NEWS

1st Staff Seminar at Tobunken(IASA) 2013\'

Announcement of the 1st Staff Seminar at IASA (Tobunken)


Date : 2:00 - 4:00 pm on Thursday, 18th July 2013

Venue :Conference room 303 (3rd floor), Institute for Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo

Title :「時空間の民族誌的研究における言語情報の扱いについて -ネパール、ビャンスの事例から」

Speaker :NAWA, Katsuo (Associate Professor, IASA)

Chairperson:IKEMOTO, Yukio (Professor, IASA)

Commentator:MATSUI, Takeshi (Professor, IASA)

Language : Japanese

Abstract :
 時間や空間の民族誌的研究において等閑視されることの多い一つの困難は、人類学者によって、あるいは現地の人々自身によって、しばしば儀礼・神話等との関連で見出される時空間に関するそれなりに体系的な説明と、人々自身の実際の言語使用における時空間の扱いとの間に生じうる乖離である。本発表では、この点を踏まえ、また人類学の歴史の中で幾度か現れた、人々が語る言語によって民族誌を書こうとする構想を念頭に置きつつ、ネパール、ビャンスを故地とする人々の時空間の構成について、実際の言語使用を参照しつつ論じたい。

Organizer: NAWA, Katsuo