研究(B)「市民社会に対応する『公共民俗学』創成のための基礎研究」
2012/06/27 THE OTTOMAN EMPIRE and THE CAUCASUS in WWI ARSLAN Ozan, Lecturer, Department of International Relations and the European Union, Izmir University of Economics.
  羽田
2012/06/28 魚のとむらい:日本における人と魚の関わりと生命観の変遷 田口理恵(東海大学海洋学部海洋文明学科 准教授)
班研究「アジアの食文化と開発と地域」 池本
2012/07/12 ”Zotero” --文献の効果的な整理・活用法について-- II ミヒャエル・シルツ (東洋文化研究所 准教授) 広報委員会
 
2012/09/12 The sources for utkrānti in Tantric Buddhism Péter-Dániel Szántó (Junior Research Fellow at Merton College、 Oxford)   永ノ尾
2012/09/18 Abhidharma Works of the Yogācāras and Their Practical Uses Dr. Martin Delhey (Research Associate、 Centre for the Study of Manuscript Cultures、 University of Hamburg)   馬場
2012/09/26 Religio-political crises and cultural creativity during the Later Middle Period of Islamic history Judith Pfeiffer (University Lecturer in Arabic、 University of Oxford)   森本
2012/09/28 初期中世インドにおける変化の性質(Nature of Change in Early Medieval India) Brajadulal Chattopadhyaya (Member of Council、 Indian Council for Historical Research / Former Professor、 Jawaharlal Nehru University)   古井
2012/10/04 Rewriting the National Past: Germany and Japan after World War II Univ. -Prof. Dr. Sebastian Conrad (Friedrich-Meinecke-Institut、 Freie Universität Berlin)   羽田
2012/10/25 復旦大学文史研究院の李星明教授および孫英剛副教授による講演 李星明(復旦大学文史研究院 教授),孫英剛(復旦大学文史研究院 副教授)
  大野
2012/10/29 On the Problems Surrounding the Bhikṣuṇī Prātimokṣa Traditions Preserved in Tibetan: Pelliot tibétain 891 and 892 (*Ārya-sarvāstivādi-mūla-bhikṣuṇī-prātimokṣa-sūtra) Shayne Clarke(McMaster University and International Institute for Buddhist Studies)
  馬場
2012/11/16 Fatwa in a Glance Shaykh Dr. Kahlan b. Nabhan al-Kharusi、 Assistant Grand Mufti of Oman 東京大学東洋文化研究所,東京大学中東地域研究センター
森本
2012/11/25 仏教儀礼の成立と展開に関する総合的研究 (科研費(A))」研究会 矢野道雄(京都産業大学),鈴木正崇(慶應義塾大学)
仏教儀礼の成立と展開に関する総合的研究 (科研費(A)) 永ノ尾
2012/11/27 Re-entering the World? Rituals and Decisions to Leave the Sangha in Theravāda Communities Kate Crosby、 SOAS/King’s College、 London   馬場
2012/12/06 ampire Bats and a ”Monster Disease”: Indigenous Leadership Joins Linguistic and Medicinal Anthropology Diagnosing an Epidemic Charles L. Briggs and Clara Mantini-Briggs   名和
2012/12/27 Visions of Muhammad in Bukhara and Tabaristan: Dreams and Their Uses in Persian Local Histories Mimi Hanaoka (Assistant Professor、 Department of Religious Studies、 University of Richmond)   森本
2013/01/17 The PLA and Regional Security under the New Leadership  You ji, (由冀) professor, Faculty of Arts and Social Sciences, The University of New South Wales   田中

このページのトップへ


2013年度

開催日 タイトル 報告者 企画(班) 担当
2013/05/15

イスラーム法学の養成、教育分野学と現代の諸問題に対応したその最新の成果

アヤトッラー アァラーフィ博士
鎌田
2013/05/22

The Long-term Geopolitics of the Pre-modern Middle East

マイケル・クック教授(プリンストン大学)
森本
2013/06/03

中国新疆ウイグル自治区におけるイスラム教管理

Kara Miriam Abramson(テンプル大学ロースクール東京キャンパス講師、東京大学・東洋文化研究所・訪問研究員) 班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」 高見澤
2013/06/20

中国の人民調解制度の起源及び研究の現状

許 慶永(南開大学・周恩来政府管理学院・博士課程、東京大学・東洋文化研究所・訪問研究員)
高見澤
2013/06/22

『新しい野の学問』の時代へ-民俗学が進みゆく潮流のひとすじ-

菅豊(東京大学東洋文化研究所) 科研「現代市民社会における『公共民俗学』の応用に関する研究―『新しい野の学問』の構築―」(代表者:菅豊・東京大学東洋文化研究所教授)/東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける『民俗学』の方法的課題」
2013/06/29

禅僧、永明延寿の『法華経』信仰

Albert Welter (University of Winnipeg/ University of Arizona)
馬場
2013/06/30

柳宗悦のいう『自然』について

松井健(東京大学東洋文化研究所) 日本民藝協会・沖縄民藝協会 松井
2013/07/11

中日親属容隠法の変遷の比較研究

楊 怡悦 (中国政法大学・法学院・博士課程、東京大学・東洋文化研究所・訪問研究員) 班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」 高見澤
2013/09/28

