お知らせ

第3回アジア古籍保全講演会を開催します


東洋文化研究所では、昨年度に引き続き、アジア古籍保全講演会を開催します。

3回目となる今回は、紙とマイクロフィルムという基本的な媒体に改めて焦点を当てて、
それぞれの性質と保存等に関して専門家にお話しいただきます。

ご参加をお待ちしております。

   
開催日 平成19年11月20日(火)
場 所 東京大学工学部8号館1階・教授会室
参加申し込み E-mailにて、氏名、連絡先を明記してお申し込みください。
※E-mailでの申し込みができない方は、FAXまたはハガキをご利用ください。
申し込み先東京大学東洋文化研究所図書室
lib-info★ioc.u-tokyo.ac.jp
※メールアドレスの「★」は半角の「@」に置き換えてください。
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
FAX: (03)5841-5898
締切 平成19年11月13日(火)必着

時間内容担当
10:00-10:10 開会挨拶 関本 照夫
(東洋文化研究所長)
10:10-10:50 後期イスラム世界における紙と書物 鈴木  董
(東洋文化研究所教授)
10:50-12:00 東洋の紙と歴史 宍倉 佐敏
(女子美術大学大学院非常勤講師)
13:20-14:30 紙資料を修復すること 増田 勝彦
(昭和女子大学大学院生活機構研究科教授)
14:40-15:50 マイクロ資料の劣化−原因と対処 安江 明夫
(国立国会図書館顧問)
15:50-16:20 事例報告
「東洋文化研究所マイクロフィルム状態調査−A-Dストリップを用いて」
東洋文化研究所図書室
16:30-17:00 総合討論



※過去の講演会の様子については、以下のリンク先をご覧ください。

  第1回(2006.1.12開催)

  第2回(2007.1.26開催)


お知らせ一覧  トップページ