東京大学東洋文化研究所

班研究

N - 1 「 魂の脱植民地化〜合理的な神秘主義〜 」

  • 主任;安冨歩

  • 概要:

    生命は、世界を認識し、自分自身を作り替えることで柔軟に対応する能力を持つ。このきわめて高度な計算は、明示的に書き下すことが不可能な過程として行われる。これを我々は「神秘」あるいは「魂」と位置づける。我々の合理性は、この神秘的な生きる力を阻害するものを解明し、解除するために用いられる。このような戦略を「合理的な神秘主義」と呼ぶ。これは魂を呪縛する植民地化過程を解明し、解除することでもあり、すなわち「魂の脱植民地化」である。
     本研究では、生物・生態系・人間・社会といったさまざまの次元で、魂の植民地化/脱植民地化の過程が如何に作動するかを考察する。具体的には、さまざまの研究分野に顕在化する題材を、この観点から、自らを例外とせずに問う、という方法で研究が行われる。

    安 冨   歩  創発と共生の理論、呪縛なき秩序の思想
    辻   明日香  コプト教徒の魂の遍歴
    深 尾 葉 子  呪縛と環境破壊
    富 田 啓 一  呪縛と環境破壊
    井 上 正 夫  貨幣の共生的側面の史的研究
    李   昌 平  中国郷村社会の自由と創発
    翟   学 偉  関係と人情のダイナミクス
    冨 樫   智  内モンゴル阿拉善における創発的草原回復の研究
    包   茂 紅  魂の脱植民地化と環境破壊との歴史的研究
    竹 端   寛  支援における共生的価値創出の方法論樹立の研究
    中 西 康 信  東アジアの歴史から近代の経済・経営を捉え直す
    村 上 信 明  東アジアの歴史に見る呪縛の研究
    遠 藤 拓 人  「幸福」の呪縛
    江 口 恒 明  近世の御用絵師にみる魂の植民地化構造
    伊 藤   謙  薬学・博物学に見る呪縛の構造
    近 藤 久美子   中東の異界と神秘

研究活動報告・研究成果