商店街は滅びるのか?―ポスト・「三丁目の夕日」時代のアクチュアリティ―

新雅史(学習院大学非常勤講師)、竹川大介(北九州市立大学教授) 「新しい野の学問」研究会(科研「現代市民社会における『公共民俗学』の応用に関する研究―『新しい野の学問』の構築―」(代表者:菅豊・東京大学東洋文化研究所教授))/ 東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける『民俗学』の方法的課題」/ 現代民俗学会
2013/10/02 サーエム・カーシャーニー氏 (ペルシャ文学研究者・詩人)、ハサン・アーハンギャラーン氏 (ペルシャ書道研究者・書家) サーエム・カーシャーニー氏 (ペルシャ文学研究者・詩人),ハサン・アーハンギャラーン氏 (ペルシャ書道研究者・書家) 共催:東京大学東洋文化研究所・アルムスタファー国際大学在日事務所 桝屋
2013/10/15

ECFAが台湾経済に与える影響―中台サービス貿易協定締結を踏まえて―

伊藤信悟氏(みずほ総合研究所)

日本台湾学会定例研究会(歴史・政治・経済部会)、科研基盤B(代表:松田康博)

松田
2013/10/19 植民地期ラングーン華人社会の動態とその統制 長田紀之

緬甸(ミャンマー)勉強会

高橋
2013/11/09

<見えること>の奇跡~中世における<美しさ>についての思索

ギュンター・ペルトナー教授(ウィーン大学)

グローバル化時代における現代思想(CPAG)(日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究A・研究課題番号24242002)

中島
2013/11/16

生活環境主義とは何か?-民俗学の思想を問い直す

鳥越皓之(早稲田大学教授) 「新しい野の学問」研究会(科研「現代市民社会における『公共民俗学』の応用に関する研究―『新しい野の学問』の構築―」(代表者:菅豊)/東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける『民俗学』の方法的課題」/現代民俗学会
2013/11/28

Persian styles of seeing European ways of painting: the Morgan Bible in Safavid Iran

Sussan Babaie博士(ロンドン大学コートールド美術研究所) 科学研究費「近世帝国としてのサファヴィー朝史研究−−均質性の相克」、東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」 桝屋
2013/11/28 Some Reflections on an Early Mahāyāna Text Hastikakṣyasūtra 《早期大乘經 <象腋經>考》 劉 震 (LIU Zhen) (復旦大学 文史研究院 副教授)
大木
2013/12/11 A Legal Compendium for Ming Princes: The Zongfan tiaoli 宗藩條例 (1565). Its Genesis, Objectives, Contents and Legacy Jerome KERLOUEGAN氏(オックスフォード大学 Ph.D. Candidate)   大木 
2013/12/15

パブリック民俗学とパブリック人類学の対話可能性

菅豊(東京大学東洋文化研究所教授)、関谷雄一(東京大学大学院総合文化研究科准教授) 「新しい野の学問」研究会(科研「現代市民社会における『公共民俗学』の応用に関する研究―『新しい野の学問』の構築―」(代表者:菅豊)/日本文化人類学会課題研究懇談会/現代民俗学会/東アジア人類学研究会
2013/12/19 「現代中国の国家と社会―広東省の社会組織管理改革の事例研究―」(治理吸納下的國家社會關係:以廣東社會組織管理改革為例) 徐斯儉(中央研究院政治学研究所・台湾 副研究員)
松田 
2014/01/30

図像の復古と再造 ――宋金元喪葬芸術における「孝子」画像

鄧 菲 (DENG, Fei)(復旦大学 文史研究院 副教授)   大木
2014/03/06

蜂起の空間的実践―「アラブの春」の抗議行動にみる広場と国家の関係性/Spatial Practices of Revolt:Square-state relations during the Arab Spring protests

ギハーン・セリーム氏 Dr. Gehan Selim
(建築学講師、クィーンズ大学ベルファスト、英国
Lecturer in Architecture Queens University Belfast, UK)
東文研・班研究 「中東の社会変容と思想運動」 長澤

このページのトップへ


2014年度

開催日 タイトル 報告者 主催 担当
2014/04/12

胡平生教授が語る出土資料研究の動向

胡平生氏 中国文化遺産研究院研究員、吉林大学客員教授他
東文研・班研究 「中国古代文献の成立に関する多角的研究」
小寺
2014/04/25

(GHC: Global History Collaborative 第1回セミナー )"Encountering the 'Non-European' and Defining 'Europeanness'"

Jean-Frederic Schaub (Directeur d'Etudes, フランス社会科学高等研究院)
羽田
2014/05/24

「非発掘簡」を扱うために / For dealing with "unofficially excavated materials"

大西克也氏 東京大学教授
東文研・班研究 「中国古代文献の成立に関する多角的研究」/ A Multiple Study of the Complication of Ancient Chinese Text
小寺
2014/06/04

インドシナ稲作研究会

高橋塁・東海大学政経学部准教授他
髙橋
2014/06/16

「二元制衡」ー唐・宋交代の際における田土立法方式

韓 嘨 (中国政法大学・法学院・博士課程、東京大学・東洋文化研究所・訪問研究員)
高見澤
2014/06/26

熊本の藩校 時習館における釋奠の問題

ジェームズ・マクマレン オックスフォード大学名誉教授/同大学ペンブローク・カレッジ名誉フェロー
真鍋
2014/06/29

宋~元代の『尚書』研究と中井履軒『雕題畧』(書)、「雕題附言」: 18世紀日本・中国における『尚書』の考証学的研究に鑑みながら

竹村 英二 (国士大教授/東文研研究協力者)
主催:科研費基盤研究(C)「考証学・言語の学、そして近代知性 - 近代的学問の「基体」としての漢学の学問方法」(代表:竹村)
真鍋
2014/07/02

インドシナ稲作研究会

高本正樹氏[海外貨物検(OMIC) 取締役常務・食糧部長]他
髙橋
2014/07/08

アフタンディル・エルキノフ教授(タシュケント国立東洋学研究所)「ナヴァーイー著『両言語間の裁定』およびチャガタイ・トルコ語とペルシア語との関係

アフタンディル・エルキノフ(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
森本
2014/07/10

The DAMIN program and the problem of gold and silver between USA, Europe and Asia (c.1860-1900)

Georges Depeyrot (Visiting Fellow at IASA, Directeur de recherche, Ecole Normale Superieure, France)
羽田
2014/07/12

緬甸(ミャンマー)勉強会

根本敬氏(上智大学教授)
髙橋
2014/07/13

Some of the New Indicators of the Second Constituent Assembly Election of 2013, and Future Consequences

Uddhab Pd. Pyakurel博士
名和
2014/07/14

M. H. モフベル師を囲む懇談会

セイイェド・モハンマド=ハサン・モフベル師
森本
2014/07/16

The 'King of Islam': An Idea and Its Typological Significance (Said Amir Arjomand)

サイード・アミール・アルジョマンド教授
森本
2014/07/19

清華簡『皇門』を読む(下)

戸内俊介氏 二松学舎大学専任講師他 東文研・班研究 「中国古代文献の成立に関する多角的研究」 小寺
2014/07/20

「ヨーロッパ日本研究協会」2014年度大会報告にむけて

竹村英二 伊東貴之 江藤裕之 主催:科研費基盤研究(C)「考証学・言語の学、そして近代知性 - 近代的学問の「基体」として漢学の学問方法」(代表:竹村) 真鍋
2014/07/26

何ができて、何ができないのか―『無形民俗文化財が被災するということ』からつかみとる課題

高倉浩樹 (東北大学教授) 主催/共催:現代民俗学会、「新しい野の学問」研究会(科研「現代市民社会における『公共民俗学』の応用に関する研究―『新しい野の学問』の構築―」(代表者:菅豊)/東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける『民俗学』の方法的課題」
2014/07/31

第93回日本台湾学会定例研究会(歴史・政治・経済部会)

周志懐氏(中国社会科学院台湾研究所所長)   松田
2014/09/08

10世紀エジプトの修道院における生活/Life in a 10th-century Egyptian Monastery and the Scribal Practices at the Monastery of St. John the Little

Chrysi Kotsifou (Van Leer Jerusalem Institute)   羽田
2014/09/10

フィリピンにおける資源ガバナンスとネオ・リベラリズムおよび日常的抵抗の政治 / Neoliberalism, Resource Governance and the Everyday Politics of Protests in the Philippines

Jewellord Nem Singh (Lecturer, Department of Geography, University of Sheffield) , Visiting Fellow of the Institute for Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo   佐藤
2014/09/16

英国における開発学の現状と課題/The State of Development Studies in the UK: Challenges and Opportunities for Development Researchers

Jewellord Nem Singh (Lecturer, Department of Geography, University of Sheffield) , Visiting Fellow of the Institute for Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo   佐藤
2014/09/20

緬甸(ミャンマー)勉強会

藏本龍介氏(東京大学大学院総合文化研究科・学術研究員)   髙橋
2014/09/27

1. 北京大学・清華大学所蔵簡牘調査報告 / 2.『淮南子』道應訓所引『老子』 テキストの性格―馬王堆『老子』並びに北大漢簡『老子』と比較して―

「Multi-Disciplinary Approachによる新出土資料の総合的研究」調査団(代表:谷中信一氏)谷中信一氏 日本女子大学教授 主催:東文研・班研究 「中国古代文献の成立に関する多角的研究」 小寺
2014/09/28

民俗学の論点2014 ―いま民俗学が論じ、取り組むべきこと―

第四期研究企画委員(全員を予定) 主催/共催: 現代民俗学会、東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける『民俗学』の方法的課題」
2014/10/19

Garments and Maoists in Nepal: The ethnic politics of class movement confronting market failure and national transition

Dr. Mallika Shakya (South Asian University; 2014 Fellow, Asia Leadership Fellow Program)   名和
2014/11/08

第3回コプト・イスラーム物質文化研究会

辻村純代(国士舘大学イラク古代文化研究所共同研究員、同大学文学部、21世紀アジア学部非常勤講師)深見奈緒子(早稲田大学イスラーム地域研究機構・招聘研究員) 共催:東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」他 桝屋
2014/11/22

第二回研究フォーラム「井筒・東洋哲学の比較宗教学的検討」

氣多雅子 (京都大学教授)市川 裕 (東京大学教授)   鎌田
2014/11/29

清華簡『繋年』第2~4章を読む

小寺敦(東京大学)   小寺
2014/12/04

Xavier PAULES先生(フランス社会科学高等研究院)をお迎えして

Xavier PAULES (フランス社会科学高等研究院、准教授)  
2014/12/08

フランス社会科学高等研究院のグザヴィエ・ポール先生をお迎えして(連続セミナー)

Xavier Paules (フランス社会科学高等研究院)   高見澤
2014/12/12

Global History Collaborative/日本学術振興会研究拠点形成事業「新しい世界史/グローバルヒストリー共同研究拠点の構築」第2回セミナー

Xavier Paules (Maître de Conférences, Ecole des Hautes Etudes en Sciences Sociales) 関連情報:Global History Collaborative(日本学術振興会研究拠点形成事業「新しい世界史/グローバルヒストリー共同研究拠点の構築」) 羽田
2014/12/21

二つのミンゾク学から世界民俗学、そしてその先―グローバルでローカルで複数のフォークロア研究へ―

川田牧人(成城大学)   梅屋潔(神戸大学)   島村恭則(関西学院大学)   塚原
2015/01/07

演劇の中の庭園:明末庭園の空間とその伝奇劇中における表現

徐芃(Xu Peng), Assistant Professor, Modern Languages and Cultures, Virginia Military Institute, 東洋文化研究所訪問研究員   大木
2015/01/08

張佳先生、段志強先生(復旦大学文史研究院)をお迎えして

張 佳 (復旦大学文史研究院、助理研究員)、段志強 (復旦大学文史研究院、助理研究員)   高見澤
2015/02/06

Buddhism, Social Justice and the Status of the Caṇḍāla

Jonathan A. Silk (Professor, Leiden University)   馬場
2015/02/20

合理的思考の要素:『清浄道論』(Visuddhimagga)における「想」の説明について

Achim Bayer(東國大學校教授)   馬場
2015/02/21

(座談会)植木行宣先生がみた民俗文化財保護の軌跡―京都府を中心として―

植木行宣  
2015/03/06

第4回 コプト・イスラーム物質文化研究会

鎌田由美子(慶応義塾大学経済学部専任講師)辻明日香(東京大学東洋文化研究所・日本学術振興会特別研究員) 共催:東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」他 桝屋
2015/03/21

Early Islamic Kings: When, Where and Why Did Kings First Appear in the Early Islamic World?

Professor Luke Treadwell (Samir Shamma Associate Professor of Islamic Numismatics, University of Oxford   森本
2015/03/21

Early Islamic Kings: When, Where and Why Did Kings First Appear in the Early Islamic World?

Professor Luke Treadwell (Samir Shamma Associate Professor of Islamic Numismatics, University of Oxford   森本

このページのトップへ


2015年度

開催日 タイトル 報告者 主催

担当

2015/04/10 The Chinese Cult of the Horse King and its Indian Tantric Origins Meir Shahar (Tel Aviv University)   馬場
2015/04/16 Whores, Housewives and Heavenly Bodies: Medieval Persian Sufi Women Dr. Lloyd Ridgeon (Reader in Islamic Studies, University of Glasgow) KIAS, SIAS共催 森本
2015/04/24 インドシナ稲作研究会 高橋塁氏(東海大学准教授) 「インドシナ稲作・精米・米輸出の150年と世界米市場」(科学研究費補助金基盤B)研究プロジェクト 髙橋
2015/04/24 清華簡『祝辭』を読む 宮島和也(東京大学大学院人文社会系研究科博士課程) 主催:東文研・班研究 「中国古代文献の成立に関する多角的研究」 小寺
2015/04/25 質的研究としての会話研究 ―その原理・方法・応用/漢字統一 会について――東アジアにおける漢字擁護の位相 吉田達彦(ドイツ語学博士)劉鮮花(一橋大学大学院言語社会研究科大学院生) 主催:多言語社会研究会 共催:東文研班研究「アジアにおける多言語状況と言語政策史の比較研究」 名和
2015/04/27 Buddhist Monastic Policy in Pre-modern Tibet and its Relation to Social Justice Dr. Berthe K. Jansen (Leiden University)   馬場
2015/05/11 Towards an Archaeology of Scholarship in Premodern Islam: Investigating the Working Method of Scholars Professor Frederic Bauden (Chair Professor of Arabic Language and Islamic Studies, University of Liege)   森本
2015/05/23 周易に関する私的検討のその後 平勢隆郎(東京大学) 主催:東文研・班研究 「中国古代文献の成立に関する多角的研究」 共催:「出土資料と漢字文化研究会」(平成27年度JSPS科研費 26284010) 小寺
2015/05/25 "Global history, connected history, comparative history. Scales and time."(「新しい世界史/グローバルヒストリー共同研究拠点の構築」事業2015年第1回セミナー) Alessandro Stanziani (Directeur d'etudes, EHESS), Global history, connected history, comparative history. Scales and time.   羽田
2015/06/01 末中国における国際法の利用―日本人僧侶の宣教権はいかにして拒まれたのか 顔 麗媛 (中国人民大学・法学院・博士課程、東京大学・東洋文化研究所・訪問研究員) 主催:東京大学・東洋文化研究所・班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」(主任 高見澤 磨・東京大学・東洋文化研究所・教授) 高見澤
2015/06/12 末中国における国際法の利用―日本人僧侶の宣教権はいかにして拒まれたのか 顔 麗媛 (中国人民大学・法学院・博士課程、東京大学・東洋文化研究所・訪問研究員) 主催:東京大学・東洋文化研究所・班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」(主任 高見澤 磨・東京大学・東洋文化研究所・教授) 高見澤
2015/06/15 中華人民共和国行政法を「法律による行政の原則」の物語としてどの程度描くことが可能か 高見澤 磨(東京大学・東洋文化研究所・教授) 主催:東京大学・東洋文化研究所・班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」(主任 高見澤 磨・東京大学・東洋文化研究所・教授) 高見澤
2015/06/27 緬甸(ミャンマー)勉強会 久保忠行氏(大妻女子大学専任講師)   髙橋
2015/07/09 許全勝先生、王鑫磊先生(復旦大学文史研究院)をお迎えして 許 全勝 (復旦大学文史研究院、副研究員) 王 鑫磊 (復旦大学文史研究院、助理研究員)   高見澤
2015/07/16 Larissa Zakharova先生(フランス社会科学高等研究院)をお迎えして Larissa Zakharova(フランス社会科学高等研究院、准教授)   高見澤
2015/07/20 『湯在啻門』を読む 曹峰(中国人民大学) 主催:東文研・班研究 「中国古代文献の成立に関する多角的研究」 小寺
2015/07/28 『九二共識』:從何來,往何去? 蘇起氏(台北論壇董事長,前国家安全会議秘書長) 使用言語:中国語(通訳はありません) 松田
2015/10/26 第6回コプト・イスラーム物質文化公開研究会 『エジプト・イスラーム美術の諸相』 桝屋友子(東京大学東洋文化研究所・教授)小林一枝(早稲田大学国際教養学部・講師) 共催:東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」他 桝屋
2015/10/28 インド碑文の歴史的辞典(Historical Dictionary of Indian Inscriptions) Krishna Mohan Shrimali (Retired Professor, the University of Delhi)   古井
2015/10/29 インドにおける諸宗教アイデンティティーの形成(The Making of Religious Identities in India) Krishna Mohan Shrimali (Retired Professor, the University of Delhi)   古井
2015/10/31 緬甸(ミャンマー)勉強会 田村克己氏 (総合研究大学院大学理事、国立民族学博物館名誉教授)   髙橋
2015/11/14 獣害問題を民俗学から考える—在来知と科学的管理の交錯 近藤祉秋・合原織部 主催/共催:現代民俗学会、 科研「現代市民社会における『公共民俗学』の応用に関する研究」(代表者:菅豊)、 科研「動物殺しの比較民族誌研究」(代表者:奥野克巳)
2015/12/18 インドシナ稲作・精米・米輸出の150年と世界米市場 宮田敏之氏(東京外国語大学教授)   髙橋
2015/12/20 「捨てられゆくもの」の民俗学・社会学 —村落社会における耕作放棄・空き家・無縁墓 芦田裕介(宮崎大学/農村社会学)    五十川飛暁(四天王寺大学/環境社会学)    藤井紘司(早稲田大学研究員/民俗学・文化人類学) 主催/共催:現代民俗学会、日本村落研究学会、「新しい野の学問」研究会(科研「現代市民社会における『公共民俗学』の応用に関する研究—『新しい野の学問』の構築—」(代表者:菅豊)
2016/1/23 清華簡『命訓』を読む 谷中信一(日本女子大) 主催/東文研・班研究 「中国古代文献の成立に関する多角的研究」 小寺
2016/1/25 宗教・アジア主義・「黄禍」:20世紀初頭の日本におけるイスラームの創出 Ulrich Brandenburg (Asien-Orient-Institut, Universität Zürich)   後藤
2016/2/5 The Problem of Evidence in Historical Research Ewa Domanska (Associate Professor, Department of History, Adam Mickiewicz University at Poznan, Poland)   真鍋
2016/2/5 台湾総統選挙・立法委員選挙の分析 小笠原 欣幸 (東京外国語大学大学院総合国際学研究院・准教授) 【主催】東京大学東洋文化研究所・松田研究室 【共催】日本台湾学会定例研究会、早稲田大学台湾研究所 松田
2016/2/20 第7回コプト・イスラーム物質文化公開研究会 長谷川奏(早稲田大学総合研究機構客員教授)他 共催: 国士舘大学イラク古代文化研究所 早稲田大学イスラーム地域研究機構 NIHUプログラム・イスラーム地域研究早稲田大学拠点 桝屋
2016/3/25 中国雑豆研究会 講演会11 村崎 史郎(公社・大日本農会技術参事)他  
2016/3/26 中国—ネパール関係:2014年3月の調査報告 川島 真(東京大学大学院総合文化研究科・教授)   松田
2016/3/27 緬甸(ミャンマー)勉強会 金子由芳(神戸大学・アジア法教授)他 【共催】 現代中国研究拠点対外援助班 髙橋

このページのトップへ


2016年度

開催日 タイトル 報告者 主催

担当

2016/04/12 The Legitimation of Kushan Rule Harry Falk、 (Professor Emeritus、 Freie Universität Berlin)  
2016/05/21 「民俗」にはまる人々—「民俗」中心の民俗学を超えて— (現代民俗学会年次大会シンポジウム)    
2016/06/19 「パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究」第一回研究会 橋本悟(メリーランド大学・Assistant Professor)  
2016/06/25 戦国秦漢「礼」思想と『荀子』・清華簡『繋年』における争点若干について 佐藤将之(台湾大)・小寺敦(東京大) 【主 催】東文研・班研究 「中国古代文献の成立に関する多角的研究」 小寺
2016/06/25 第8回コプト・イスラーム物質文化研究会   共催: 国士舘大学イラク古代文化研究所 早稲田大学イスラーム地域研究機構 日本学術振興会科学研究費基盤研究(B)「イスラーム地域における物質文化史の比較研究~イベリア半島から中央アジアまで~」 東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」 桝屋
2016/07/04 日中戦争期の周作人――文化的ナショナリズムの逆説 橋本悟(メリーランド大学・Assistant Professor)   中島
2016/07/11 中国伝統法に対する法哲学的研究の意義 武 夫波 中国政法大学・博士課程、東京大学・東洋文化研究所・訪問研究員 主催:東京大学・東洋文化研究所・班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」(主任 高見澤 磨・東京大学・東洋文化研究所・教授) 髙見澤
2016/07/22 古代中国宗教研究における宗教学の立ち位置ー「宗教」概念論・ポストセキュラリズム・死者性・呪術概念ー 池澤 優(東京大) 【主 催】東文研・班研究 「中国古代文献の成立に関する多角的研究」 【共 催】「出土資料と漢字文化研究会」(平成28年度JSPS科研費 26284010) 小寺
2016/07/25 海上の旅人たち:遣明使・通信使に関する瀬戸内海の港の調査 朱莉麗副教授 (復旦大学文史研究院)   羽田
2016/07/25 (第47回コーヒーサロン)「サステイナブルコーヒーとは何だろうか?」 川島良彰(㈱ミカフェート) 主催:コーヒーサロン 共催:日本サステイナブルコーヒー協会, 東京大学東洋文化研究所 池本
2016/08/05 第9回コプト・イスラーム物質文化研究会 鈴木孝典(東海大学清水教養教育センター教授)他 共催: 国士舘大学イラク古代文化研究所 早稲田大学イスラーム地域研究機構 東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」 日本学術振興会科学研究費基盤研究(B)「イスラーム地域における物質文化史の比較研究~イベリア半島から中央アジアまで~(研究代表:真道洋子)」 桝屋
2016/09/10 パブリック・ヒストリー―多様なる歴史実践から生まれる開かれた歴史― 岡本充弘(東洋大学名誉教授)他 主催/共催:  パブリック・ヒストリー研究会(科研「パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究」グループ)、東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」研究会、現代民俗学会
2016/09/15 Administrative Life in Late Imperial China As Seen Through Autobiographical Materials Pierre-Étienne Will教授(Collège de France名誉教授)   黒田
2016/09/16 Discussing Islam, Gender, and The Modern World With Prof. Tariq Ramadan ターリク・ラマダーン氏(オクスフォード大学) 主催:日本学術振興会科学研究費基盤研究(A)イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究(代表:東京大学 長澤榮治)、東洋文化研究所 共催:国際文化会館(国際文化会館主催の牛場記念フェローシップにて招聘) 長澤
2016/09/22 第10回コプト・イスラーム物質文化研究会 岡野智彦(青山学院大学非常勤講師)他 共催:早稲田大学イスラーム地域研究機構、東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」、国士舘大学イラク古代文化研究所、日本学術振興会科学研究費基盤研究(B) 「イスラーム地域における物質文化史の比較研究〜イベリア半島から中央アジアまで(研究代表:真道洋子)」、横浜ユーラシア文化館 桝屋
2016/10/01 地域文化活動(闘牛)に対する外部影響と、その対応に関する協働的研究—新潟県の国指定重要無形民俗文化財「牛の角突き習俗」をめぐって—第2回勉強会(2016年度 サントリー文化財団「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」) 林良博氏(国立科学博物館館長、山階鳥類研究所所長)他 主催 小千谷闘牛振興協議会、「地域文化活動(闘牛)に対する外部影響と、その対応に関する協働的研究—新潟県の国指定重要無形民俗文化財「牛の角突き習俗」をめぐって—」プロジェクト(サントリー文化財団「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」)、日本学術振興会科学研究費補助金「パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究」、東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」研究会
2016/10/24 韓国京畿道知事Nam Kyung-pil氏 講演会 “The 4th Way & East Asia Community” 講演者: Nam Kyung-pil (韓国・京畿道知事)   羽田
2016/11/20 第11回コプト・イスラーム物質文化研究会 Takenori Yoshimura (Lecturer, Daito Bunka University) 共催: 国士舘大学イラク古代文化研究所 早稲田大学イスラーム地域研究機構 東京大学東洋文化研究所班研究「イスラーム美術の諸相」 日本学術振興会科学研究費基盤研究(C)「モルディブ諸島他の歴史的建造物調査—インド洋建築史の基盤形成」 桝屋
2016/11/25 Anti-sacrifice: Blood Donation and the 'Philanthropic Share Dr Jacob Copeman (Senior Lecturer, Social Anthropology, University of Edinburgh, UK/ Visiting Associate Professor, National Museum of Ethnology, Osaka, Japan) 主催: 日本学術振興会科学研究費基盤研究(C)「現代インドにおけるポスト開発:媒介と協同性のポリティクス」 池亀
2016/11/28 日本・イラク文化交流セミナー「バスラと湿原のアラブ」 ラハマーン・ムフシン氏(駐日イラク共和国大使館 臨時代理大使)酒井啓子氏(千葉大学 教授)小泉龍人氏(東京大学東洋文化研究所 特任研究員) 登坂宗太氏(国際協力機構 中東・欧州部) 【主催】中東懇話会・中東映画研究会 長澤
2016/12/2 Mowlana Rumi: A 13th-century Iranian Poet, Islamic Scholar, Theologian and Sufi Mystic Professor Masataka Takeshita, professor emeritus of the UTokyo   森本
2016/12/05 隙間の中国メディアと言論の自由 講演者:段 宏慶 香港『鳳凰周刊』副主編。弁護士。東京大学・東洋文化研究所・訪問研究員 主催;東京大学・東洋文化研究所・班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」(主任 高見澤磨・東京大学・東洋文化研究所・教授) 高見澤
2016/12/11 民族文化映像研究所と姫田忠義の世界—歴史実践のなかのヴィジュアリティ— 姫田蘭(民族文化映像研究所・理事)他 主催:パブリック・ヒストリー研究会(科研「パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究」グループ)、東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」研究会、現代民俗学会
2016/12/14 The first Japanese « embassy » to Europe, 1580’s-1590’s. An essay in early modern global history Antonella Romano(フランス社会科学高等研究院 教授)   中島
2016/12/17 緬甸(ミャンマー)勉強会 倭昌輝氏(元住友商事ネピドー出張所長、現住友商事交通輸送インフラ事業部嘱託)   髙橋
2017/1/5 清末変法思想における新と旧 王 勇大連海事大学法学院副教授)他 主催; 東京大学・東洋文化研究所・班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」(主任 高見澤磨・東京大学・東洋文化研究所・教授) 高見澤
2017/1/17 A Long Search for Happiness: Work Experiences, Retirement Arrangements, and Quality of Life of the Elderly TSAY, Ruey-Ming (蔡瑞明)(Visiting Fellow, IASA & Professor of Sociology, Tunghai University, Taiwan)   園田
2017/1/20 南洋理工大学との合同コンフェレンス     園田
2017/1/28 清華簡『楚居』に関する試論 柏倉優一(東京大学大学院人文社会系研究科修士課程) 主催;東文研・班研究 「中国古代文献の成立に関する多角的研究」 小寺
2017/1/30 The field of Global History in Germany – temporary fashion or lasting transformation of historiography? アンドレアス・エッカート氏(フンボルト大学ベルリン アジア・アフリカ研究所 教授)   羽田
2017/2/13 図像から見た外国人の清朝法制イメージ 張 世明(法学博士、中国人民大学法学院教授。東京大学・東洋文化研究所・訪問研究員) 主催; 東京大学・東洋文化研究所・班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」(主任 高見澤磨・東京大学・東洋文化研究所・教授) 高見澤
2017/2/13 女性の法的地位とジェンダー〜サハル・マランルー氏を迎えて サハル・マランルー氏 Dr. Sahar Maranlou(Oxford University) 主催;科研費・基盤研究A「イスラーム・ジェンダー学構築のための基礎的総合的研究」(代表:東京大学長沢栄治)イスラーム家族・女性関連法の運用実態の研究(第2回研究会) 長澤
2017/2/24 国際ジェンダー平等規範と国際関係におけるイスラーム 本山央子(お茶の水女子大学博士後期課程) 主催;「イスラーム・ジェンダー学の構築のための 基礎的総合的研究」 長澤
2017/3/4 地域文化活動(闘牛)に対する外部影響と、その対応に関する協働的研究—新潟県の国指定重要無形民俗文化財「牛の角突き習俗」をめぐって—第3回勉強会(2016年度 サントリー文化財団「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」) 菅豊(東京大学東洋文化研究所教授) 主催;小千谷闘牛振興協議会、「地域文化活動(闘牛)に対する外部影響と、その対応に関する協働的研究―新潟県の国指定重要無形民俗文化財「牛の角突き習俗」をめぐって―」プロジェクト(サントリー文化財団「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」)、日本学術振興会科学研究費補助金「パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究」、東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」研究会

このページのトップへ


2017年度

開催日 タイトル 報告者 主催 担当
2017/4/6 Berezkin Rostislav先生(復旦大学文史研究院)をお迎えして Berezkin Rostislav (白若思 復旦大学 文史研究院、副研究員)   大木
2017/4/8 地域文化活動(闘牛)に対する外部影響と、その対応に関する協働的研究―新潟県の国指定重要無形民俗文化財「牛の角突き習俗」をめぐって―第4回勉強会(2016年度 サントリー文化財団「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」) 渡邉敬逸(愛媛大学社会共創学部・准教授) 小千谷闘牛振興協議会、「地域文化活動(闘牛)に対する外部影響と、その対応に関する協働的研究—新潟県の国指定重要無形民俗文化財「牛の角突き習俗」をめぐって—」プロジェクト(サントリー文化財団「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」)、日本学術振興会科学研究費補助金「パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究」、東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」研究会
2017/4/19 LGTBQI、女性、スーフィー―アメリカのリベラルとムスリム・コミュニティ 高橋圭(日本学術振興会特別研究員) 科学研究費基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究」 長澤
2017/4/22 「砂漠の探究者」を探して―女性たちと百年 後藤絵美(東京大学) エリフ・チャーラル(日本トルコ文化交流会) 藤元優子(大阪大学) 科学研究費基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究」,公募研究会「「砂漠の探究者」を探して―女性たちと百年」 長澤
2017/4/24 Patrizia Carioti教授講演会 Patrizia Carioti, Professor and Chair of History of East Asia, and of History and Civilisation of Far East Asia,“L’Orientale" University of Napoli   羽田
2017/4/24 中国から見たグローバル経済の日本化 徐 瑾(フィナンシャル・タイムズ中文網経済ジャーナリスト。東京大学・東洋文化研究所・訪問研究員) 東京大学・東洋文化研究所・班研究「中国法研究における固有法史研究、近代法史研究及び現代法研究の総合の試み」 高見澤
2017/5/9 アジア研究再考(ジョン・ウッズ教授講演)/Rethinking Asian Studies (Lecture by Prof.John E. Woods) ジョン・ウッズ(シカゴ大学歴史学部・近東言語文明学部教授) 東京大学・シカゴ大学戦略的パートナーシップ事業 森本
2017/5/20 「民俗学」×「はたらく」-職業生活と〈民俗学〉的知-(2017年度現代民俗学会年次大会) 邢光大(神奈川大学) 林依蓉(京都府立大学)  
2017/5/24 UNC-Chapel Hill at Tobunken: Mini-Lectures by Carl W. Ernst and Cemil Aydin Cemil Aydin (Associate Professor of History, University of North Carolina at Chapel Hill), Carl W. Ernst (William R. Kenan, Jr., Distinguished Professor of Religious Studies; Co-Director, Carolina Center for the Study of the Middle East and Muslim Civilizations, University of North Carolina at Chapel Hill) 「イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究(IG科研)」 森本
2017/7/1 地域文化活動(闘牛)に対する外部影響と、その対応に関する協働的研究―新潟県の国指定重要無形民俗文化財「牛の角突き習俗」をめぐって―第5回勉強会(2016年度 サントリー文化財団「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」) 清水恭一(前・岩手県山形村村長、前・岩手県県議会議員)  清水京子(主婦) 小千谷闘牛振興協議会、「地域文化活動(闘牛)に対する外部影響と、その対応に関する協働的研究―新潟県の国指定重要無形民俗文化財「牛の角突き習俗」をめぐって―」プロジェクト(サントリー文化財団「地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成」)、日本学術振興会科学研究費補助金「パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究」、東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」研究会
2017/7/8 パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究 第4回研究会 西村明(東京大学文学部准教授) 谷守隆(神代小路まちなみ保存会事務局) 柴崎孝光(雲仙市教育委員会) 佐藤浩孝(神代小路まちのこしNPO(仮)準備世話人) パブリック・ヒストリー研究会(科研「パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究」グループ)、東京大学東洋文化研究所班研究「東アジアにおける「民俗学」の方法的課題」研究会
2017/7/29 【国際ワークショップ】現代におけるムスリム知識人と伝統、知識、アイデンティティ / Producing Traditions, Knowledge and Identities: Muslim Intellectuals in the Contemporary World 高尾賢一郎 ムハンマド・ムーサー 宇野陽子 幸加木文  澤井真 後藤絵美 新学術領域研究「グローバル関係学(グローバル秩序の溶解と新しい危機を超えて:関係性中心の融合型人文社会科学の確立)」の計画研究B01「規範とアイデンティティ:社会的紐帯とナショナリズムの間」 長澤
2017/8/29 Entangled Pasts and Contested Futures: A Family History of the Rajas of Mahmudabad (Uttar Pradesh) MohammadAhmad Amir Khan(アショーカ大学) 東洋文化研究所(東文研セミナー)、ASNET(Network for Education and Research on Asia)、The Association for the Study of Persianate Societies, Japan Office(Gilas Lecture Series) 森本

このページのトップへ